弓道教本の先生が全員「踵荷重の姿勢」を推奨している

踵に体重を乗せると、弓道の技術が劇的に向上することを解説します。

ちなみに、弓道連盟の先生はほぼ全ての先生が踵荷重の姿勢と解説しています。この理由について解説していきます。

足裏全体に体重を乗せるためには、踵に多めに乗せないといけない

上半身の姿勢を安定的に支えるために、足踏みの体重を「全体に均一に乗せる必要」があります。

足裏は、「踵」「母指球」「小指球」の三箇所が地面と接地しています。この3点が地面と接することで、3点を結んだ「足裏を支持する面(支持面)」が大きくなります。

上半身を安定して支えるためには、この支持面が大きい方がよく、そのためには、3点に均一に体重を乗せる必要があります。であれば「踵に多め、母指球に少なめ」に体重を乗せる必要があります。

理由は、踵は母指球に比べて表面積が大きいからです。

足裏に体重を均一に乗せるためには、体重が乗る「圧力」を均一にしなければいけません。そのためには、表面積が大きい踵には体重を多めに、表面積が小さい母指球には少なめに乗せる必要があります。もし、母指球に多めに乗せると、圧力が不均一になってしまい、足裏に均一に体重は乗りません。

つまり、足裏全体に体重を乗せるためには、「踵多め、つま先少なめ」に体重を乗せる必要があります。

このことを理解すると、多数の先生が「踵に多めに体重を乗せる」ように指導していることがわかります。

9人の先生が踵に体重を乗せることを示唆している

では、弓道教本やその他有名な弓道の先生が解説されている文章を抜粋してみましょう。

神永範士:重心の位置は、左右の拇指のつま先とその反対側の踵を結んだ交差点上に落ちるくらいが良い

宇野範士:ゴムの中くぼみが吸い付くように立つ

浦上範士:左足はつま先、右足は踵に乗るように立つ

高木範士:不安定な姿勢がもっとも合理的に自然体な姿勢である

佐々木範士:一部に凝りのある体重の乗せ方は間違っています

富田範士:神永範士と同じ内容

吉田能安氏:床に乗せたせんべいを足で挟んで割る心持ちで立つ

本多利実氏:地面に踏みつけるようにして立つ

梅路見鸞:少し体を微に引きて

弓道連盟:三重十文字

(参考文献:弓道教本、心月射儀、本多弓術書、正法流「弓の道」より)

この9人の先生の文章を見ると、どれも「踵に体重を乗せないと実践できない」ことです。加えて、弓道連盟の解説される三重十文字でさえ、踵に体重を乗せないとできないことです。

神永範士、富田範士:重心は中央よりちょい後ろ

二人の先生の通り、二つの線を結んだ点を交わらせると「中央よりちょい後ろ」になることがわかります。

ちなみに、重心は不動の点(結果的に静止して動かない点)をさしています。踵に体重をおけば、説明した部分が動揺しないことがわかります。

神永範士はこの文章に加えて、「少し骨盤を立てるようにする」とも説明しています。踵を踏んで、骨盤を立てるようにしてください。すると、体を前から押しても後ろから押しても下腹の中央部は動かなくなります。

つまり、神永範士の文章を実践するためには「踵」に体重を乗せる必要があるとわかります。富田範士も同様の内容を記載しています。知りたい場合は弓道教本参巻の富田範士の文章をご確認ください。

浦上範士は右足は踵に置くように解説している

次に、浦上範士は左足はつま先に置くように書いてありますが、右足は踵です。この文章の通りにする理由は、「こうすることで、体が前や後ろに力がかかっても倒れないため」と解説されています。

この内容は、左足はつま先ですが、今日の弓道指導で推奨される「体重は両足の母指球に乗せる」と内容は異なることはわかっていただけたと思います。

宇野範士、佐々木範士:均一に体重が乗れば、吸い付くような感覚になる

次に、宇野範士の文章の「吸い付くような感覚」とは、「均一に体重を乗せる」という意味です。

もし、あなたが足裏に体重を乗せるときに、どこか一部に体重が乗りすぎてしまったとします。すると、それに比例して地面からその足裏を押し返す「地面反力」が発生します。もし、この地面反力が高すぎると、足裏の皮膚にかかる負担が強くなります。

すると、どこか一部の足裏の皮膚が圧迫された感覚になります。

もし、足裏の体重を均一に乗せた場合、それぞれの部位にかかる地面の反発力は低下します。すると、どこにも圧迫感がなく、素直に地面が足裏に設地します。この時、「ピタリ」と足裏が地面に乗ります。この感覚が「地面に吸着した感覚」と表現しています。

であれば、佐々木範士が解説する「どこか一部に足裏の体重が乗った足踏みは失敗」と解説されている内容も同義であるとわかります。佐々木範士も「足裏全体に均一に体重を乗せる」ように解説しています。であれば、踵に多めに体重を乗せる必要があります。

高木範士:教本は原文の内容と意味が違う内容を記載しています

高木範士は弓道教本には、上体の重心線を「やや前方」におく必要があると解説しています。

この文章を見ると、やっぱ母指球重心に乗せた方が良いのでは?と思うかもしれません。違いました。原文を調べて見たら、弓道教本は意味が全く真逆の内容を引用されています。

教本に記された文章は、「腹が前方に出て、上体が後方にでた「安易姿勢」をとった時の便法として解説されています。高木範士の本当に適した足踏みの状態は「脚がやや不安定な状態であるのが望ましい」と記されています。

体全体がしっかりとドッシリと据わり、地から生えたようになり、すらりとなるようにしなければいけない。この体勢を作るには、頭部、上体、下体が一直線に落ちる姿勢に修正を加えるのであって、全身の背面の筋肉がほんの少し引っ張られる程度に、全身を曲げないでそのまま前方に傾かせるのである。

(弓道教本二巻 P78より)

しかし、この文章の原文を見ると

安易姿勢は一般に「休め」の姿勢として知られている姿勢に近いもので、、、、このままでは行射に適当な姿勢とは申されません。

この姿勢を少し修正いたしますと、行射に適する姿勢となります。・・・退いている上腹部を前方に押し出し、状態の前面が全体として下腹部の前面とほぼ垂直に、同一面へ来るまで上体を傾かせると・・・背面の筋肉が強く引かれるようになる。

かように修正された姿勢を便宜上B姿勢(安易姿勢のこと)と名付けておきますが、この姿勢も筋骨の凝っている部分が多く、さらに下半身が硬すぎる結果、ややもすると行射が力の射になりやすく

(「本多流弓術書」P145-146より)

この文章の通り、前屈みの姿勢は結果的に力の射になってしまうと解説しています。その上で、

正常姿勢:頭部、上体、下体の重心線が一直線に足関節に落ちる姿勢で、極めて不安定であまり愉快ではない姿勢ですが、筋肉が硬くなったり緊張したりすることが一番少ない姿勢

「本多流弓術書」146より)

という文章がすぐ後に記されています。

つまり、弓道教本の高木範士の説明は一部の内容を切り取り、言いたい内容が間違えていることがわかります。高木範士は「重心をやや前方に移す」ことではなく、「不安定な脚の状態こそが適切」と主張しています。

弓道教本は高木範士が推奨する「適切な姿勢」に修正を加えて背筋が引っ張られた姿勢が適切と説明しています。しかし、原文ではこの姿勢は力んだ射になってよくないと解説されています。

したがって、身体の重心線をやや前方におくのは不適切であり、本当に目指すべき足踏みは脚が不安定なくらい緩んでいる状態です。

高木範士がいうように、脚の筋肉をリラックスさせるためには、「少し膝関節を曲げる」必要があります。膝が軽く曲がれば、解剖学的に太もも周辺とふくらはぎの筋肉を同時に緩められるからです。

膝関節を少し曲げ、その上でしっかり立つためには踵に体重を乗せる必要があります。というより、つま先に体重を乗せると、ふくらはぎ、太ももは必ず力が入ってしまうために、消去法で踵荷重の姿勢が適切であると判断できます。

ちなみに、膝関節を曲げると「それは膝裏を伸ばしていないから不適切」と解説される先生もいるかもしれませんが、その解釈の方が間違っています。戦前は、膕を伸ばすは「膝を凹ませる」ように使うと解説されています。

したがって、高木範士の足踏みを実践するためには、踵荷重の姿勢を実践する必要があります。

吉田能安の説明は母指球に体重を乗せるのではなく、踵荷重の姿勢のことである

次に、吉田能安の説明の「せんべいを割った姿勢」も弓道の世界でよく使われます。

弓道の足踏みの指導で一度つま先立ちにさせて「母指球に体重を乗せてください」といい、そのあとゆっくりと踵を下ろして、母指球に体重を乗せるよう指導をする場合があります。

ただ、吉田能安の説明をよく見ると、「つま先立ち」を説明した文章ではありません。実際はそのあと、せんべいをわるために「踵に体重を乗せよ」と説明しています。

もしくは、踵にも体重を乗せて足裏に均一に体重を乗せるように説明しているかもしれません。

いずれにしても踵荷重の姿勢をするように説明しています。つま先に体重を乗せたままではせんべいは綺麗に割れません。実際にはそこから全体重を踵にずしりと乗せることで、せんべいが割れます。

であるなら、本多利実氏の「地面を踏みしめるように立つ」という説明も踵荷重の姿勢とわかります。

地面を踏みしめる時、つま先に多めに乗せて「ふみ締める」と表現されるでしょうか?これは、表面積にもっとも大きい踵にしっかり体重を乗せることを「地面を踏みしめる」と表現されているとわかります。

また、梅路氏の「少し体を微に引きて」という文章も同様です。「体を後ろに引く=踵に体重を乗せる」と解釈できます。このように、9人の先生が踵に体重を乗せるように解説しています。

弓道連盟の三重十文字の使い方は文献上間違えている

なお、弓道連盟は教本一巻に記載されているように「三重十文字」を推奨しています。そして、この教本の内容を引用すると

三重十文字

両肩の線と腰の線を足踏みの線を上からみて一直線に揃えることである

おそらく、弓道連盟の指導者は「腰の線と足踏みの線を一直線に揃える」ことを三重十文字と解釈しています。そのため、少し前屈みにするように指導する先生が一定数います。

しかし、この内容は「原文」の意味とまた間違えて解釈しています。

三重十文字は、原文では「足裏の面が腰と両肩が入る」ようにと説明しています。足踏みの線(両足先の線)を両腰骨の線と二つ上から見て揃えるように説明していません。したがって、弓道連盟の誤解です。適切に三重十文字を構築するなら、この誤解を解かなければいけません。

まず、三重十文字の言葉とほぼ同一の意味で使われているのが「上肩、妻肩、地紙に合わせる」という教えです。

上肩は「両肩」、妻肩は「腰骨」、地紙は「足裏」を指します。三重十文字と違うのが、地紙を足裏ではなく「足踏みの線」、つまり足先に表現を変えていることです。

この文章は「足裏全体を含んだ面の中に、腰骨と肩を合わせる」よう解説しています。すると、結果的に両肩、両腰を含んだ上半身が両足裏によってできる面の中に収まるように立てます。

つまり、両肩や両腰の部分が前や後ろにはみ出しすぎてはいけないのです。両肩が前にでた「猫背の姿勢」や、両腰が後ろに引けた「出尻」の姿勢になってはいけないと解釈できます。

しかし、弓道連盟が推奨するように、足踏みの線を腰の線に合わせようとすると、どうしても両腰や両肩の一部が前面に出すぎてしまいます。これは、文献でいう「上肩、妻肩が地紙に重ねる」という内容に反します。

そのため、三重十文字の適切な解釈は、「足踏みの線を腰に合わせる」ではありません。「踵を踏んで、腰と両肩の部位が足裏の面からはみ出しすぎないようにする」のが適切な解釈です。

そのため、弓道連盟で三重十文字を教わる場合、自分自身でしっかり勉強して、適切な姿勢を構築してください。

以上の内容を理解すると、様々な先生が「足踏み」では「踵に体重を置くように解説」しているのがわかります。踵に体重を乗せて、弓を引くようにしてください。

オリジナルテキストをダウンロード