言われたことを真に受けて陥る胴づくりの射癖:下っ腹

教本や弓道本を開くと、胴づくりの説明でいろんな表現をされています。勉強熱心の人はこの言葉や文章を取り入れ、射に実践しようとします。

しかし、その言葉をまったくそのままに受け入れることで、射の実力が下がる可能性があります。理由は、言葉の受け取り方を間違えたために、弓を引く姿勢が変わってしまうからです。

ここでは、説明文をそのまま受け取ると射に悪影響を及ぼす胴造りでの言葉を紹介していきます。

「下っ腹に意識をこめる」はそのまま取り入れようとするとまずい

胴づくりの説明文を見ると、次のような言葉が書かれています。

 下腹に意識をこめよう

 腰を入れる

 へそをつり上げるように

これらは全て弓構えに入る前の姿勢を説明したものです。このように「下っ腹」や「腰」など体の一部分を指す言葉が書かれていると、読み手はその部分を意識したり、力を入れようとします。

例えば、下っ腹に意識を込めると言われると、ちょっと体を前屈みにします。そうして、下っ腹を体重を乗せ、少し圧迫させたように立ちます。あるいは、腰を入れてと言われると、腰を前に突き出すようにします。これにより、腰が前に入るように動かすことができます。

弓を引く際には、どこにも負担のない姿勢を取るのが大切です。このように、体の一部分だけを気にして動かしてしまうとかえって射に悪い影響を及ぼします。

具体的には、胴づくりの段階で下っ腹を意識させると「早気」になりやすくなります。

「下っ腹」という言葉を真に受けると下半身が緊張しすぎてしまう

武道の世界で下っ腹は「丹田」とも呼ばれており、とても大切で、重要であるイメージがあります。そのため、下っ腹に意識を置くとか、気力を充実させるとかは弓道の本を読むとよく出てくる言葉です。

しかし、この文章だけ読むとかえって悪い胴造りを取ることがあります。
なぜなら、下っ腹を意識すると、下半身が緊張しすぎるからです。

弓道をやっている人の99、9パーセントが袴を着ます。そして、この袴を着るときに「帯」を巻きます。この帯を巻くと言うのは、股関節周りの筋肉を引きしめ、腰や背中の姿勢を整えるという役目があります。

その状態で下っ腹周辺を意識しようとして、体を傾けて圧迫させようとすると、骨盤周りの筋肉がさらに緊張度を増します。その結果、下半身全体の筋肉が硬直します。

この下半身の筋肉の緊張により、体の前側から胸の筋肉が固くなってしまいます。すると、射において気持ちが落ち着かなくなり、早気になってしまいます。他には、離れがゆるみやすい、たぐりやすくなるといった他の病癖にもかかりやすくなります。

確かに、下っ腹を意識すると下半身がしっかりする感じはあります。そして、最初の10~20本はどっしりした姿勢を感じながら引くことができます。しかし、長く続けると疲労感がすぐに来て、脚の一部に痛みや負担が来るのがわかります。

これは、学生弓道、大学の弓道でよく言われ、そして陥りやすい射癖の陥り方です。

胴づくりのときに「丹田を意識して~」と先輩、経験者に言われ、おへそ周りをグーで押されたり、棒でつつかれたりして、これにより、下半身に力を入れるクセを作ってしまい、早気になってしまうのです。

「下っ腹を意識する」の本当の意味を理解しよう

そのため、ここで、下っ腹を意識するの本当の意味を理解しましょう。大部分の人は、下っ腹と言われると、おへそを思い浮かべます。つまり、体の表面を意識しようと考えます。

しかし、丹田とは実際には臍周りではなく、臍下8センチ下の場所からさらに8,9センチ程度体の中の周りをさすものです。つまり、イメージでいうと、背骨の一番下の骨より少し体の中にあたります。

そのため、丹田を意識するとはへその表面ではなく、へそと背骨の一番下(仙骨)の間に集中を高めることを指します。このためには、上半身の無駄な力みを抜きましょう。そして、上体の重みを腰の真ん中、体の中に落とすようにします。
 
すると、立っている姿勢が下っ腹を意識して立っていたときより、楽に立てることがわかります。余計な力みや意識もなく、のびのびとした気持ちで弓を引くことができます。
 
余計な意識を捨てて、上半身の重みを腰の中央に乗せるようにしましょう。それだけで、立つ姿勢が楽になります。その結果、下っ腹を意識しすぎて、下半身を固くさせずに済みます。

理論弓道資格講座

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内