「ゴムチューブ」と「鉛筆」を用いると、簡単に射癖が矯正できる

今回は、道具を用いて、射癖を改善する方法について解説していきます。

射癖を直すためには、その原因を特定し、引き方を変える必要があります。しかし、これを行なっても直らない場合があり、そのときに対策方法として、

ゴムチューブ、鉛筆を使う

ことです。この二つを用いること

ゴムチューブで、緩み離れ、右肘の収まりが改善される

鉛筆でたぐりが直る

三つの射癖を直すことができます。ぜひご活用ください。

ゴムチューブを使えば、右肘の不正と離れの射癖を改善できる

たとえば、緩み離れや前離れになる人は次のようにゴムチューブを使ってみてください。

一人はゴムチューブを両手で縦方向に伸ばす。

引いている人の拳の前に置いてあげる

引いている人は伸ばしたチューブに当たらないように離れを出す

このように、右手の目の前にゴムを置いて、ゴムに当たらないように注意を促します。ひている側は、ゴムに当たらないようにするために注意が聞くため、緩み離れの軌道ではなく、拳が矢筋に通るようになります。

どうしても緩み離れになってゴムバンドに当たってしまう場合、右肘を後方に引き抜くように意識してみましょう。肘を使おうと意識すると、前離れは解決です。

ただ、これを行なっても、

いやーだめだ、右肘で引き抜く離れの感覚がわからない

と考える人もいるでしょう。その場合は、ゴムチューブを射手の右肘にはさんで、後方に引っ張ってあげてください。こうすると、肘を後方に動かせる意識を持ちます。

 

これを何回も繰り返すことで、離れの軌道が変わり、癖を矯正できます。

ちなみに、この方法は、「引き分けで右肘が後方に収まらない」人にも有効です。引き分けの時に、ゴムチューブで右肘を引っ張ってあげると、右肘を後方まで引きつけることができます。

鉛筆を使えば、たぐりとつまび引きが改善できる

次に、鉛筆を用いて、射癖を改善する方法を解説していきます。

引き分けのときに手首が曲がってしまったり(たぐり)手首が折れてしまったり(つまみ)しまいます。

 

そこで、かけ紐の間に鉛筆を挟んでください。手繰って引いている人は手首の曲がりを改善できます。

 

つまみ引きをしてしまう場合は、反対の方に差し込んで練習すると正しい形になります。

もっとも合理的なのは身体の使い方を変える

これらの道具の矯正方法に加えて、身体の使い方を変えることも意識してみてください。

例えば手首のたぐりの問題であれば

・小指、薬指を締めるように心がける

・弓構えで両腕の力みをとるようにする

参考「右手首のたぐりの直し方

 

緩み離れであれば

・離れで右手を外側に回すように意識する、右腕を大きく伸ばす

参考「緩み離れを直す具体的方法

 

を取り入れてみてください。道具だけに頼ると、その道具を無くした瞬間に再度射癖がでる可能性があります。

重要なのは、体の仕組みを理解して、射癖が起こっている原因を突き止めて、具体的な解決策を実践することです。

オリジナルテキストをダウンロード

 

 

 

スタートアップ弓道コミュニティのご案内