「両肩のズレ」「早気」に困っているなら、足踏みを見直そう

弓道を稽古していると、「引き分けのときに両肩がずれる」「早気になって困っている」などの問題に陥ります。年齢を重ねていくと、稽古し続けているだけでは射癖は治りません。必ず、無駄な力を使わないように、合理的に弓の引き方を改善していく必要があります。

そこで、今回は、足踏みの幅を変えることで、「早気」「両肩のずれ」の問題を解消できる話を紹介します。現在、二つの射癖で悩まれている場合は、この話を実践してみてください。

足踏みが広すぎると早気になりやすい

早気になってしまう一つの理由として、脚の筋肉が緊張し、結果として胸の筋肉が緊張してしまうことが挙げられます。したがって、足踏みの幅が広すぎることで、早気になってしまう可能性があります。

弓道の世界では、「初心者は脚を広く踏んだ方が良い」と教えられることがあります。あるいは、「膝の裏側をピンと張るようにした方が良い」と指導されることもあります。

このように教わる理由は、弓道において下半身の踏ん張る力によって弓の押し動作をより強めるためです。しかし、この動作を強く意識しすぎると、脚筋肉が緊張しすぎてしまう。足踏みを広くしすぎると、上半身と地面との距離が近くなるため、上体が下半身にかかる重みが強くなります。これによって、下半身の無駄な緊張が生じます。

さらに足を広く踏みます。次に、「足踏みでは母指球に体重を乗せて」という教えで少し重心を前に置くとします。この姿勢になると、腰が反った姿勢となりやすく、背筋が固くなります。背骨でいうと、「腰椎2、3番目」が前方にずれた姿勢となります。

この姿勢を取ると、背中の上部から首にかけての筋肉が固くなります。その結果、引き分けにおける「押し続ける」運動をしようとしても持続せず、弦を離してしまいます。実際に腰を反らした状態で歩いてみると、肩の上部の筋肉が上がってしまうことがわかります。

このような事態を回避するために、自分にとって脚に力が入りすぎない程度に踏み開くようにしましょう。足幅を狭くすることで、腰の位置が上方に上がります。それによって、下半身の力みが軽減されます。

それにともない、上半身の力みも少なくなります。より強く弓を押すために打ち起こし以後で力んでいる筋肉を少なくするように工夫します。

それによって、弓の押し動作のときに活動できる筋肉が増えるため、会のときに「押し続ける筋力」と「押せる余裕」が生み出されます。

これらの内容を理解して、根気よく稽古を続けることで弓道で直しにくい早気を解消することができます。

足踏みが狭すぎると、両肩のずれが起こりやすくなる

ただ、だからと言って、「足踏みが狭いと良い」というわけではありません。この教えも古くの文献には、

「足踏みが狭いと袴が地面につきにくくなり、見栄えと行儀がよく見える(小笠原流の書物より)」

「練達者の場合、足幅は狭くなる」

などと言われることがあります。

一見良いように思いますが、足幅が狭いと膝関節、股関節周りの筋肉が動かしやすくなります。すると、脚を支える関節の締りが弱くなり、力が入りにくくなります。

これによって、弓を引く際に上半身の支える土台が不安定となります。その結果として、弓を押そうとすると肩関節に負担がかかりすぎてしまい、「肩が上がる」「両肩の線がずれる」といった問題が起こります。

このように、弓の押し動作に「足踏み」の話が出てくる理由として、弓を押す動作は左肩と左腕だけではなく、右足まで関係することが、教本二巻でわかっているからです。

弓を押す際に、多くの人は「左手で押している」と思うかもしれません。弓を引くことに慣れてきている人は、「左肩から押している」と解説する人もいるかもしれません。しかし、実際に弓を押す際に働く筋肉は「起点は右足」です。そこから、右太もも裏ー背中を通じ、左肩ー左腕と続き、「終点は左拳」となります。

つまり、力の起点である足や太腿部が働かないということは左肩、左腕、左拳の三部位に弓の反発力がかかります。その結果、左肩に負担が大きくかかり、左肩が上がります。

具体的な両肩のずれ方

足踏みが狭すぎることによって、両肩のズレを生じたことは説明しました。その中でも、

具体的には、上下にぶれやすくなる。おおよその人は左が弱いので、左肩が上がり気味になります。また、両肩の線が左右にぶれるときもあります。多くの人は右が強いので、右肩が引けた形になります。

他には、両肩がずれるために、胴づくりが右に傾く掛かる胴、左に傾く退く胴になりやすいです。さらに下半身の効かない体構えでは、引き分けは小さくなりやすく、右肘が後方に入るような大きな引き分けをすることが難しいです。

足踏みが広いときに比べて、精神的に安定しているので、早気にはなりにくいですが、狭すぎると射型が崩れる可能性があります。

少し広く踏んで大きく引くことを心がける

引き分けで両肩がずれてしまう人は、広めに足を踏んでみましょう。そして、今引けている矢束よりさらにもう少し押し開いて「大きく引く」習慣をつけましょう。

下半身に締りがなくなると、引き分けが小さくなる傾向があります。これによって両肩がずれやすくなるため、意識だけでも大きく引くことを心がけましょう。具体的には自分の右肘を肩より後方に引きつけます。そうすることで両肩が前後、上下にずれにくくすることができます。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内