弓道の世界で最も厄介な射癖として「早気」が挙げられます。

早気になると直すのが大変と言われています。現代弓道講座7巻には、早気を「最も最悪な病癖」とも表現しています。

早気を直そうとすると、的中率が下がってしまうこともあります。大会や審査で的中を出さないといけないと思っている人には、「中らない」という状況はとてもつらいですよね。「中っているからいいのでは?」「でもなんとなく早気を改善しないといけない」といろんなモヤモヤが積み重なり、稽古にも身が入りにくくなります。

実際に、私も高校時代、1年以上早気にかかりました。練習の時はしっかり持てても、本番の試合になったら早気になり、中らなかった経験が多々あります。自分でも「弓道に向いていないのか」と悩みました。

ただ、ここでお話ししたいのは、私の早気の苦労話ではありません。早気になる原因は明確であり、練習の仕方から考え方を変えれば、「1か月」で改善することが可能です。

 

早気は3つのカベをクリアすれば、改善可能である

これまで早気の方を30人以上改善してきた経験からお話すると、早気には三つの壁があります。これらを越えれば、早気を改善できます。

・胸の筋肉の力み

・眼球の筋肉の力み

・優先順位と目標の付け方

これら三つの問題はどのような方も超えられる壁であり誰でも実践可能です。

早気になったとき、あなたはどのような感情に包まれましたか?私は実際に早気にかかった経験者に、そのときの心境をお話してくれました。

・手首に力が入るのがどうしても気になった

・中っているのに罪悪感に包まれた

・周りの人に言われて、気分が落ち込んだ

とお話をいただきました。「手首に力が入る」「罪悪感を抱く」「気分が落ち込む」といった感情は「胸の筋肉が縮んだ」ときに発生しやすいです。胸部の筋肉が縮み、全身への酸素供給量が減って、脳へ送られる栄養素が低下すると、脳に焦りの感情が出ます。こうして緊張感や不安感を生み出してしまうと、早く離したいと思ってしまうのです。

なお、このような胸部の筋肉の緊張は、弓を引く前にすでに起こって弓を引くときに強く出ます。この胸の力みを取り去ることで、あなたは会の最中に余裕の気持ちが生まれます。

この他に、胸部の筋肉の力みによって起こる「緊張感」の引き金として、「眼球の力み」があります。弓を引いている最中に、「目の奥」が力むと緊張や不安が発生してしまうのです。

本記事では、焦りの感情を発生させる原因となっている「胸」と「目」について詳細を記していきます。そして、二つの部位の緊張を取り去るための「姿勢」「引き方」を身に着けてもらいます。解剖学と大学の調査に基づいて、「早気経験者にだけ特別に持っている病」を特定し、それを取り除く方法について解説していきます。

ただ、この理論を学んだだけではまだ直りません。さらに深堀して、早気に一生ならないようにするために工夫をしていく必要があります。

やみくもに直そうとしたら、直せません

私の経験からお話すると、早気は「やみくも」に直そうとしても改善できません。

例えば、私は早気になったときに、以下のような取り組みを行いました。

・会に入ったら自分で「1、2、3……」と数えて5秒たったら離れる

・とにかく体の力を抜こうとする

・会に入ったら、有名人の歌を頭の中で流して、5秒立ったら離れる

・会に入ったら、右こぶしの近くに人に立ってもらい、5秒以上そこにいてもらう、5秒以内に離れたら近づいた人に当たる、それ以上たったらその人に離れてもらい、離れても被害が出ない

しかし、結果「会は長くならなかった」です。練習でうまくいっても実際の大会に入ると、早く離してしまいます。大学時代になっても、2年以上早気になり、「もう弓道はやめよう」と強く決心させられたことがあります。

そこで、あなたの射型、筋肉の状態、体力などを確認し、その全てを良い方向に改善していく必要があります。そこで、「課題設定の仕方」についても解説します。具体的な指標を明らかにし、稽古していくことで、方向性を定めて稽古できます。すると、早気の再発を防止できるのです。

ここまで実践できれば、「適切に練習を行えば、誰でも直せる」と言えます。

具体的に取り組んでください、迷うことは何一つありません

早気になってしまう原因と対策法は後で解説するとして、早気に関して何となく言われている教えがあります。

・直し方はわからないものと言われている

・直すのに長期間かかる

・直そうとすると的中率が下がる

このような教え、情報は全て無視してください。早気になるのには合理的な根拠があります。早気経験者にしかない特異的な感情や要素を解剖学の視点から調べ上げることで、「行うべきこと」がわかります。

治療の世界でも同様ですが、何かしら病を持っている人の共通点として、「その人にしか現れない症状や体感」があります。

早気経験者は、「持とうとしても、的を見ると離してしまう」や「そこで離すと中りそうな気がする」などとお話されます。でも、普通に考えて射の最中にこのように感じるのはおかしいです。

会に入って「的を見たときに無意識に体が動いてしまう」のはどういうことでしょう。普通、私たちが弓を引いて「ここで離せば当たる」という感情は出てきません。これらの反応は、健常者にはなく、早気経験者にある何かしらの身体の欠陥を疑いたくなります。

こうした原因は姿勢や骨格のズレ、脳の仕組みまで考慮してでわかってきます。早気経験者にしか訪れない特異的な感情が目に見えている以上、改善する方法は明らかになります。「直し方がわからない」ことはありません。きちんと方向性を定めて稽古すれば、「長い期間」かかることはありません。

「的中率が下がる」こともほとんどありません。もし、むやみに会を長くしようとして、無理やり手首をひねって弦をねじり、弦を離さないようにすれば的中率が下がります。体の仕組みから考えず、「ただ持とう」と思えば、早気の改善は難しいです。

しかし、今回解説する内容は、「最も身体に少なく、緊張や不安の感情を想起しずらい」引き方です。つまり、その人にかかる身体の負担が少なくなるため、的中率は下がりません。射の最中に両肩の線のブレが少なくなるために、反対に的中率が上がる人もいます。

ただ、この記事を読まれても、絶対に早気が治らない場合があります。それが「直そうとしない」人です。

いつも弓道を稽古する仲間の知り合いに、「高的中で大会や射会をよく優勝する人」がいるのを聞きました。その方は会に入ると矢束一杯に引き込まず、見ていると右こぶしが的方向に徐々に戻っているのが目で見てわかるくらい緩んでいます。

しかし、そういう人は「別に中っているので、今の射で満足している」と自覚していることが多いです。そのような人は早気は直りません。というより、早気のままでいても問題ないと思います。

早気が直る人は、その状態を変えたいと思っている人だけです。改善したい気持ちがあれば、だれでも直せるものと考えています。しかし、今の高い的中率を保持するためにできるだけ射型を変えたくないと思ってしまえば、早気の改善はあきらめなければいけません。

本気で直したいと思っている人には、今回の内容によって確実に改善できると信じています。それ以上に、今回の体験によって、身体の仕組みを深く理解するキッカケになればと思います。

そうすれば、早気の改善だけでなく、楽に大きく弓を引けるようになり、技術も体力も伸ばせます。つまり、今回あなたが早気になったことによって、よりあなたの弓道の人生が明るくなるための材料を手に入れたといえます。そのように、ポジティブなノリに変えて、早気の改善を試みてください。

具体的にやるべきことを明確にしてください。そうすれば、早気は改善されます。これまで計4年以上悩まされた早気の経験談によって、一人でも多く早気を改善される人が増えれば、これ以上うれしいことはありません。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内