離れの射癖で一番なって危険な射癖

離れには、拳が上下や前に振れる離れや、拳がゆるんで出る離れなど、3種類の離れがあります。どれも心構えを正せば直すことができますが、その中で、最も直しにくい離れがあります。

その射癖にかかると、なかなか直せなくなり、弓道人生に多大な影響を与える可能性があります。ここでは、弓道において一番なってはいけない射癖について解説します。

もっとも直しにくいのは「ゆるみ離れ」

離れの射癖の中で最も直しにくいのは「ゆるみ離れ」であり、ついてしまったらすぐにでも解決させることを考えのが先決でしょう。

理由は、この離れの癖がつくと、はせっかく弓を引いても離れで勢いで殺してしまうこと、何より狙い目が変わることが怖いところです。

ゆるみ離れがつくと引き分けのときの右肘のおさまりが悪く、狙い目が変わってしまうことがあります。私はゆるみ離れの射だったときの狙い目は後ろを狙っていました。人に見てもらうと「ものすごく後ろ狙っているよ」と言われました。

しかし、自分の中では真ん中を狙っているつもりでした。なぜなら、離してみるとそこそこねらいは真ん中にまとまるからです。

しかし、時間がたって、本で調べているうちに、自分の狙いは後ろに狙っていたんだと実感させられました。

それは、後ろを狙っていても離れがゆるんでいると真ん中に矢が飛ぶことがあると実感したときでした。

離れがゆるんでいると、矢が後ろにいきません。拳の位置が的方向に戻って、軌道が変わるからです。このときに、的中していたのは全てゆるんでいたんだと実感しました。

通常、弓を引いて湾曲しているとき、右側木が内側に曲がっているため、離れるときにこの右側木が元に戻って真っすぐ飛びます。しかし、後ろを狙っているときは、この右側木の働きが機能し、矢は後ろに跳びます。

しかし、離れがゆるんでいると、矢は後ろではなく、軌道が変えられ、矢の側面が右側木に当たり、そこで軌道が真ん中に変わることがあります。そのときまでの私の中りは全てゆるませたことで真ん中に抜けていたのです。

この間、約二年半でした。自分で一生懸命けいこしてもゆるみ離れを直すことができず、ずるずるいってしまいました。それだけゆるみ離れは直すのが困難です。

ゆるみ離れの直す方法は「とにかく肘を真横に押し続け、拳を引きぬくように最後離す」ことを意識することです。普通はてくびがたぐっていたら、肘が引けてない小さい引き分けならそこが影響してゆるみ離れになります。しかし、自分は最初そんな状態でも稽古するようになってからゆるみ離れが少なくなりました。

そのため、直し方は肘を真横に押し続けることにつきます。うまくやろうと引き方をうんぬん考えだすとこの離れは直しにくいです。初心者だったころのように大きく引いた弓はぱっと離す感覚で押し続け、離すことに意識を注力しましょう。

メルマガ登録

稽古会案内

スポンサードリンク