知っておくとお得~丹田とは?~

みなさんは「丹田」という言葉をご存知でしょうか?人間の体には「丹田」と説明される空間があり、弓道ではこの空間を重要視しています。

ここでは、初心者に知ってほしい丹田の話と丹田への体重の乗せ方を説明していきます。

丹田とは?

丹田とはもともと中国の道教の言葉であって「丹」は赤い仙薬であり、「田」は栽培する地の意味であるから、丹田は仙薬の畑、つまり健康の泉の意味となっています。

そして、丹田とは臍下8~9センチ下、体の表面から8~9センチ中程にあたる空間です。決してそういう器官があるわけではなく、そうあたりの空間のことを指します。

丹田に心気をあつめる、下腹に力を込めるとはどういうことか?

よく「下腹に力込めて」とか「丹田に力込めて」という風に説明して、丹田を意識させる人がいます。しかし、実際はそうして無理やり力を入れることではありません。

この「丹田に力を乗せる」の意味をしっかり説明できる人は少ないです。どうしても説明できなかったり、不十分である場合があります。自分でおなかをはったり、力を入れることを「丹田に力をこめる」と説明している人がほとんどです。

しかし、そういうことをすると、上半身全体が力み、姿勢が崩れてしまいます(具体的にはおしりが出て、胸が前にでる出尻鳩胸の姿勢になりやすい)。字だけを理解するとそうですが、丹田に力をこめるとは決して力んだりしません。

丹田に力を込めるとは、下腹に自分で力を入れることではなく、「上半身の体重を丹田辺りに乗せる」ということです。

例えば、自分の胸を前に出すと、胸が張った感じになります。これは自分の首の重さが胸に乗っている状態です。首を曲げると、うなじが重く感じます。これは項に自分の頭の体重が乗っていることになります。

これを、首を上にどこまでも伸ばし、胸をなるべく控えて、肩を落とすと、おへそより、ちょっと体の中くらいが体重がのった感じになります。

坐っている状態だと、骨盤の一番下の部分である「坐骨」に自然と体重が乗り、立っている状態だとつちふまずの前縁あたり全体に体重がのるようになります。

この状態が丹田に体重を乗せる、力を入っている状態です。

胴づくりで丹田にしっかり体重を乗せる方法

初めはわからなくてもよくて、稽古してだんだん慣れていくうちにこの感覚がわかってきます。

この丹田が重視されるところは「胴づくり」です。胴づくりで丹田、おへそ下周りに体重を乗せる動作を行います。

自分の頭の頂点である百重を10センチ上に伸ばす気持ちで顎を引いて、うなじを伸ばし、肩を落とします。そうすると自然と足の裏全体に体重が乗るようになります。

この動作を胴づくりで行います。この姿勢で射を行うと、射形が乱れにくくなり、射癖がつきにくくなります。

もし、わからない場合は「首を伸ばして肩を落とす」ということだけわかっていれば十分です。その動作が自然と上半身の力みを取り、上半身の体重が下腹部に乗るようになっているからです。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内

スポンサードリンク