少し、脚を広く踏むだけであなたは楽に大きく弓を開けるようになる

初心者で弓道上達したいと思った方は、まずは大きく弓を引く射型を手に入れるように意識しましょう。大きく弓を弾くことで、離れも鋭くなり、矢飛びも良好になります。

大きく動作をすることで、その分筋力も使います。結果的に、姿勢をいじするために必要な筋肉が強化されるため、胴造りもブレにくくなります。

したがって、「大きく引いてしっかり離す」。これめちゃくちゃ大事です。しかし、実際稽古でしようと思うとなかなかできない。そこで、八節動作でいくつか「大きう弓を引く」射型の構築に使える工夫方法を紹介します。

足を広めに踏むだけで、弓を圧倒的に楽に引けるようになる

まず足踏み、いつもより広めに足踏みを踏んで見ましょう。おそらく引いている弓がいつもより軽く感じて弓を引けると思います。

この理由は、足を広く踏むと姿勢が安定するからです。腰の位置が下がり、引いている最中に上半身がブレにくくなります。そのため、肩や腕の筋肉が力みにくくなります。これによって、矢の長さいっぱいに引けるようになります。

この内容について、昔の先生は一つデメリットがあると解説しています。弓道教本2巻の高木範士は「足踏みを広く踏むと、下半身が緊張しやすくなる」と解いています。

確かに、そのような説明も一理あります。しかし、はっきり言います。足踏みは意識的に広めに踏みましょう。意識的に広めに踏んだ方が、後々良い見返りがたくさんあります。

意識的に両足を開くと、長く立とうと筋肉の使い方が変わります。その状態で長く立つためには、脚の内側にかけて生えている内転筋を緩める必要があります。

足踏みを広くして立ち続けると、自然と内転筋を緩められるようになり、広く立っても平気になります。そうすると、股間節周りの筋肉が緩み、両脚を楽に広げられるようになります。

そのように、股関節の可動域が広くなると、肩甲骨の可動域も自然と広がります。すると、打起こし以降、腕を外側に回すための肩の回転運動が楽に行えるようになるため、さらに、楽に弓を引けるようになります。

つまり、引き分けを引きやすくするためには、足を広く踏むだけでいいのです。意識的に、広めに足を踏もう!されば肩がよく回る!と言うことです。

両足を開いた姿勢に長く耐えるための工夫法:膝関節を軽く曲げる

ただ、年齢や股関節が硬くなっている人はすでに、「脚を大きく開けない」「そうしようとすると、骨盤がグラグラする」と思うかもしれません。そのように、脚を意識的に広く踏んでも骨盤がブレない方法があります。

それが、膝関節を軽く曲げる!!!ことです。脚を広く踏んだら、脚をピンと伸ばすのをやめてください。膝関節を少し曲げます。そうすると、骨盤を垂直にただしやすくなります。広い足踏みと真っ直ぐの姿勢を維持できます。

ただ、ここまで読んだ人は、「ちょっと待て、膕(ひかがみ(膝の裏側))は伸ばせと解説しているのでは?」と思うかもしれません。その件に関しては問題なく、軽く膝を曲げても問題ありません。

理由は単純に膕を伸ばすの使い方を連盟の方が間違えているからです。

本来、「膕を伸ばす」とは、膝の裏側を凹ますことです。実際に、弓道の先生で膕を伸ばすことを解説されている宇野要三郎の先生の文章には、「膕をへこむように伸ばす」と記されています。

なぜなら、膝の裏側を伸ばすと、足を開いた姿勢では、ふくらはぎの筋肉や太もも前側の筋肉が解剖学的に縮むからです。つまり、伸ばすのではなく、縮んでいます。そのため、膕を伸ばすは、実際には膝の裏側を凹ませて、筋肉を緩ませて伸ばすことをさしています。

しかし、宇野はんしの文章は戦後、弓道教本で逆の内容に書き換えられました。なんと、膝の裏側を凹むように伸ばせと書いた文章は「脚の筋肉をピン」と伸ばせと書き換えられたのです。だから、弓道連盟の先生は皆、筋肉を縮めて膝の裏側を伸ばすことを膕を伸ばすと説明するようになりました。

そもそもの言葉の語源に基づいていないので、射がうまく行くはずがありません。したがって、膝関節は凹ませていいのです。骨盤を立たせるために、膝関節を軽く曲げるようにしましょう。

そのほか、足踏みを広く踏むと、様々な良い点があります。

・肩が下がりやすくなる

 

 

オリジナルテキストをダウンロード