残心を活用し、矢をまっすぐに飛ばし確実に的中する

初心者で、弓道を体験し、弓を引きたいと思う人はいると思います。中には、早くうまくなりたいと思って、弓を上達する方法を知りたい人もいるかと思います。ここでは、その内容について解説をしていきます。

しっかり、弓を引けるようにして、離れの練習法を行ったら、矢を真っ直ぐに飛ばすための原理原則を学びましょう。

弓道で矢が真っ直ぐに飛ぶ仕組みを理解する

まず、弓道で矢が真っ直ぐに飛ぶ原理原則について解説していきます。次の三つが叶えば、概ね矢が真っ直ぐに飛びます

1、足踏みで両足先の線が的と一致していること

2、矢の長さいっぱいに引けていること

3、離れで右肘と左拳が後ろに均等に開くこと

この三つによって矢が真っ直ぐ飛ぶようにできています。

足先を的の前に揃えるのは、両肩の線を的に対して一直線にそろえるためです。ただ、骨格によって、肩の線がどうしても的の中心を通る線と並行にならない場合がありますので、一概に足先を揃えれば、すべての方の肩線が並行に揃うわけではありません。

次に矢の長さ一杯に引く、こうするとちょうど矢の線が的の中心線にそろいます。このまま真っ直ぐに矢が飛べば矢を的に中ることができます。しかし、そのように行っても、現実にはうまくいきません。

そこで3つ目の条件として、右肘と左拳が拳一個後方に通るように開きます。このようにすると、結果的に両拳が矢の線上を通り、矢が真っ直ぐに飛びます。左右の拳が均等に同じ速さで動くことで、矢が真っ直ぐに向いたまま放たれて、的に飛びます。

つまり、日本の弓は右手と左手が円運動をなすことで結果的に真っ直ぐに飛びます。

一方、弓道と同じように、矢を飛ばす競技としてアーチェリーがあります。アーチェリーの場合、和弓と真っ直ぐ飛ばす仕組みが異なり、右拳は真っ直ぐに動かします。そして、弦を外した後も右拳は真っ直ぐに通り、矢が真っ直ぐに飛びます。

アーチェリーは直線運動によって、矢は真っ直ぐに飛びます。アーチェリーは直線、弓道は円運動で矢が真っ直ぐに飛びます。

そのため、弓道を稽古する人は、矢を真っ直ぐに飛ばすために、いかに右手の離し方をスムーズにし、左腕を伸ばすかを考える必要があります。

ただ、矢を真っ直ぐに向けただけでは直線に飛ぶ訳ではない

なお、ここまで話を聞いて、「であれば、弓道もアーチェリーと同じように矢を真っ直ぐ向ければ、直線に飛ぶのでは?」と感じるかもしれません。残念ながら、これが飛びません。

例えば、引き分けを小さくして、右肘を前に出したとします。これを弓道の世界で「引きたらず」と言います。この状態にすれば、矢が真っ直ぐに飛ぶように思います。

しかし、実際には飛びません。なぜなら、右肘が前に出ると、右手が矢の線上を通らないからです。右拳が真っ直ぐに飛ばないため、矢は離れている最中にたわんでしまうため、真っ直ぐに飛びません。概ね前に飛んでしまいます。

そのため、あくまで矢の長さいっぱいに引き切ることを最初に考えてください。

最初は、右拳をスムーズに離すことだけを考えれば良い

左右の拳について二つのことだけを考えると、難しいですよね。しかし、初心者の場合、右拳をスムーズに離すことについてだけ考えれば良いです。

理由は、左腕は慣れてくれば、離れた反動で伸ばされてくるからです。

矢を離す瞬間に、「イッセーのせ!」で、左右の拳を意識して離すわけではありません。実際には、そのようにすると、高い確率で左拳が開くスピードが遅くなります。結果、矢は前(体より前のことで、「右方向」をさす)に飛びます。

会の最中に、右腕は曲げており、左腕は伸ばされています。体より後ろに回すことだけを考えれば、右肘の方が後ろに回しやすく、左拳は後ろに動かしにくいです。左腕は伸びて体からより離れており、後ろに開くのに動かすのに多くの力を要するからです。

そこで、「右を早くひらけば、結果的に左腕は早く開かれる」と考えてください。つまり、右手に引っかかっている弦は自分の意識で外して、左腕が伸びる運動は弓の反動によって伸ばされる物と考えます。

すると、あなたのやるべきことは「右手を後方に動かす」だけに絞られます。左手で弓をおす時に、無理やり弓を押し込もうとするのではなく、ただ左手で押される力を受けているだけにしてください。

こうして、右手を離してみてください。おそらく、10本中、2、3本は左腕が綺麗に真っ直ぐ伸びて、矢が真っ直ぐ飛ぶ射が出てくると思います。これが、「左右の円運動が結果的に行われた」射です。この引き方を何回も繰り返し、弓を引くようにしてください。

この時、弓の反動は人指し指と親指の間で受けないでください。できれば、親指の付け根で押される力を受けるようにしてください。

もし、人差し指と親指の間で弓の力を受けてしまうと、腕の表側や肩の筋肉が連動して張ってしまうため、最後、左腕で押し切れ無くなります。

人差し指と親指の間で強く受けたくなければ、少しだけ押す方向を真っ直ぐではなく、斜めにしてください。こうすることで、離れた瞬間に左拳が後方に飛び、真っ直ぐに矢が飛ぶようになります。

つまり、やることをまとめます。

とにかく矢の長さいっぱいに引き切る

右拳を早く引き抜くことだけに徹する

この二つを意識してください。おそらく、2、3本綺麗に真っ直ぐに飛ぶ射が出てきます。その精度をどんどん高めていってください。そうして、弓道の実力はどんどん伸びて行きます。

どうしても矢が真っ直ぐに飛ばない時の対処方法

しかし、初心者の中には、

「いやーそれでも早く真っ直ぐに飛ばしたいよー」

と思う人もいることでしょう。そこで、矢の長さいっぱいに引いていることを前提として、矢が前後に飛んでしまう理由について解説して行きます。

矢が前に飛んでしまう場合

矢の長さいっぱいに引いている気持ちで離して矢が前に飛んだら

左腕が伸ばしきれていないから

が一つ原因としてあります(他にもありますが)。ひとまず、この問題を解決するようにしましょう。

普段より、足を広めに踏んで稽古するようにしてください。左足を広く踏むと、左腕が早く伸ばされます。これにより、左右の拳が均等に開かれて、矢が真っ直ぐに飛ぶでしょう。

もう一つ、左肩を下げるのを意識してください。おそらく、左肩が上がってしまった結果、最後まで弓を押し切れていない可能性があります。その場合、左肩を下げて見ると、左腕を伸ばしきることができます。

だいたいの初心者は、矢が前に飛びやすいです。ゴルフのスライスのように、その場合、左腕を早く伸ばすために、左足を広げたり、左肩を下げるようにしましょう。

矢が後ろに飛んでしまう場合

時々ですが、矢が後ろに飛んでしまう人もいます。この場合の原因は

右肘が下に向いている

から後ろに飛んでいる可能性が一つあります(それ以外ももちろんありますが)。右肘を下に向けると、離れる瞬間に体が左に開きやすくなります。この影響で、矢が後ろに飛びます。

この時の解決策は「右肘」。右肘を真後ろに伸ばし続ける意識を持ってください。そうすると、離れた瞬間に体が左に開く動きが抑えられて、矢が真っ直ぐに飛びます。

もし、右肘に力を込められなければ、右手小指と薬指を握って引くようにしてください。小指、薬指を握ると、連動して肘の近くまで通っている筋肉も働きます。小指を握ると右肘を意識しやすくなります。

この原理を用いてると、会の時に「右肘を後ろに引っ張ってやれー」と意識して、本当に後ろに伸ばせます。ぜひ実践してみてください。

このように、矢が前後に飛んだ場合は、

前に飛んだら、左足を開いて左肩を下げる

後ろに飛んだら小指を握って右肘を真後ろに伸ばす

ことを意識して引いて見るようにしてください。

オリジナルテキストをダウンロード