弓道は「左肩」を有効に活用すれば、早くうまくなる

弓道を早く上達したい、初心者と体験の方で「弓を早く引けるようになりたい」と思う人は結構いるはずです。ここでは、初心者が早く弓道を上達する方法について解説していきます。

前回の記事で「素引きをする」「離れの練習をする」。この二つを行えば、確実に弓を引けるようになると解説しました。次に覚えたいのが「左肩」。左肩が上がってしまうと、弓がうまく引けないです。

そこで、初心左肩をきちんと下げて、弓を引けるようにしましょう。今回は、左肩の重要性と、その具体的な使い方について解説していきます。

左肩の使い方を解説

では、最初にやることを解説します。左肩は、「最後まで下げて押せ。決して上げるな」です。左肩は引いている最中に、左手が下がらないようにしてください。

左肩は弓道の世界でもっとも重要かつ、慎重に扱わないといけない関節です。その理由について簡単に解説していきます。

まず、左肩は弓を押し開く上で二番目に負担が強い関節です。一番じゃないんかよ、っと思われましたが。一番は左手で、二番目が左肩です。

 

この理由は、弓を押し開いた状態は、左手が中心部に位置するからです。そのため、左肩は左右上下に負担がかかります。そのため、左肩は引いている最中に上がりやすいんですよね。特に初心者は左肩が上がって、ウサインボルトみたいになっちゃう人が結構います。

え?ウサインボルトの格好で何がいけないの?と思っちゃう人がいるかもしれませんが、ちょっと不具合があります。左肩が上がると左胸部が前方に出てしまいます。これがちょっと問題を起こしてしまいます。

一つめが左胸部が出ると、弓が最後まで押し切れないこと。実際に行うとわかりますが、左胸が前に出ると、左肩が力んでしまい、弓が押しにくくなります。つまり、矢が真っ直ぐ飛ばなかったり、そもそも届かなかったりします。

もう一つは、左胸が前に出ると、弦が腕に当たりやすくなります。腕や胸にバンバン当たると、矢は飛ばないし痛い。弓を引くのが怖くなりますので、気をつけてください。

こうした問題を解消するために、「左肩の使い方」を勉強することは大切です。弓は、左肩をしっかり使って押すようにしてください。

左肩は下げて押す

では、具体的な左肩の使い方を解説します。「左肩を下げて押す」これを意識して引いてください。引いている最中に、左肩が上がらないようにしてください。

このようにして押すと、左手じゃなく、左腕の付け根から押せている感覚が得られると思います。

左肩をあえて上げて押した時、左手を握ってしまったり、左肩の筋肉が力んだり、腕に負担がかかると思います。こうなると、長く押せなくなります。一方、左肩を下げて押すと、左脇や左腕の付け根に力が入ります。

このように、出来るだけ体幹部に近い部分で弓を押せば、楽に押せます。どちらかというと、弓の反発力を体全体で受けている感覚が得られれば○です。肩や腕に負担をかけず、むしろ腕の負担を減らして弓を押せるようにしてください。

左肩を下げて押す練習法

次に、練習で左肩を下げて押す練習について解説していきます。

シンプルに左肩を下げ、少し右肩を上げ気味にして弓を引いてください。こうすることで、体全体で弓を押せている感覚を得られます。

また、二人一組になって弓を引くのも良いと思います。一人が弓をひき、もう一人はその人の左肩を下げてあげる、途中肩を抑えてる側の腕に弦があたりそうになるため、うまく交わして、素引きしている人の肩を下げて上げてください。後ろから左肩を抑えてあげれば問題ありません。

ついでに三重十文字について解説しておきます。

三重十文字とは、弓道の世界で肩・腰・足首の線を一直線に揃える教えです。横から見た時に、左右の肩の線、腰の線、足首の線を正面から見て平行に、上から見て垂直に重ねる教えです。

体格にもよりますが、だいたいの人は、両肩の線を地面と平行に揃えた方が引きやすいという教えです。

ただ、この三重十文字の語源は日置流という流派から来ています。その流派の文献を見ると、三重十文字の正確な作り方は

引き分け、会の時:左肩が少し下がって右肩が少しだけ上がり気味

離れの時:左右の肩が揃う

となっており、正確に解説すると、三重十文字は離れたあとに揃います。つまり、引き分け、会においては左右の肩を無理に揃える必要はないし、むしろ左肩を下げるべきです。

加えて初心者は左肩が上がりやすいので、意識的に下げるべきでしょう。

素引きしている時に、左右の肩が揃っていなかったら「平行に揃えなさい」とお話される先生がいます。いきなり両肩を揃えて弓を引くのは結構難しいので、左肩を下げて引くようにしてください。慣れて来たらその意識を無くして引くようにしましょう。

以上の内容を理解して、弓を引くようにしましょう。次に、初心者は弓道において「的に中るための原理原則」について解説をしていきます。この内容を理解して、弓を引くようにしてください。

オリジナルテキストをダウンロード