体型別、適切な弓構えの構築方法

今回は、弓を正確に引くために、弓構えの形を変えてみましょう。

通常、基本的な弓構えの形は円形です。しかし、体型の太い、細い場合、円形の弓構えでは姿勢が崩れる可能性があります。

そのため、体の大きさによって持ち方を変えてみましょう。

◼️ウエスト100センチ以上の方:腕で縦に長い円の形を作ります。

◼️ウエスト75センチ以下の方は、腕を横にして長円形にします。

(女性によって異なる)

◼️100センチ以上のウエストでは、縦に長い円の形を作る

太り型の型は、腕の形を縦に長い円の形に変えると、背骨が上に伸びます。

太り型の人は、立ち姿勢の時、腰の下部が前に傾きやすいです。

そのため、円形の弓構えを構築すると、背骨の上部が後方に傾き、背中の筋肉に負担がかかる可能性があります。

その場合、腕を前に伸ばし、縦に長い円を描くようにして弓構えを作ります。背骨がやや斜め上方に伸ばしやすくなるため、次の打起動作をしやすくなります。

◼️痩せ型の人:横に長い円を描く

次に痩せ型の人は、背骨が上部腰の位置が垂直に立っていて、背骨が常に垂直に立っています。

円陣を組むと、背骨の上部が前に傾いてしまいます。

この姿勢では、弓を十分に引くことができません。

この場合、手を体に近づけて、

水平に長い円の形を作るようにします。

そうすると、痩せ型の人は背骨が上方に伸ばしやすくなり、弓を引きやすくなります。

自分の体に合わせて弓構えの形を変えると、両腕の力が抜け、背骨が伸ばしやすくなります。この結果,弓を引きやすくなります。

このように、体型別に、弓構えの形を変えることで、弓を引きやすくなります。

オリジナルテキストをダウンロード

 

 

 

有料弓道コミュニティのご案内