弓道に美容効果、ダイエット効果はあるか?

弓道にダイエット、美容効果はあるか?

昔、弓道は戦場で使用されていたために、より遠く、勢いのある射をするために射の研究もされていたし、牢屋に入れられた囚人に社会復帰をさせるために弓をやらせていたこともあったため、弓と心のつながりも深いです。

経験、データからお話しすると、まずダイエット効果はありません。これは、弓道の射の運動で何キロカロリーエネルギーを消費するのかという実験をしたことがあって、エネルギー消費量は他のスポーツに比べて、非常に少ない結果になりました。

なので合理的に言うと、ダイエットしたいのなら、、いっぱい運動した方が良いので、有酸素運動をするほうが脂肪は燃やされ、体はやせてきます。

次に美容効果の話ですが、弓道をすることで、肌が改善されたとかそういうことはまずありません。美容効果を期待するとなると代謝が良くなるとか、生体内の化学反応を促進させるような効果が必要でしょう。

そして、弓道によって体が鍛えられるか?背中の筋肉は確かに鍛えられますが、じゃあ他のスポーツに比べるとどうか?他のスポーツに比べるとおとります。

これは、他のスポーツ、武道と弓道を比べて、上半身、下半身のいろんな筋肉がどのくらい鍛えられるかを調べた実験があり、弓道をすることで腕の筋肉は発達する以外、ほとんど筋肉は鍛えられないという結果になりました。

じゃあ、弓道をすることで何が手に入るの?おもしろみはなんなの?という話ですが、弓道をすることでしか手にはいらないもの、それは「若さ」です。

実際、弓道をやっている人はわかりますが、弓道をしている人はほとんど5~10歳くらい若く見られる傾向があります。理由はわかりません。しかし、他の武道ではこういうことはありません。

これは弓道にしかない特殊な傾向です。それは、弓道は他のスポーツにない静的な動きの中に他の武道にない裏側の筋肉の使い方や、左側の筋肉をよく使う特徴や、矢を放つときの瞬間的な理屈を超えた運動、そういう他の武道にない要素がいっぱい詰まった武道だからだと思います。

弓道は選手生命に関しては他の武道の群を抜いています。90歳を超えても引いている人もいるし、私の見た中で最高は101歳で坐った状態で弓を引いている人もいました。

こういうところが武道の中でも変わった部分をいっぱいもっている武道です。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内