弓道をすることでしか手に入らないもの

弓道を始めている方、やってみたいなぁと興味を持っている方。弓道にどんなイメージをお持ちでしょうか?あの、大きな弓を体に引きつけ、大きく離れ、的に中てる、そんな姿がカッコイイと思う人は多いのではないでしょうか。

マラソンやランニングには走った後の「爽快感」があります。これはきっとマラソンやランニングでしか得られないものでしょう。

他にも、サッカーだったら、あのめまぐるしい展開、野球だったら、投手対野手の真っ向勝負、スポーツにはそれぞれの醍醐味があります。

弓道の醍醐味は具体的になんなのか?はどうでしょうか?弓道はそういう爽快感があるでしょうか?醍醐味があるでしょうか?

射会や大会であれば、的中を競いあう「射詰め」という順位を決めるときに多少醍醐味はあります。しかし、野球やサッカーに比べたらどうでしょうか?野球やサッカーに比べると、ドキドキ感はありません。

そうすると、弓道は他のスポーツのようなドキドキ感はありませんし、マラソンのような爽快感もありません。スポーツの動きとしてはあまりカロリーの使わない運動です。

しかし、弓道は他のスポーツでは決して得ることができないあるものを手に入れることができます。

それは姿勢の良さです。

弓道は良い姿勢を求められる武道です。柔道のような力ではなく、剣道のようなスピードでもありません。弓道は姿勢の良さです。

これは、他のスポーツでは手に入らないくらいにキレイな姿勢を手に入れることができます。

実は、弓道が他のスポーツを比べ、どういった点に優れているか調査した実験があります。その内容は例えば、体格を良くするには?上半身の筋肉を向上させるには?身長を伸ばしたいなら?などです。

その実験で弓道をしている人他のスポーツをやっている人より姿勢、とくに背骨の位置が整っているという結果が出ました。

弓道では作法や射で姿勢をよく注意されるので、自然とキレイになっていくのです。これは、バスケやサッカー、他の武道では手に入りません。なぜなら、スポーツによっては片側の筋肉ばかりつかったり、一か所の関節に負荷をかけたり、筋肉をつけることはできますが、姿勢はキレイになることはありません。

そして、この姿勢がキレイになることで、得られるものは長寿と健康です。実際これは研究されていて、弓道と長寿の関係を考察した書籍もあるほどです。

弓道は他の武道にくらべて選手生命が長く、他のスポーツはケガが多かったり、やることで余計な筋肉がついてしまったり、スポーツをやることが必ずしもプラスに働くことはありません。

それに筋肉というのは、鍛えたら必ず衰えるものです。力に頼った動きは若い間しかできず、その動きに頼った体の使い方は衰えが早くいことでしょう。

弓道を行うと姿勢がキレイになるので、体の各関節の負担が軽くなり、年齢を重ねても元気に体を動かせたり、年齢より5~10歳若く見られることも多いです。これは弓道でしか手に入らないものです。

私は、弓は武道としてもとても優れた武道と考えていますし、これから弓道を長く続けて、初める人が増えればいいなと思います。若い内は激しいスポーツが刺激があり、やりたくなるものですが、その動きは体力を消耗し、年齢を重ねるにつれて衰え、いつかはなくなってしまう貯金のようなイメージを抱いてしまいます。

弓は引けば引くほど姿勢が良くなり、自分の体から中身を変えているような気持ちになります。

参考弓をすることでしか得られないもの

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内