引き分けで右肘を適切な位置に収めるトレーニング法:前鋸筋を鍛える

質問 高校生
引き分けで右肘が後ろになかなか収まりません。何か解決方法はありますか?

 右肘を適切な位置に収めるには前鋸筋を鍛えよう
ちなみに弓道において、右ひじを後方に引き付ける運動が効率的にできる筋肉はご存知でしょうか?

その筋肉は「前鋸筋」と呼ばれるものです。脇の下にある筋肉です。

この筋肉を鍛えると右ひじの収まりが格段によくなることがわかっています。

弓道で全国に行く高校はこの筋肉を鍛えるトレーニング法を練習に取り入れて成果を出しています。

前鋸筋を鍛える方法は「手押し車」をすることです。あるいは日常生活で肩を落として動作を行うことです。そうじするときのほうきで床を吐いたり、うちわをあおいだりする動作はこれにあたります。

部員とみんなで行い、みんなで弓道の実力を向上させましょう。

理論弓道資格講座

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内