五胴について説明しなさい

参考資料:弓道教本108ページ

 

模範解答例

五胴は、五身ともいわれ、胴造りの5つの形である。

五胴:懸かる胴(掛かり胴)、退く胴(退き胴)、伏す胴(伏し胴)、反る胴(反り胴)、真っすぐなる身(中胴)。

弓道の教歌にも「胴はただ常に立ちたる姿にて、退かず掛からず反らず屈まず」とある。目標物の位置によって行う応用の変化胴であるが、正規の的前では中胴をよしとする。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内