礼記・射義の要点について簡単に説明しなさい

 
 礼記射義の要点について
射は進退周遷(しんたいしゅうせん)必ず礼に中り(あたり)、内志正しく、外体直く(なおく)して、然る(しかる)後に弓矢を持(と)ること審固なり。弓矢をとること審固にして、然る(しかる)後に以て中(あたる)るというべし。これ以て徳行を観る(みる)べし。射は仁の道なり。射は正しきを己に求む。己正しくをして而して後発す。発して中らざるときは、則ち己に勝つものを怨みず。反(かえ)ってこれを己に求むるのみ。

「射は進退周遷~徳行を見るべし」より
射行には三つの眼目があります。
1、 心志の安定
2、 身体の安定
3、 弓技の審個
これらを習得することで、仁義礼智信の徳業が体得されます。

「射は仁の道なり~これを己に求むるのみ」より
矢を発して中らなければ、他を怨むようなことはなく、反ってこれを己に求めてよく反省せよ、と教示されています。弓道は儒教を基礎とした道徳の修養道として見做すことができます。

オリジナルテキストをダウンロード

 

 

 

スタートアップ弓道コミュニティのご案内