まずはここから工夫しよう「初心者用射法八節プチ理論」

弓道を上達するために、射法八節の内容を理解することは大切なことです。八節の内容をしっかり理解すれば、射形はキレイになります。その結果、的中率は向上してきます。

ここでは、初心者でもできる簡単なプチ理論を紹介していきます。これを心がけるだけでも、射の技術は確実に向上していきます。

足踏み

左足を的に向かって半歩踏み開き、左拇指球を的の真ん中につける。左足の拇指球と右足の拇指節とを一直線にする。

両足の拇指の間隔を自分の引く矢と同じにする

狭すぎると上半身に力がかかりすぎて、逆に広すぎると下半身に力がかかりすぎるからです。足を自分の引く矢と同じ幅に立つと、どこにも力が凝らない幅になります。

両足のつま先は外八文字、60度くらい開く

つま先の間隔が狭すぎると、下半身が引き分け以降ぶれやすいです。間隔が広いと引き分け以降、拇指球に力がかかりすぎます。

胴づくり

足踏みの基礎の上に上体を正しく載せ、弓の本はず(もとはず)を左膝頭に置き、右手は右腰骨に収める。背骨を伸ばし、うなじを立て、体を柔らかくして、呼吸を整え、心気を丹田に収める。

アゴを引き、頭を10センチ真上に吊り上げるように首の筋肉を上方に伸ばす

胴づくりをするときに背筋を伸ばす人がいますが、大事なのは頭も伸ばし、上半身を一直線にする気持ちで背中を伸ばすことです。

頭が前に出ていると、顔向けがしずらかったり、頭の体重を肩で支えるようになり、肩がつまり、背中が曲がりやすくなります。順番でいうと、アゴ引く→首を伸ばす→背中を伸ばす→上半身を真っ直ぐに伸ばすという流れで伸ばしてください。

膝の裏を伸ばす

膝の裏をしっかり伸ばし、下半身の力が弓に伝わるようにする。ただし、自ら膝の裏をピンと張るようなことはしません。上半身を一直線に伸ばし、下半身に体重がしっかり乗れば、ひかがみが伸びると考えます。

まず、射場に入ったら

揖をして、脇上面に立ち、左足を半歩開いて、的の真ん中につけてください。そして、左足の拇指球先と的をつないだ一直線上に右足をつけて、左右の足幅の引いてる矢の長さまで60度の角度に開きます。

次にアゴを引き、頭を10センチ吊り上げてように首を伸ばしてください。首を伸ばしたら、背骨も伸ばしましょう。頭、背中が一直線になったら、下半身に体重がずしっと乗ります。

このとき足裏が拇指球やかかなど一部分にのせないようにします。土踏まずの前縁あたりにのせます。そうすると、足裏全体がピタッとつくようになります。

まず、射場に入って、「足踏み」「胴づくり」をするときに上記のような流でひとつひとつ体を意識して、取り組んでください。

特に胴づくりは気を付けてください。拇指球にぎゅう~と体重を乗せることを胴づくりと思っていたり、臍の下をななめ下に向けて、下腹部を固くしたりしている人がいます。しかし、その姿勢では、上半身が緊張してしまいます。

まずは一個一個心がけている動作を行いましょう

初学人とは弓を扱うことに慣れていません。まず、懸溝に弦をひっかけるところから「はずれるんじゃないか」と不安に思います。

そして、弓を高く上げることも緊張してしまいます。そんな状態の人は効率の良い引き方や立ち方などあまり考えない方が得策です。「将来的にそういう体使い、弓の引き方」ができる八節動作を目指してください。

弓構え

弓構えの中には取り懸け、手の内、物見の三つの動作が含まれています。又正面の構えと斜面の構えの二通りがあります。初心者はまず、正面の弓構えを理解しましょう。

弓構えでは、なるべく腕をリラックスさせる
肘と肩を楽にして、ゆったりと体の前方に両腕を用いて円形を作ってみましょう。このときの弓と弦を持つ手は固く握りすぎないようにしましょう。

拳が前に出しすぎると上半身が前にかがみやすく、近すぎると、反ってしまいます。弓を軽く握れて、肘と肩に無理のない弓懐をつくるように心がけましょう。

取り懸け(三つ懸け)は中指の第二関節の指の側面で取り懸ける。小指、薬指は握る
小指、薬指を握ると自然に中指も曲がります。これにより、中指が取り懸けやすくなります。小指、薬指を曲げ、その流れで中指を取り懸けるようにしましょう。

取り懸ける位置は第二関節の指の側面で取りましょう。指先近くで取り懸けると、引き分けで指先に力が入ります。その結果、離れがたぐったりゆるんだりします。

手の内は何も考えずに軽く握る。中指、小指、薬指は中指につま先をそろえるだけでよし
手の内は弓を固く強く握らないことです。固く握ると弓の反動力や左腕の押す働きが殺されてしまうからです。昔の弓術書の本を見ても「弓を軽く握る」ことを文章にはっきり残してあるので、間違いありません。

そして、最初握るときに「小指」「薬指」「中指」をそろえることだけ行えば問題ありません。指をそこまで強く締めようとしなければ、そろいやすいです。

初心者の内は天文筋に当てて、引き分けのときに握らない。なるべく、大三のときも握らない。「ぎりぎり~」と握りしめた音がならないように、軽く握ることを心がけてください。

物見は右目頭が的の中心に入るくらいしっかり的方向に顔を向ける
目頭とは、目の部位で鼻に寄っている方です。これを的の中心にくるように顔を見てください。

よく、自分の射形を見るために、打ち起こし、大三で顔を的ではなく、正面に向け、鏡を見ながら引いている人がいますが、それはよほど矢数かけた人に限ることです。

初学人はなるべく、射場で引くときは鏡を見ないように、射を行ってください。これは、審査の感覚と普段から養うためです。

「物見」は顔を向けたとき、顔が左右どちらかに傾かないようにしましょう。顔が傾くと導繰りも一緒に前や後ろに屈んだり反ったりします。

打ち起し

両拳を同じ高さにして、弓を持ち上げます。

肘の角度は後ろから見て、45度以上にくらい、とにかく高く上げる。
打ち起こしはなるべく高く上げましょう。右手からすくいあげるようにあげるとなお良いです。

肘の角度が45度となっていると大三の形がキレイに整いやすく、引き分けも「肘で引く」という感覚を養いやすいです。

足踏み、胴づくりが完成したら

弓構えで手首や腕に力を入れず、肘を外から張り出すようにして「円相」を作ります。そして、取り懸け「小指、薬指」と握り、「中指を懸け帽子に第二関節側面」に当てます。

手の内中指、薬指、小指のつま先をそろえてなるべく固く握らないようにしましょう。そして、胴づくりで作った真っ直ぐの上半身がここで屈まないように、物見を入れます。

その状態で、打ち起こし、両拳が肘の高さ45度の高さになるまで上に上げましょう。このとき、弓構えでつくった円相、手首に力がはいらない形を維持して、あげましょう。

弓が照る人は気持ち小指を握って、弓を自分の体より前に傾けてましょう。

大三

打ち起こししてから、まず、左手を体と平行に的方向に移動する、これにつれて右手は肘から折れて左方に傾く。

左肘は完全には伸ばさず、少し曲げる

左肘を完全に伸ばすと、引き分けで左腕は突っ張ってしまいます。なので、ほんの少し曲げた状態で大三をとります。ほんの少し曲がっているだけで良いですが、最初はできなくても大丈夫です。

右肘は打ち起こしからの高さをなるべく変えない。右拳は額の一個空ける

右肘が下がると、力こぶの裏の筋肉(上腕三頭筋)がゆるみます。大きく引くためには上腕三頭筋肉を活かして肘で引くイメージが必要です。右拳は額の一個程度間隔を空けます。これが近すぎると、引き分けが小さくなってしまいます。

引き分け

左手は人差し指と拇指との間で弓の握りを押すとともに右手は肘の力で引っ張り、左右に残りの三分の二を引き分ける。

右肘はただただ真横に押し続ける気持ちで後ろに引き続ける
右拳はなるべく力をいれず、右肘を右肩の後ろまで引きつけていきます。最初はなかなかここまでいきません。何回も引いて慣れましょう。動作を覚えてきたら、右肘が自分の右肩より後方まで引きつけられるようになります。

このときのポイントは「先に肘を落とそうとしない」ことです。右肘は後ろに押し続ければ骨の長さ、関節の関係で自然に「落ちてくる」ものなので、自分で意識することは肘を真横に押し続けることです。

左拳はいきなり的方向に押すのではなく、始めは足踏み方向に押し、徐々に的方向に押していく
いきなり的方向に押すと、手首に力が入ってしまいます。大三から、真横に押すのではなく、始め足踏み方向(つまりななめ45度方向)に押します。徐々に的方向に押すようにしていけば、手首に無駄な力を入れずに引くことができます。

ただ、これも最初はできなくても良いです。動作に慣れて引き分けの軌道を考えられるようになって初めてわかってきます。参考程度に眺めましょう。

打ち起こしまで終わったら

左手を体に平行に的方向方に移動させます。これにつれて右手は肘から折れて左方に傾く。弓を3分の1押し開いて大三をとります。
左肘は完全には伸ばさず、少し曲げます。右肘は打ち起こしからの高さをなるべく変えずに、右拳は額の一個空けます。

そして、残りの3分の一を引き分けていきます。右肘はただただ真横に押し続ける気持ちで真横に押していきます。慣れてきたら、左拳はいきなり的方向ではなく、ななめ45度方向に押していくようにしましょう。

形を直す稽古ではなく、矢束いっぱい引く稽古を心がけましょう

初心者では「矢束いっぱい引ける」射形を目指してください。たとえ手首が曲がっていても、プルプル震えようが、「大きく体を開く」ことを目標に稽古してください。

両肩が出ていたり手首が曲がりなどの射形を直す稽古をしていては、大きく引く稽古ができなくなってしまいます。どんな形でも大きく引く稽古をしていれば、後で射形をキレイに見せることはいくらでもできます。

射形よりも、弓をいっぱい押し開いてください。そして、復元力を最大限に使って、自分の体の奥底まで伝わる自信に満ち溢れた射を目指してください。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内

スポンサードリンク