取り懸ける指の位置を数ミリずらすだけで引き分けがしやすくなる

鋭い離れ、負担のない引き分けに取りかけの構築法

弓道の実力向上のためには、体の各部の働かせ方について理解しなければいけません。両足の角度、骨盤の角度、胴体のすえ方まで、合理的に考えて実践していけば、力みなく弓を引くことができます。

 

その中で、右拳の状態を決める「取りかけ」は大切です。取り懸けにおける右拳の構造が壊れると、弦を押し開くために「無駄な力み」が入ってしまいます。右こぶしに無駄な力みが入ると、弓を引く胴さや離れ動作が円滑に行えなくなり、結果として矢がまっすぐに飛ばなくなります。

 

そこで、具体的に取りかけにおいては、どのように指を整えていけばよいのでしょうか?古くの弓道書籍を見ると、取りかけにおける指の整え方がきちんと説明されています。もし、あなたが取りかけで指や手首を力ませず、引き分けをきちんと行い、離れ動作を円滑に行うのであれば、古くの弓道書籍に記されている取りかけの方法を理解するようにしましょう。

 

そこで、今回は取りかけにおける適切な指の整え方について解説していきます。

 

少し深めに取り懸ける

取り懸けのとき、多くの人が何も考えずに取り懸けて中指の第一関節の節や腹で取り懸けをしている人がいます。ただ、指先を置く位置を変えることで、引き分け、離れの技術を大きく向上させることができます。

 

まず、胴作りにおいて首の後ろを伸ばし、肩を落とす動作を行います。この後に、親指の上に中指の根元が乗るように取りかけましょう。

 

ただ、かけの構造(親指の向き、コシの強さ)によって変化します。そこで、中指の第二関節?根元にかけて、取りかけるようにしましょう。

 

このように行う理由として、指先に力がかかると、手首周りの筋肉の凝りが出てしまうからです。

 

指先に力が凝ると、手首の力みが強くなり、弦を押開く力が低下し、引き分け動作における右ひじを後方に引きつける運動がしづらくなります。さらに、手首の力みが大きくなると、離れにおけるスムーズな拳が動かなくなります。その結果として、矢が真っすぐに飛ばなくなります。さらに、引き分け動作が小さくなります。

 

例えば、中指の根元に親指をのせて、手首をグルグル回してみましょう。すると、手首が柔軟に回転するのがわかります。次に、根元ではなく、指先に取りかけて手首を回してください。すると、手首が回しづらくなります。

 

これは、指先の血管が滞り、手の甲の筋肉や指を動かすための神経が圧迫されるからです。手の内についても同様のことがいえますが、弓を押し、開くためにはよけいな力みを自分で作らないことが第一前提となります。このことを、心月射儀の梅路では、「筋肉を自然に働かせる」と説明しています。

 

もし、指先に力を入れたり、握ってしまうと、筋肉は自由に動きません。手首が自由に動かなくなると、引き分け中に右ひじを適切に動かすことができません。弓道の世界では、「弓は肘でひけ」と指導されることがありますが、指が力めば肘を意識することはできなくなります。

 

なお、教本二巻の取り懸けの説明では、「指先近くで取りかける」と説明されます。何十年と弓道を稽古され、かけの機能や離れにおける手首の働かせ方が理解していれば、それでも構いません。しかし、初心者の場合、手首がたぐっている場合、引き分けが小さい人の場合、離れがゆるんでいる人の場合、「指先近くで取りかける取り懸け」は行わないようにしましょう。かえって引き分けが小さくなり、よけいに弓を引く動作ができなくなります。

 

多くの人が指先に取りかけてしまう理由

取り懸けのとき、多くの人が何も考えずに取り懸けて中指の第一関節の節や腹で取り懸けをしている人がいます。

 

 

このように、指先近くで取りかける理由として、弓道の世界では「離れは親指をはじくように離れるのがよい」「指先で取りかけないと、離れは出せない」という教えがあるからです。

 

親指ではじく離れが浸透した理由として、吉見純正射法訓において、「鉄石合剋して……」という教えを、親指と中指をこするように離すことであると解釈している指導者がいるからです。

 

実際に、私はこのような教えで、「離れをはじくように離しなさい、そうしないと、的にあたらない」と説明されました。ネット上の書き込みにおいて、「親指と中指をこすることが、吉見純正の教えだ」と意見をいう方もいました。しかし、このようなことを行うことは何も意味がありません。むしろ、指先に取りかけると、的を狙う前に、離れがゆるみやすくなり、引き分け動作を大きく行えなくなります。

 

実際に行えばわかりますが、このように指先近くで取り懸けてしまうと、弓の荷重が中指の先に集中します。そうすると指先に力が入ってしまいます。指先に力が入ってしまうとその力みが手首に伝わります。

 

 

力みとは、医学的に体液が集まっているということです。過剰に集まった体液に、皮膚の表層にある感覚器が過剰に反応します。すると、肘とか背中まで意識して力を使うことができなくなります。

 

指導者に「手首で弓を引いているぞ、肘で引け」と言われた経験がある人は原因は肘への意識の仕方ではなく、原因は取り懸けを指先近くに取りかけたことで、無駄な力みを作っていたしている可能性があります。指先に力が入るような取り懸けをしていると、肘を意識して引くことはできません。

 

そのため、解決策としては第二から第三関節辺りで取り懸けます。少し深く取り懸けると、指の第一関節がフリーになります。第一関節は人体の血管の中でもっとも血流が滞りやすい部位であり、指先をフリーにすることで、手首への力みを軽減できます

 

指の腹ではなく、側面に取りかける

さらに、根元に取りかける際に、弓を引きやすくするためにもう一つ意識したいことがあります。それが、指の腹ではなく、指の側面に取りかけることです。

 

親指を中指につけるとき、中指の指の腹ではなく、側面につけるようにするのです。具体的には「指の腹」で取り懸けるか否かでも引き分けのしやすさが変わります。

 

 

この理由として、側面で取りかけることで、手首が下向きに落ちにくくなるからです。

 

弓を引く動作において、手首が下に曲がることは取りかけのよけいな力みにつながります。この理由として、手首が下に向くと、手首周りから指先にかけてつながる血管が圧迫され、指を握る力が低下するからです。

 

試しにその場で、手首を真っすぐにして、指を握ったり開いたりしてください。すると、指を少ない力で速く動かせることができます。次に手首を下に曲げて指を動かしてください。すると、指が動かしにくくなり、指も強く握れないことがわかります。つまり、取りかけにおいて、手首が少し曲がるだけで、指の握り具合が弱くなります。この状態で、大三において弦の引かれる力が右の親指にかかると、取りかけの構造が崩れてしまいます。すると、引き分け動作が円滑に行えなくなります。

 

実際に、合気道の世界では、この原理に基づいて、相手を崩す技があるほどです。そのため、指の整え方は必ず勉強し、実践するようにしましょう。もし、指によけいな力みや神経のつまりが出ている状態で弓を引くと、弦の復元力がかかるとさらに強い力みが発生します。

 

このときに、指の腹にかけたとします。すると、中指で親指を押さえつける力が強くなり、指先の血管を強く圧迫します。指先を圧迫すると、手首が力み、意識が手首周りに集中しすぎてしまいます。射において、手先によけいなとらわれが出て、弓が大きく開けないことがないようにしましょう。

 

側面に取りかけると、打ち起こしが上げやすい

そこで、中指の側面に、親指をのせるようにすると、手首が真っすぐに伸びます。これによって、取りかけの構造が崩れにくくなり、引き分け動作によって、右手首によけいな意識をなくすことができます。

 

さらに、中指の側面に、親指をつけるようにすると、親指がより弓と弦の間に入ります。すると、打ち起こしが高く上げやすくなります。打ち起こし動作で弓が高く上がると、弓と体との距離が近くなります。これによって、引き分け動作がしやすくなります。

 

教本二巻の高木範士の説明より、「取りかけにおける肘の橈骨、尺骨は地面と垂直になる」と説明しています。

 

まず、「橈骨」とは肘の外側の骨、「尺骨」は肘の内側にある骨です。取りかけにおいては、指の側面を親指にのせて、手の内を含め、手首をたてるようにします。すると、正面から見ると、右手首から右ひじにかけての橈骨、尺骨の成す面が地面に対して垂直になります。このような取り懸け動作を実践するために、中指と親指の付け方はきちんとおさえる必要があります。

 

教本一巻の取りかけには、「懸け口十文字」と呼ばれる教えがあり、手首は曲げてはいけないことを説明します。つまり、取りかけにおいて、手首によけいな角度を作ることは、弓を引く動作において、神経のつまり、筋肉の力みを招きます。そのため、中指の側面に親指をつけ、弦の復元力に対して崩れにくい取りかけの構造を構築しましょう。

 

なお、この理屈はかけの構造が異なった場合も同様に考えます。例えば、親指は下向きに向きすぎた取り懸けと、一文字に伸びている取り懸けがあります。このような場合、側面につけた後、手首をさらに起こすようにするのか、手首を外に回転させるようにするのか、少し動きが異なります。ひもの結び方、付け方、これらの要素はすべて手取り掛けの構造に関わることなので、注意するようにしましょう。

 

まとめ

以上の内容をまとめます

 

・指先近くに取りかけると、指先が力みます。離れがゆるみやすくなり、引き分けが小さくなります。
・指の腹で取りかけようとすると、中指が親指を押さえつけようとする力が働きます。これによって、手首の力みが強くなるため、引き分け動作に影響を与えます。

 

さらに指の横腹で取り懸けると腕と弓が直角にそろいます。こうすると、取り懸けで手首がまがりにくくなり、手先で引く引き分けになるのを防止します。

 

日置流では腕と弓を直角に揃えることを「懸口十文字」と呼びます。二つの間で角度を作らないことで、たぐりを防いだり引き分けを収めたりすることができます。

 

指の横腹で取り懸けると自然に手の甲が横に向きます。この形のまま引き分けていくと、右肘を体より後方に引きつけやすくなります。逆に手の甲が上に向いていると、引き分けで右肘は下に落ちやすくなります。その結果、手首がたぐったり離れがゆるんでしまいます

 

取り懸ける指の位置を「指の腹」ではなく「横腹」に変えてみましょう。すると、大きく弓を引き分けることができます。その結果、矢勢や的中率の向上につながります

 

これらの内容を理解し、適切に手首を整えて、弓を引くようにしてください。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ