大三やること

大三

まず、大三動作、引き分け動作で大切な部分を動画で解説しました。ご確認ください。

打ち起こしの次に行われる大三動作は、まず左手で弓を圧し開きます。そして、右手はその弓弦の力で腕関節の所で左方へ折れ曲がります。結果的に矢束の三分の一ぐらい弓を引き開きます。この状態を「大三」といいます。

この動作を小笠原流の射法書の説明では、「ダイサン」という言葉を使わず、「肘力(ちゅうりき)」と表現していました。弓道教本には、大三は「押し大目、引け三分の一」ともいわれています。

大三では、弓道の世界では重要視されています。「大三で矢の線が平行になっていると射型がきれいに見える」「大三で矢束をきちんととれば、左右対称に弓を引ける」など、あらゆる教えがあります。

しかし、このような教えにこだわりすぎて、「射型を汚くしたくない……」と考えてしまうと、拳を不用意に動かしてしまうことがあります。あるいは、左右対称に押そうと考えて、左右の拳の加減を見ながら弓を引いたりします。このような考えを弓の反発力がかかっている最中に実行することは非常に困難といえます。

そうした射型にこだわることも重要ですが、最初に優先したいことは「身体の筋肉を最大限弓の押し開く動作に活用すること」です。イメージしずらいと思いますが、射型をきれいに整えようと考える前に、まずは、最大限の矢束をとろうと考え、引くことが大切です。

そもそも、大きく弓を開けない段階で、手首の力みをとろうと考えたり、射型を整えたりすることは、非常に困難です。そのため、「大きく弓を押し開くこと」を先に考えるようにしましょう。

弓道の世界で、高い段をとったとしても、やめてしまう人がいます。そうした方を含め、多い射癖が弓を大きく引けず、離れがゆるんでしまうことです。

多くの人はこうして弓が引けなくなってしまった理由を「筋力が低下したから」「歳を重ね、衰えてしまったから」と考えます。 

弓を身体に負担なく押せる角度や方向がある

ただ、実際には大三での「押す方向、角度」が間違えている可能性があります。大きく弓を引くためには、弓を押すときの関節や筋肉の状態をきちんと分析しなければいけません。合理的に考え、弓を押し開いていけば、たとえ年齢を重ねていたとしても、弓を楽に大きく押し開くことができます。

では、その中で大三や引き分けでは、何を意識しなければいけないのでしょうか。ここでは、あまり形は気にせず、以下の内容を理解するようにしてください。

大三でやることまとめ

  1. 弓手の肩は左足の方向に斜め上方に押す
  2. 勝手の肘も同様に右足の方向に斜め上方に押す。これにつられ、右手は弓弦の力で左方に折れ曲がる
  3. 意識的に、前に押すのではなく、斜め上方に押すようにする

まずは、この二つのことを意識するようにしてください。少し細かいことを挙げると、弓手、妻手でもう少し気を付けなければいけないことがあります。

大三で気をつけなければいけないこと

弓手

□ 肘は突っ張らずに肘に少し余裕を持たせておく。

□ 手の内で余計な力みをかけないこと

妻手

□ 勝手の肩が後ろに引けないようにすること。

□ 勝手の肘を張ること

これらの内容をまず頭に入れて、稽古をするようにしましょう。自分の中でも、大きく弓が引ける自信が出てきたら、多少、その過程での矢の向きを気にするようにしましょう。

なお、正面打ち起こしでは、最も難しい動作は打ち起こしから大三に入るときといわれています。この理由として、打ち起こしから大三にかけて、手の中にある弓の位置が大きく変わるからです。

ここで多くの人が、左手に大きく意識や気持ちがいってしまいます。胴づくりが崩れたり、左拳に力を入れたりしてしまいます。最初はそれでもいいので、とにかく大きく弓を引こうとします。やがて、大きく弓を引く気持ちだけでは弓は引けず、押す方向や弓の握り方が大切であることが体でわかってきます

そこで、少しずつ押す方向や角度における意識を変えていけば、身体の負担が大幅に軽減されていきます。それによって、矢束最大限に引き込むことができ、結果として射型も矢所も整っていきます。

最初は余計なことにとらわれず、大きく引くことを心がけ、少しずつ押す方向を勉強してみてください。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内