残身やること

引き分け、離れを終えたら、最後に残身に入ります。残身は「射の総決算」ともいわれており、ここで気が抜けてしまうと、動作に締りがなくなってしまいます。

ここでは、残身でやることについて解説していきます。

残身やること

離れによって伸ばされた左親指を伸ばす

・右肘を開き、軽く曲がった状態で右腕を伸ばす

・その状態を2~3秒キープする。

残身(残心)では、離れの姿勢を崩すことなく、会で働いた力の方向に開いて伸び続けて、頭は的方向に向けたままで矢の飛んだところを見定めます。

左手の親指は的方向に伸び、右手は拇指を跳ね上げたままの形になって他の指を握って前に向いています。

呼吸のあり方としては気合いのこもった一瞬の離れでの吐く息をそのままで続け、その息がなくなったところで大きく息を吸い込み、次の吐く息で弓倒しを行うようにします。

2~3秒の静止状態は止めるのではなく、伸ばされる

残心の静止はおよそ2、3秒続きますが、止めるのではなく、離れの余韻が残っていると考えます。

引き分けで矢束いっぱいに引き、右腕が外側に回るまで引きつづけ、左拇指根を持って的方向に押し伸ばすことで、左右の関節がどこにも負担なく伸ばされます。

このように、弓の反動力によって両腕が伸ばされると、通常より、2〜3秒程度伸びた状態が続きます。弓によって伸ばされて、その力が持続するからです。

逆に、左拳に力が入っている場合、右肘を捻っている場合、2、3秒の静止が自然と起こりません。むしろ、離れた後、両腕の力が抜けた感じに離れてしまいます。すると、離れた後に、左右の関節を伸ばそうとすると、自分で意識して伸ばさないと行けなくなります。

すると、残心の最中に、右腕や左拳に余計な動きが出ます。例えば、左拳が離れた後に拳一個「クイッ」と上がる時があります。これは、離れで左拳が最大限に伸び切らずに、残心で自分で左腕を伸ばし直した証拠とも言えます。

ここでいう離れの余韻とは「弓の反動」のことです。弓の反動によって、両腕が自然と自分の意識する以上に伸ばされるため、無駄な動きなく長く伸ばせます。加えて、離れた後に両腕がピタリと止まって残身の形もしっかり作られます。

良い残心は両腕が最後までリラックスすることで実現する

つまり、綺麗な残心を会から離れに至るさいに、自分から右拳を捻ったり、左手で無理して弓を押すのを止めるべきです。なぜなら、残心で起こる最後の「伸び」動作は、両腕がリラックスしていなければ起こらないからです。

弓の反動によって両腕が伸ばされるから、綺麗な残心となります。ここで、両腕が力んでいると、弓の反動をうまく吸収できません。会の最中に肩関節に負担が出てしまい、肩が上がってしまうかもしれません。もしくは、離れ動作で左右の拳の動きが不用意にぶれるかもしれません。すると、左右に最大限に伸びた残心はできません。

そのため、これまでに習った、射法8節の適切な方法を振り返り、自分がどこで力が入ってしまったのかを観察するようにしてください。胴造りでの上半身の力み、あるいは打起こしでの腕の力み?こうした部分を取り払うことで、最後の残心できちんと両腕を伸ばせるようになります。

綺麗な残心を確実に作る方法

なお、心身滞りなく自然と離れれば理想ですが、これを具体化する方法を解説します。弓道教本では、「最初は大きく開く、後で左右に伸ばす」という考えが記されています。

最後の離れ動作で、右肘が拳一個後方に動けば、両腕を大きく開きやすくなります。そこで、最初は、右手が戻らないようにするために、意識的に右肘を後方に動かして、感覚を覚えるようにします。そうして、意識せずとも自然に右肘をスムーズに後方に動かせるようになります。

その場合、残心で少し両腕を開きすぎて胸が張った姿勢になるかもしれません。しかし、これでも問題ありません。そこから、左右に伸びた「綺麗に見える残心」を作るのはできるからです。

これは教本三巻で祝部範士が初心者は大離れ、慣れてきて経験を積んできたら中離れという考えを提唱しています。つまり、最初は腕を大きく使わせて、後になって動きを調節させて中離れにしていきます。

具体的には、最初は右肘を強く意識して離します。次に、矢を離す時に少しずつ右肘に対する意識を減らしていきます。こうすることで、大きくした動きが微調整されて、左右に均等に伸ばされた残身を構築できます。

いきなり自然で両腕の動きが整った残心はできません。であれば、最初は大きく動かすことに徹してください。そうして、後から調節をしていき、離しかたの練習をたくさん繰り返します。そうして、左右に伸ばされた綺麗に見える残心を再現性高くできるようになります。

このように、残心は左右の腕が弓の力によって最大限に伸ばされてできます。その際には、出来るだけ両腕をリラックスさせるように工夫をし、最初は大きく開く離れを繰り返します。そうして、慣れてきたら後で微調整をかけて、左右対称に伸びた残心を実現できます。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内