会で「半捻半尺」を実践すると離れが鋭くなる

弓を引ききった状態を構築する際に、

右手に力が入る。姿勢が崩れてしまう。

といった問題が起こりますよね。

その際に、「半捻半搦(はんねんはんじゃく)」という右手の動かし方が解説されています。

半捻半搦??はぁ?何だそれ?そう思うかもしれません。この言葉の意味は、

半捻=半分捻る

半搦=半分からむ

と読んで解説されています。このように、「ちょっと捻って、少しだけからんだ状態にする」ことを意識すると、スムーズに弓を引けるようになってしっかり会が持てるようになります。

体がブレたり、離れが緩んだり、そういう問題も少なくなります。

では、理解してみましょう♪

半捻半搦(はんねんはんじゃく)とは

半捻半搦の言葉をもうすこーし詳しく解説すると、

大三の時に、右手が半分ひねられるようにする

引き分け、会の時に右手が半分弦にからんだ状態にする

ということです。

引き分けで少し右手が捻られ、会で少し弦とからむようにします。

二つの動きを引き分けと会で取り入れれば、弓を楽に引けるようになります。でも、誤解しやすいので気をつけて。

こう聞くと、「なるほど、大三で少し内側に手首をひねるようにすればいいのか」と思うかもしれません。でもそれはしないでください。

では、もう少し詳しく考えて生きましょう。では、文献にも書かれてある「半捻半搦」とは如何に?その具体的な身体の使い方を紹介していきます。

小指を締めれば、勝手に手首は内側に曲がる

最初、あなたが行うべきことを書いて置きます。打起こしで小指をしめて高くあげる、後は大三を取るだけ。これだけで半分捻られる状態になります。

少し詳しく解説します。右手の小指を意識的にしめてみましょう。親指を掌の中に入れやすくなります。

  

ひねられた状態親指が内にきっちり入っている

この状態で大三を取ると、弦によって親指が強く引かれます。この弦の引かれる力によって右腕が的方向に動かされ、自然に捻られます。これが「半捻半搦」の「半捻」です。

つまり、半捻とは、自然に少しだけ捻られるという意味です。自分からひねるんじゃないよ。このように少し手首を捻って腕を前に出すと、弓が引きやすくなります。

なぜなら、右腕を内側に捻ると右肘が斜め上方に上がりやすくなるからです。若干てこの原理と似た現象が起こります。右腕が捻られると、右手首が下がり、右肘が上に上がります。

これにより、肘を後ろに引く時に右腕が横に動かしやすくなります。つまり、引き分け動作に入りやすくするために、大三は少しだけ右腕を捻っておいた方が良いです。

弓道教本には、大三では、「肘まで矢束があるとイメージして引く」と解説されています。

右手首が捻られ右肘が上がると、矢と右手と右肘が一直線に揃いやすくなり、右肘を引き抜きやすくなります。

最初に少しだけ右腕を捻ると次の引き分け動作で真横に右手を動かしていけます。

注意:自分から捻ったらだめ

なお、先ほどもお話しましたが、自分から右手を捻ってはいけません。そうすると、捻りすぎてしまうからです。

弦は上下に強くテンションがかかっていますが、横方向に力がかかると弱いです。やってみるとわかりますが、軽く捻るだけで弦は簡単に曲がってしまいます。

つまり、少しだけひねろうを思っても、実際は結構捻ってしまいます。そして、右手首を捻りすぎると、右肘が自然と上に上がらなくなります。すると、次の引き分け動作で右肘から真横に引き込むように力が加えられなくなり、手先で引くことになります。

引き分け〜会:徐々にひねりが取れていくように引く

次の内容が多くの弓道家が誤解していることです。横に横にどこまでも引いていくイメージで弓を引いて行きましょう。

そうすると、少し捻られていた右腕が今度は少しずつ外側に回ってきませんか?つまり、ひねりが戻ってきます。そして、会に入ったときには完全に右手が外側に回転しています。

つまり、会では、「半分だけからむ=ひねりが取れて少しだけ引っかかっている状態を作る」ようにします。これが半捻半搦の「半搦」です。会に入ったら少しだけ搦んだ状態を作ります。

このようにすることで、より後方に右肘を引きつけやすくなります。あと、右手首が外側に回ると、右肩関節の力みが取れてきます。この一連の動きを、射學正宗では、「前後に瀉開する」と表現しています。高いところから低いところへ水が流れるように、開くと表現しています。

つまり、大三で捻られた右手首は引き分けから会にかけて徐々にひねりが取れていきます。こうすることで、より右手を後ろに動かしていき、かつ右肩の力みを取れていきます。次の離れ動作を引っかかりなく弦を外すために、「右手首を外側に回しながら、少しだけ搦んだ状態」を作ります。

なお、このひねりが取れなければ、右手、右肘が後方に動かず、固定されてしまいます。すると、離れる際に、右手が少し戻ってしまいます。これでは矢は真っ直ぐに飛びにくくなります。

弓道家が誤解しているのは、この捻ることを「いいこと」と勘違いしていることです。なぜなら、右手、右肘が会で固定されていると、がっちりと右腕が固定され、射型が整っていると思うからです。

違います。なぜ、右手・右肘を捻ると、会で「ガッチリ」と固定された感覚が得られるかというと、右手と右肘が動かしにくくなって弓の反発力がこもるからです。つまり、筋肉が固まって力んでいることをさします。

この後の離れでこの無駄な力みによって、右手をスムーズに動かしにくくなります。そのため、捻った状態=良いと思わないようにしましょう。

注意:小指は必ずしめておいてください

なお、引き分けから会に至る時に、必ず小指はしめておいてください。これをしないと弓を引いていくに連れて右手首が外側に回らないからです。

大三で締めた小指をさらに、締めるように意識することで、右手首を容易に外側に回していけます。ここで小指を緩めてしまうと、手首が外側に回る運動が起こりにくくなり、うまく右手と右肘を後方に引きつけてこれません。

なお、巷の弓道家の中には、小指と薬指の力を抜くように指導する人もいます。この方法は載せ懸けというう手法を説明しています。この方法は20ー30年以上弓道を稽古し、30kg以上の弓を引いて、神事での弓の引き方もできた方がようやくできるとされる方法です。

そのため、普通ではできないため、やらないようにしてください。一番最初にやるべきは小指と薬指を締めた取り懸けです。そして、弓を引いていくごとに手首が外側に回っていく引き方です。最初にこの動きを覚えるようにしてください。

 

 

そして、引き分けに入ると、かけみぞにはまっている弦が引っ張られ、ここで圧力がかかります。具体的には親指の懸け帽子が方向に力がかかります。

真後ろに引き続けると弦が矢印方向に引かれ、それにつられて親指もひかれていきます。勝手の握りがジャンケンのパーのように何も握ってなかったら、親指は弦に押されて前に出てしまします。しかし、実際は中指、薬指が親指をおさえています。そうすると、親指が前に出てくるときの力をこの薬指、中指がおさえる格好になります。

会においての弓手と勝手は半捻半じゃくを心がけでみましょう。弓手は親指が右側木にしっかり入り、右拳は弦をしっかりからみます。すると、スムーズな引き分けと安定した会を得ることができます。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内