引き分けでの「手首のたぐりすぎ」「左腕の突っ張り」の解消法

稽古をしているときに、弓構え、打ち起こしは別に何もなかったのに、引き分けに入ると、手首がたぐったり、両肩がずれてしまったり……なんてことはありませんか?

 

引き分けでよく出てくる射癖は「右手首が曲がる」のと「左腕が突っ張ってしまうこと」です。よく出てしまう癖を直すことで、「射型」「射技」の向上につながります。

 

ここでは、引き分けでの「右手首の曲がり」と「左腕が突っ張ってしまう」原因と対策方法について解説していきます。

 

右手首の曲がりは取り懸けを変えてみる
右手のたぐりの原因は「胸」と「手首」にあります。

 

胸が前方に突出していると、引き分けで右肘は下向きになりやすくなります。この姿勢で引き分けると、弦の荷重が右拳にかかりやすくなるため、右手首が曲がりやすくなります。

 

胸が張りを取る方法は「首」と「肩」を働かせます。首の後ろ側の筋肉を上方向に伸ばし、背中周りの緊張をほぐれます。次に両肩を楽に落とし、胸周りの筋肉の緊張を和らげます。

 

これにより、胸の筋肉が張ったり前に出たりすることは少なくなります。体型がやせている人は胸が前方に出てしまう原因が「膝」にある可能性もあります。膝の力をゆるめると、上半身全体の力みがなくなるため、引き分けでの胸の緊張を解くことができます。

 

もう一つの原因は「指先に力が入る」ことで手首が曲がることがあります。この問題は取り懸けを変えることで改善させることができます。

 

具体的には取り懸けを「深めに取り懸ける」、「小指、薬指はなるべく握る」ことをします。これにより、右手首が曲がりにくくなります。

 

理由は深めに取り懸けることで「大三以降」指先(指第三関節)に力みにくくなるからです。さらに小指、薬指を握ることで、「小指」「薬指」側の腕の筋肉(これを下筋と呼ぶ)が張ります。この筋肉が張働くと、手首が曲がりにくくなるため、右手首の曲がり防止につながります。

 

引き分けで右手首が曲がってしまう場合は「胸」と「取り懸け」を改善してみましょう。引き分けで肘が適切な方向に向いて、指先に力がこもらないため、右手首の曲がりを解決することができます。

 

左腕が突っ張る問題は「左拳」「左肘」「左肩」の使い方を変えて解決する
左腕が突っ張ってしまう直接の原因は「左拳」「左肘」「左肩」にあります。この部分の働かせ方を変えれば、左腕の突っ張りは直すことができます。

 

「左拳」は必要以上に力を入れて弓を握りすぎていると、左肩にその力みが伝わって左腕が突っ張ります。解決方法は手の内を整えることが大切です。

 

具体的には、「弓構え」での指先と左手首の角度を修正します。弓は軽く握って指先に力がこもらないようにしましょう。そして、手首は控えすぎず、手首が外に向きすぎないようにしましょう。こうすることで、大三や引き分けで手首が必要以上にひねられないため、左拳に力が入りにくくなります。

 

「左肘」は大三のときに、左肘を伸ばしきると、引き分けで弓の荷重が「肩」にかかりやすくなります。そのため、解決方法としては、打ち起こしでの左拳の握り加減を変えます。

 

弓構えで弓を軽く握ったまま、右拳を主として打ち起こしをしましょう。こうすることで、左肘の力をゼロの状態から大三に入ることができます。

 

「左肩」は力んでしまうと引き分け以降で上がってしまいます。左肩が上がると、物を押すときに使われる「上腕三頭筋」が働かなくなるため、弓を押す運動ができなくなります。そのため、棒のように腕が固くなってしまいます。

 

これを解決するために、「打ち起こし」→「大三」に移行するときに、的方向に押して行くのではなく、左斜め上方に押して行きましょう。

 

いきなり的方向に押すと肩がひねられて肩関節が上がる元をつくってしまいます。斜め上方に押すことで、肩関節ではなく、脇周りから腕の裏側にかけての筋肉が働くため、肩が上がるのを防ぐことができます。

 

左腕が突っ張る間接的原因は胴造りにある
しかし、上の話で出た三つの箇所を直しても解決しないことがあります。その場合はもともとの立ち姿の改善するようにしましょう。

 

なぜなら、人の腕は肩ではなく、実際には鎖骨までつながっているからです。鎖骨周りの筋肉が緊張すると腕の筋肉が力んでしまい、引き分け以後の左腕の突っ張りを生み出します。

 

鎖骨周りの筋肉の上には首から鎖骨にかけてつながっている「胸鎖突入筋」という筋肉が存在します。この部分の筋肉が固くなると、胸周りの関節の動きが悪くなり、腕の動きに影響を与えます。

 

「胸鎖突入筋」を和らげる方法は胴造りで首を伸ばして肩を落としましょう。これにより、首から胸周りにかけての筋肉の緊張がほぐされて、左腕を動かしやすくします。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ