取り懸けで心がけるべき指の位置、力の入れ方

弓を引く動作において、妻手を弦に懸ける取り懸け動作があります。矢を番えて、右手、左手と同じように対し、懐ろ広くゆるやかに構えたる恰好(弓懐)を取り、取り懸けを行います。

ここでは、各流派の射法書に基づき、取り懸けの内容を指の位置、力をかけ方まで説明していきます。

取り懸けでは、指の第三関節を使う

取り懸けるとき、四つがけのときは薬指の第三関節(根元近く)、三つがけでは中指の第三関節で取り懸けます。拇指の頭を薬指の第三関節(初心者にして三つがけの場合は中指の第三節)の所に、帽子の先端が外部より少し見える程度に懸け、人差し指と中指は薬指にそろえるように取り懸けます。

ここで、第三関節に取り懸ける理由があります。それは、行射中に指先に力を加えないためです。

試しに第三関節で取り懸けます。すると、指先がフリーになり、動かしやすくなります。指先には、体の感覚を司る神経がたくさん詰まっています。例えば、「痛い、寒い、熱い」といったものです。もしも、指先近くに取り懸けてしまうと、指先に力がこもってしまい、引いているときの意識が指先に向いてしまいます。

すると、手先で引いたり、会において、指先に力が入りすぎてしまいます。その結果、離れで拳がぶれてしまいます。

ある流派では、取り懸けの「懸」の漢字を「会」と表現しています。これは、取り懸けの段階で、会のときの右拳の状態を作らないといけないことを示唆しています。つまり、取り懸け以降、体全体の筋肉を弓の押し動作に活用するためには、拳に新しい力を加えないことが重要です。

余計な指の握る力が射を邪魔する

打ち起こし以後で、別の力を用いてしまうと、手首や拳に余計なブレや動きが出てしまいます。それによって、弓を押すときに、姿勢の崩れが生じてしまいます。

例えば、取り懸けの説明では、「懸け口十文字」という教えがあります。これは、右手の拳を弦に懸けるとき、右手首に角度を作らないことを表しています。

もしも、指先に力を入れたり、取り懸けで何か別の意識を使ってしまうと、懸け口十文字の教えが破られてしまいます。
すると、矢は真っすぐに飛ばなくなります。

あるいは、指の力の入れ方によっても、拳の構造が崩れます。

例えば、取り懸けでは、人差し指が中指に添うように整えます。この人差し指に力が入ってしまうと、中指によけいな力みがかかってしまい、手先に力が入ってしまいます。

あるいは、小指について同様のことが言えます。取り懸けにおいて、小指は親指の付け根に近づけるように締めます。これにより、手の甲が平面ではなく、少し丸くなります。

大三では、弦が懸け溝にかかって、右拳に力がかかります。もしも、手の甲が丸い構造では、指の位置関係や曲がり具合が崩れにくいです。もしも、小指の締める力がなくなれば、大三でかかる弦の荷重は中指、薬指、親指の爪の上部に
かかりすぎてしまいます。

すると、拳に力が入ってしまい、離れで拳を投げ出すように出てしまう可能性があります。

このように、取り懸けでの指を置く位置は打ち起こし以後、妻手の構造が崩れるか否かにかかっています。そのため、取り懸けにおける、指の位置、指の意識の持ち方は射の技術を向上させることができます。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内