弓道連盟の高段者の内容がわからなくなったときに見るページ

弓道連盟の中で「高段者の言っている内容がわからない」と思う人は多くいると思います。

その人のために「高段者の言っている内容を活用できる具体的手法」について解説していきます。

・拇指球重心で、前屈み姿勢にして→できませんと思ったときの対策法

右手首捻って→できませんと思った時の対策方法

・弓構えで肘を張って、打起こしを低く→できませんと思ったときの対策法

天文筋に弓を当てて、三指揃えて、虎口に弓を巻き込んで→できませんと思ったときの対策方法

・右手首捻って、手の内十文字で大三とって→力が入ってしまうときの対策方法

前屈み姿勢になって→そうすると弓大きく引けませんと思ったときの対策方法

弓構えで肘を張って、打起こしを低く→できませんと思ったときの対策法

右手首捻って→できませんと思った時の対策方法

天文筋に弓を当てて、三指揃えて、虎口に弓を巻き込んで→できませんと思ったときの対策方法

右手首ひねり、十文字手の内で大三とると力が入ってしまう→入らないようにする方法

ちなみに、この方法をさらに詳しく勉強されたい場合は、

全国の弓道連盟の指導者が解説する「根拠、理屈がわからない形式的内容を、全て体に負担なく行えるようにする」のを目的に作った映像教材があります。

それが、「ゼロ重心射法」といいます。

弓道連盟の様々な教えを使える知識へ転換する

足裏に乗っている体重の乗り方と体重の乗せ方を変えると、連盟のいかなる射型にも対応して、射型が変えられるという方法です。

ぜひ、本教材に興味を持ち、弓道連盟の環境下で最大限に弓を引いていきましょう。

正しく立てば、右肘が正しく収まる「最強の右肘」販売中です。(8/22まで割引価格)

無料メールセミナー