射を行う心構えについて簡単に説明しなさい

 射の眼目について
射の眼目は自然の理を動作の上に表現することであります。ゆえに自然を無視して射は成り立ちません。したがって体の構えも、動作も合理的な運びでなくてはいけません。

射を行うにあたっては
1、 起居進退は規矩に従い、教敬敬愛の容儀をそなえ、祖卒倨傲の態度があってはいけません。
2、 男子は威儀正しく、質実剛健、従容典雅であること
3、 女子は優雅のうちに、容姿凛然たること

を心がけることが肝要です。そのために基本的動作、その中に含まれる基本姿勢、基本動作を勉強し、射を行う必要があります。基本姿勢および動作の内容をさらに深く、研究を掘り下げるためにはしかるべき指導者の教えを受けることが望ましい。

理論弓道資格講座

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内