参段:巻き藁練習の効用について述べなさい

参考文献:なし

巻き藁練習の参考文章は弓道教本にありません。したがって、自分で考えて、巻き藁練習のメリットを挙げて、文章にするのが大切です。

 

解答例

初歩の間はもちろん、巻き藁に向かった稽古も大切である。巻き藁の効用には3つあると考えています。

1、射型の確認ができる

巻き藁では的を見ないで行うため、自分の射型の修正に集中できます。

射法射技の基本動作に「目づかい」の項に「物を見ると目に意識が集中し、心身がおろそかになる」と記載されています。射場だけの稽古をしていると、狙うことに集中してしまい、自分の射型が崩れてしまう可能性があります。また、射型が崩れていたとしても、引いている最中に気づけないこともあります。

巻き藁で行う場合、狙い気持ちがなくなるため、弓を引くことに集中できます。そのため、狙っている最中に気づけなかった「射型のずれ」に気づけるようになります。巻き藁で引くことに集中して、縦横十文字の規矩、五重十文字の状態を確認します。そうして、崩れた射型を巻き藁でしっかり直すことで、射場でも正しい姿勢で引けるようになります。

2、息合い、呼吸の確認ができる

体配稽古や審査では、他の人との間合いや状況を把握しなければいけないため、自分の射における動作の意識がおろそかになります。その中で、取り矢の動作や八節の動作中の息合いがおろそかになってしまう危険があります。

3、安全対策、危険防止

初心の方はもちろん、経験者であっても射型のくずれによって、矢が間違った方向に飛ぶ可能性があります。したがって、初心者は射場でも問題なく引ける射型を身に着ける必要があります。そのために、巻き藁を使用し、矢がきちんと巻き藁に真っすぐ刺さるように稽古をします。この段階を踏むことで、射場に入ったときでも安全に弓を引けます。

または、経験者の場合、射場での稽古の前に巻き藁を数本行うことで、適度に体が使われ、筋肉がほぐれます。これによって、射場に入っても自分の引き方をできるようになり、安全に適切に矢を放つことができます。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内