五重十文字、三重十文字について述べなさい

1.五重十文字、三重十文字について述べなさい。

参考ページ
教本第一巻117ページ
教本第二巻26,27ページ

1、弓道で最も重視されるものは、縦横十文字の規矩を堅持し五重十文字の構成が総合的に働くことを射の基本としている。五重十文字は次の五箇所である。
○弓と矢○弓と押手の手の内○弽の拇指と弦○胸の中筋と両肩を結ぶ線
○首すじと矢
「三重十文字」とは胴づくりのとき上方から見て両足底―腰―両肩が一枚に重なり首筋を伸ばし、下半身を安定させるとともに上半身を伸ばす。「三重十文字」は縦線を構成するもので縦線の構成の「五部の詰」と称するものとの組み合わせ、このしっかりとした十文字がなければ会での天地左右の「伸び合い」が不完全なものとなり、自然の離れができなくなくなる。三重十文字は射の終了まで崩してはならない。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内