少し、強めの弓を用いると、圧倒的に弓を引きやすくなる

 

 

・少し強弓を使うと、全身の筋肉を効率よく使えるようになる

 

・2ー3kg程度の弓を使う

 

・足踏み広め、膝関節を曲げて行う

 

・10射で十分

 

・引けなくて全く問題ない

 

・射型が崩れそうと思った時の対処方法

オリジナルテキストをダウンロード

 

 

 

スタートアップ弓道コミュニティのご案内