初心者が早く楽に引けるようになる「弦がらみ」の具体的手法を公開

今回は、初心者がうまくなるために絶対に勉強した「弦がらみ」についてご紹介します。

早く覚えれば、めちゃくちゃ早く楽に弓を引けるようになります。この弦がらみを覚えれば、

・右手首の曲がりがなくなる

・引き分けでの無駄な力みがなくなる

・離れもスムーズに出やすくなる

ので、ぜひ覚えましょう。ここでは

・弦がらみの具体的手法

・なぜ、弦がらみを行うと、手首の力が抜けるのか?

・どんな人も弦がらみを行う方法

について詳しく解説していきます。ぜひ、覚えましょう。

中指と親指の間を狭くし、高ーく上げる

取り懸けの時に、少し中指と親指の間を狭くします。

ここで、取り懸けするときは、右手中指の側面に親指を乗せるようにしてください。

この状態で、高く打起こします。

そして、左手で押してください。

すると、右手の親指にしっかり弦がかかります。

こうすると、親指の下に中指がしっかりかかり、右手の関節、構造が安定します。

このように、弦を絡ませることで、右拳をしっかり安定した構造を作るのを弦がらみといいます。

こうすると、良いことがめちゃくちゃあるんですね。

引きやすく、離れ動作がしやすくなります

中指と親指の間を締まると、右手首が曲がりにくくなります。

そうすると、たぐりの防止につながります。

引いている最中に、右手首の力みが抜けるんですよね。そして、この力が抜けた状態は、最後まで維持できます。

右手首に力がかかってしまうと、右肘を肩より後方に引き込めません。しかし、右手首の力が抜けてると、肘を後方より動かしやすくなります。

そして、右手首の力が抜けているため、弦から、離しやすくなります。

 

なぜかというと、弦のかかる力によって拳が締まるからです。

例えば、右手を思いっきり握りしめるようにしてください。めちゃくちゃ右拳が硬くなりますよね。こうすれば、右拳の形は崩れません。

しかし、こうすると力が入りすぎてしまうため、大きく弓を引けないんですよね。

そこで、別の方法を考えます。左手のひらで右手を包むように握り、潰すようにしてください。このあとに右拳の力を抜いてください。

力を抜くと、より右拳がクシャッっと敷き詰まりますよね。右手の中の力が抜けていますね。

このように、手自体の力は抜けているが、右拳の力がかかって構造がしっかりした状態が作れます。すると、右手首の力が抜けた状態で弓を楽に引きやすくなります。

この状態が「弦絡み」によって作ることができます。

 

 

 

 

 

オリジナルテキストをダウンロード

 

 

 

スタートアップ弓道コミュニティのご案内