初心者からできる、しっかり押せる手の内を作る練習方法

ここでは、初心者から弓を引きやすく、確実に的中を手に入れるための「練習方法」について解説していきます。

初心者が弓を引いていて、最初は

・左腕が突っ張る

・左肩が上がる

・左手に力が入ってしまう

など、「体の左側」から問題が起こることが多いです。

そのため、出来るだけ早く左腕でしっかり押して、的中できるようにしなければいけません。

今回は、初心者が左腕でしっかり押せるようにするための具体的手法についてご紹介します。

 

・弓を軽く握るように意識する

・弓構えで左腕を力みを完全に抜く

・打起こしから大三で左腕に力が入らないようにする

・極力大三で左拳に力が入らないように「入れ方」を変える

・少し強めの弓を使って稽古する

この四つを行い、繰り返すことで、あなたの左腕はしっかり押せるようになります。

 

・まず、軽く握ることを意識しましょう。

最初に弓をもつ時に、極限まで軽くもつようにしてください。この時の要領は「左手でしっかり押せるようになるための練習方法」でも詳しく解説されていますので、そちらを見てみてください。

・人差し指、親指の間と弓を少し開ける

・三本指も軽く添えるくらいに握る

・中指、薬指の付け根は弓から離すようにする

これを意識して、弓を持つようにします。

 

2、片腕で弓を支えれば、左腕の力みは抜ける

次に、左腕でしっかり弓を押す練習を行います。

 

3、

 

オリジナルテキストをダウンロード

 

 

 

スタートアップ弓道コミュニティのご案内