臍下丹田より簡単で意識しやすい上半身の姿勢の整え方

胴づくりは上半身の姿勢を整える動作です。胴づくりの内容を理解すると、射型が整い、癖が起こりにくくなったり、調子を落としにくくなったりすることができます。

 

ただ、胴づくりでは、「心気を安定させる」や「下腹に意識をこめて」といった抽象的な説明が多いです。そのため、なかなか上半身の姿勢の保ち方を理解できない人も多いです。

 

しかし、弓道教本を眺めると、「臍下丹田」「下っ腹に気を収める」といった内容以外に重要な内容があります。この動作を行うことで、上半身の整った胴づくりを身につけることができます。ここでは、「臍下丹田」より重要かつ容易に行える上半身の姿勢の作り方を解説していきます。
 
 簡単にできる胴づくりは「胸を落とす」こと
胴づくりの内容で、誰でも簡単に行える動作があります。それは、「胸を落とす」ことです。

 

胸を落とすためには、両肩を落とします。つまり、胴づくりを行うときに、呼吸を整えて肩を楽に落とすのです。これによって胸周りが落ち、上半身の上部がすっきしした心持ちになります。

 

実はこれだけでも、胴づくりにおける姿勢を身につけることができます。その理由は両肩を落とすことによって、両肩のラインが自然とそろうからです。弓道の姿勢で大切な三十重文字の姿勢は両肩を落とすことで自然と形成されます。

 

さらに胸周りの筋肉が下に落ちて、上半身の重みがお腹に落ちます。これによって、気持ちが落ち着きます。胸周りが下に落ちることで、横隔膜が下に下がります。すると、胃袋が下から圧迫されなくなるため、気持ちが和らぎます。肩を落とすと自然と気持ちが落ち着くことが確認できます。

 

胸を柔らかにするということは、保健の上からも射法の上からも絶対に重要である。胸をやわらかにするために胸を落とすということは同時に肩を落とすと言うことに重大な関係をもつからである。すなわち胸を落とせば肩は自然に落ちるものである。肩を落とすということは弓を射るときに必要な姿勢であるからである。〜鈴木伊範士〜

 

臍下丹田とか重心とか気息とか関節を正しくつなぐとか難しく言われると、胴づくりは難しく聞こえますが、この肩を落とすという動作は誰でもできて、イメージしやすく、かつ、胴づくりで大切な体構えの一つです。

 

簡単にできるし、行うと、上半身の無駄な力が抜けるのが容易に確認できます。これによって打ち起こしがしやすくなり、引き分けで無駄な力が入りにくくなります。射と行う上で是非とも意識したいことです。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ