適切な胴づくりにおいて、最初に行うべきこと

胴づくりは上半身の形、筋肉の状態を胴づくりの内容を整える作業です。上半身を適切な姿勢を整えると、引き分けで両肩が崩れにくくなり、弓を正確に引くことができます。さらに、矢をまっすぐ放つことができ、的中率も上げるkことができます。

 

上半身の整体を身につけるのは、一見難しいように思うかもしれません。しかし、胴づくりで行うことはほとんど決まっており、まずそれらの動作を行なうことから始めます。それにより、上半身を整える動作が容易になります。

 

そのためには、範士の先生がおこなって胴づくりの内容を読み解く必要があります。ここでは、範士の先生の文章から、胴づくりでおこなうべきことを整理していきます。

 

 首の骨を整える

胴づくりで多くの人が意識されていることは、「首の骨を整えること」です。腰から首までかけてつながっている背中の骨の中で、首の骨は頂点に当たります。この部位が崩れてしまうと上半身全体の姿勢に影響をします。

 

そのため、首の骨をまっすぐ正すように、首の筋肉を伸ばします。これにより、腰や背中といった中心部ではなく、末端部が伸ばされるため、中心部の関節や筋肉の負担を軽減することができます。

 

範士の先生の射の説明を見ると、胴づくりにおいて、「腰」「背中」「下っ腹」以外に、「首」の関節も考えて、首の筋肉を伸ばすことを行っているのがわかります。

 

般に顎から上に脊骨から頸椎を通し、真っ直ぐに伸ばして胴体を安定させる。一般に顎から上がおろそかになりやすいが、これに十分に注意して少し意識的に頸椎を真っ直ぐに立てるようにすれば、脊柱も伸びるのである。〜宇野範士〜

 

総ての関節、すなわち足指の関節から足首関節、膝関節、股関節を足踏みのところで述べたごとく、自然の形に正しくつなぎ合わせ、その上に腰骨が座り、脊髄関節が首を通って頭までまっすぐにとおっているようにする。
・・・・・頭上は天に向かって無限に伸び、下体は地底に無限に徹る気持ちである。〜千葉範士〜

 

肩根を下げ、首は上に伸び、腕も脚と同じく故意に力を入れず、筋肉は全体を軟らかにして自然にゆだねるのである。〜千葉範士〜

 
 首の骨を整えることで腰がどっしり乗る
そして、これらの動作を行うことで、上半身全体の重みがしっかりと下半身に乗ります。これを「どっしりと体重が乗る」「下っ腹が充実する」という言葉で表現しています。

 

これらは、その人の「内観」で話しています。自分の内部感覚で説明しているため、表現が個性的になります。しかし、各先生の言葉を眺めてみると、「どっしりと乗る」とよく表現されています。

 

フンワリとした足踏みという土台に二脚が出来、その上に腰骨をでんと乗せる。それは木綿の手拭いを下げた感じではなく、ドッシリと重みのある縮小の良い踊り用の手拭いを下げたフンワリとした気持ちである。
 
力があると言えば、どこにでも入って居るし、無いと言えばどこにもないという風な、ドッシリとした軟らかさが望ましい。〜千葉範士〜
 
どっしりした感じの胴づくりができたときは、足踏みも適正になされているときで〜佐々木範士〜

 

あるいは、胴づくりがしっかりできていると「丹田(下っ腹)が充実する」とも表現されます。胴づくりにおいて、適正な胴づくりを丹田を使って説明することが多いです。

 

気息を臍下丹田に収め、従容として無我の境地に入るの心構えでないといけない〜松井範士〜

 

腰がしっかりし、丹田(下腹)の筋肉を緊張する直立不動こそ、最も強き体勢である〜安沢範士〜
 
このように、「どっしり」や「丹田が充実」といった言葉がよく使われます。表現こそ違いますが、共通している内容は上半身の体重がしっかり下半身に乗ることです。

 

上半身の重みが腰の中央に乗ると、「どっしり」という感覚がよくわかります。前に乗ると、体がかがんでしまい、「気を付け」のような緊張した姿勢になります。反対に後ろに乗ると、みぞおちから上部が抜けた感覚になり「休め」の姿勢になります。

 

そのため、胴づくりでは上体の重みが腰の中央に乗ることが大切です。そのためには、首の後ろ側を伸ばすようにします。肩を落として、首の骨を真上に伸ばす気持ちで背中から首にかけてまっすぐ伸ばしましょう。

 

このときに、足裏の重心は土踏まずやや前方に置きます。後ろに置くと姿勢が反ったり屈んだりします。体全体が少しだけ前傾するように上半身を整えます。

 

すると、見た目は頭、肩、腰、足裏まで、上から見て一枚に重なるようになります。その姿勢でやや前傾の姿勢をとると、

腰回りに体重がしっかり乗ります。

 

このように、胴づくりで行うべきことは首を伸ばすことから始めます。そのうえで、やや前傾姿勢をとるように傾けると腰回りに体重がしっかり乗り、自分の感覚では「どっしりのる」感覚になります。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ