大三やること

引き分けを行う際、今日行われている方法は、左手で弓を圧し開き、右手はその弓弦の力で腕関節の所で左方へ折れ曲がります。結果的に矢束の三分の一ぐらい弓を引き開きます。この状態を「大三」といいます。

昔、小笠原流の射法を習っていた先生の話では、「ダイサン」という言葉を使わず、「肘力(ちゅうりき)」と表現していました。今日また肘力の内容が変わって「中力」だとして、このダイサンの時の間を保つ間の中間の力を「中力」というとする人もいました。

このように、大三は「押し大目、引け三分の一」といわれ、他にもいろんな呼び名がありました。

大三でやることまとめ

@弓手の肩は足踏み方向に押し開く。

A勝手の肘を張る、これにつられ、右手は弓弦の力で左方に折れ曲がる

大三は動作が少ないため、やることが少ないですが、大三の形大三は形や力の働きが、引き分けに大きな影響を及ぼすだけにきわめて大切です。

大三で気をつけなければいけないこと

弓手

□肘は突っ張らずに肘に少し余裕を持たせておく。

□手の内は崩さないこと。

勝手

□勝手の肩が後ろに引けないようにすること。

□勝手の肘を張ること

見た目

□なるべく肩に力を入れない(弓手の肩は多少は上がっても許される)

□矢の向きは平行、または水流れ(矢の向きが地面に傾いている)に保つ。

正面打ち起こしでの打ち起こし→大三の移行は非常に難しいとされています。難しい理由は斜面打ち起こしでは打ち起こしの終えた一が大三の位置であるが、現在の正面打ち起こしでは、打ち起こしを終えた位置とは大きく違っているからです。

なので、打ち起こし〜大三の移行は慎重に行わなければいけません

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ