半念半弱、恵休善力より、引き分けでの合理的に肘を収めるには

弓構えをした弓を手前正面に引き取り、番えた矢筈のところを正面にして?を結び、手の内を整え、弓懐を作ります。

 

そして、打ち起こし以後、五分の詰めや自然な離れといったスムーズに射を行なわなければいけません。そのため、取り懸けでの右拳、右指の働きを理解する必要があります。

 

尾州竹林では「受懸」「載筈」「半捻半弱」と「恵休善力」という説明があります。この二つを理解すると、引き分けでの肘の理にかなった納め方、さらに自然の離れを誘う、どこにもひっかかりのない離れを理解することができます。

 

 二種類の取り懸け方法
取り懸けには「受懸」と「載筈」の二つの方法があります。

 

受懸は筈の下七センチ〜十センチの辺で拇指の腹を弦に一文字に懸け、帽子の上部に弦が軽く振れる程度のところまですりあげて?を結ぶ方法です。イメージは日置流の取り懸けの「懸け口十文字」の説明と同じものです。

 

受懸の利点は五重十文字の一つで教えられる「懸と弦との十文字」の法にかなうことです。さらに、筈に少しも支障なく矢を素直に発することができることです。

 

載筈とは人差し指の横腹と弦で筈を押さえる?の結び方です。これは筈に支障が生じやすく矢を発した場合、矢色がつくので、この方法は用いません。

 

取り懸けを行う際、右肘は自然に折り曲げ、肘先が下がらないように、かつ張りすぎないようにします。手首も故意に曲げすぎないようにします。

 

 引き分けでは右拳を少し捻り、後半で少しゆるめる「半捻半弱」
取り懸けで弦をひねる教えがあります。

 

やり方としては取り懸けした拳の力を抜いて、右肘を基幹として二の腕全体を少し内側に捻るようにします。拳だけひねるとひねりすぎになってしまい、矢を正直に離すことができません。

 

このひねりは各人の腕の骨格によって、度合が変わり、受け腕の人は少々ひねりを強くし、曲陸腕の人はひねり不足が良いとされます。

 

そして、引き分けで少しひねられた状態で引き分け、引き分けの途中まで(射の現在身)の半分のところまでは弦をひねり、後半分はそのひねりを弱めるように引いていきます。

 

このように、弓構えで少しひねった右腕全体が引き分けで少しひねりが戻るのを「半捻半弱(はんねんはんじゃく)」と言います。

 

射の前半で少しひねった状態で進める理由は弦をひねる心持によって右肩が抜けにくくなるためです。これにより、肘と肩の関係を正常に保ち、正直な五分の詰めを得ることができます。

 

そして、後半でそのひねりを弱める理由は自然的な離れを得るためです。矢を正直に出すために、ひねる意識をすてます。

 

引き分けで、肘を納めるために「ちょっとひねって」後半では離れのときにそのひねりが邪魔になるのでその「ひねりをとる」ことを行います。

 

これにより、肘の納め、どこにもひっかかりのない離れにつなげることができます。
 
 右手の指の働き「恵、休、善、力」
取り懸けをしてから、射の進行における右手の指の働きについて、「恵、休、善、力」という教えがあります。

 

この四文字の漢字は指の事を指しています。恵は親指、休は人差し指、善は中指、力は小指を表します。

 

そして、それぞれの指の力の働きは

 

 恵(親指)→指に力を入れず、いつでも惜しみなく恵む心で離れる用意をする
 休(人差し指)→帽子を押さえないよう、また、故意に伸ばさないように、自然の形で中指に添える
 善(中指)→結んだ?が弦に引かれても解けない程度の力で支え、拇指の頭を善きほどに結ぶ心で取り懸ける
 力(薬指、小指)→ほどよく力を入れて握るこの二指が適度に握り締まれば、肘も適度に締まります。

 

小笠原流の取り懸けの説明では、中指は人差し指に添えることで、親指を握りしめない程度に抑えると説明しています。

 

日置流の取り懸けの説明で「小指を締める」という説明があります。これは小指を締めることにより、弓と拳がより締まることを利用した親指根(角見)の押しの助長と上押しを効かせて離すためです。

 

尾州竹林でも同じく、親指と中指のように弦にかかる指は軽めに握り、小指、薬指は握ったほうが良いと説明しています。

 

これは、親指、中指を握ることで、自然な離れを出すため、小指、中指を握ることで、肘を生かし、引き分けでの肘と肩の納まりをよくするためです。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ