大三で心がけるべきポイント3つ

引き分けには弓を左右均等に力の過不足なく押し開く動作です。その間で「大三」を取りますが、大三でいくつか留意点があります。この部分をおさえることで、次の引き分け動作を適切に行うことができます。

 

ここでは、各達人の話している大三の説明から、大三でおさえておくべきポイントをまとめていきます。

 

 両拳、矢は水平にする
両拳・矢の高さもともに平行になることを心がけます。両拳の高さが揃っていないと、次の引き分けで肘が伸びきって肩が上がってしまう原因になります。あるいは、手首が曲がったり手の内がうまくはいらない可能性があります。

 

中段の肩を平らにし、それを上段の拳を押し開いて平行にし〜神永範士〜

 

「弓構え」のとき肩のつりあいが壊れぬよう、左肩が突っ込んだり上がったりせぬよう〜高木範士〜

 

矢が足踏みの線と平行で水平になるようにし、矢束の約半分位を押し分ける〜高木範士〜

 

ただ、左拳が右拳より少し下がるのは問題ありません。つまり矢先が下に下がるのは射において差しさわりはありません。これは、左肩は右肩より弓の負荷がかかるため、少し控え気味にしておいた方が押しやすいからです。この形を「水流れ」と呼ばれています。

 

左手は左肘の辺に的が乗る位に支え、右手は前面から額が見える高さを保つ。このとき矢は「水流れ」といって、体と平行に的に向かって矢先が下がるのが良い〜宇野範士〜
 
下端部を持つわれらの弓は、番えた矢が弓とはすでに直角でなく、軽い傾斜ーいわゆる水流れに番えられていて、打ち起こしの場では、弓体はやや的の方向に前傾しているはずである。〜祝部範士〜

 

 右拳は引かれて額前方に落ち着く
大三のときは弓手だけを動かして右拳はなるべく自分で動かしたり、手首をひねったり、握ったりしないようにします。

 

弦に引かれる過程で右拳を握ったり意識的に動かしてしまうと、右拳の取り懸けの構造や右拳に弦の引かれる負担がかかってしまいます。この状態で引くと、拳で引く射になってしまい、手首に力が入りすぎたり曲がったりしてしまいます。

 

右肘は左肘と違って自分の眼では見えないので、自分でひねろう、握ろうと意識すると、思った以上にひねっていることが多いです。なので、弦の引かれる動きを受ける気持ちで右拳を動かす必要があります。

 

右手は臂から先を弦に引かれるままに左手へつけてやる気持ちで、右肘で弦の働きを受ける。右拳は前額の辺で眉の辺より高く〜高木範士〜

 

 左拳で押し、肘は的に落ち着く
大三で左拳を主にして押し開き、左肘が自分の眼で見て的と重なるくらいの場所まで押していきます。左拳で押すときは上押しにならず、下押しにならず、中押しで押していきます。

 

このとき、左肘は伸ばし切らないようにしましょう。ひじ関節を少しだけ曲げた状態で押していくと左腕が突っ張らずに押すことができます。

 

正面打ち起こしの両拳の平面内で左手を的の方向に押し回し、・・・左拳は「打ち起こし」のときの平面内を的の方に運んでほぼ右拳と同じ高さにとどめ〜高木範士〜

 

このように、「両拳は地面と平行にする」「右拳は額より拳一個分上につける」「左肘が的につける」といったことを留意することで、大三で力の配分は左右対称になります。それによって、力の過不足なく引き分けを行うことができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ