初心者用射法八節プチ理論〜まずはここを覚えよう、弓構え、打ち起こし〜

初心者はまだ、知識も考え方も何もない状態から弓を引きます。そのためにあまり、難しい内容に手をつけず、自分のできるところから初めていく必要があります。

 

例えば、教本第一巻で胴づくりの文章を見ると、「総体の重心を腰の中央に置き、心気を丹田に収める」と書いてあります。

 

弓を引いて間もない人が、「総体の重心」とか「心気を丹田におさめる」といった文章を頭に入れて、八節に取り入れようとするとかえって射に悪影響を及ぼします。ここでは、初心者でも取り組める、八節の内容を取り入れた体の使い方を紹介していきます。

弓構え
弓構えの中には取り懸け、手の内、物見の三つの動作が含まれています。又正面の構えと斜面の構えの二通りがあります。初心者はまず、正面の弓構えを理解しましょう。

 

弓構えでは円相(弓懐)を心がける
肘と肩を楽にして、少し肘を外に張るような気持ちで円を作ります。このときの弓と弦を持つ手は固く握りすぎないようにしましょう。

 

拳が前に出しすぎると上半身が前にかがみやすく、近すぎると、反ってしまいます。弓を軽く握れて、肘と肩に無理のない弓懐をつくるように心がけましょう。

 

取り懸け(三つ懸け)は中指の第二関節の指の側面で取り懸ける。小指、薬指は握る。
小指、薬指を握ると自然に中指も曲がります。これにより、中指が取り懸けやすくなります。小指、薬指を曲げ、その流れで中指を取り懸けるようにしましょう。

 

取り懸ける位置は第二関節の指の側面で取りましょう。指先近くで取り懸けると、引き分けで指先に力が入ります。その結果、離れがたぐったりゆるんだりします。

 

手の内は何も考えずに軽く握る。中指、小指、薬指は中指につま先をそろえるだけでよし。
手の内は弓を固く強く握らないことです。固く握ると弓の反動力や左腕の押す働きが殺されてしまうからです。昔の弓術書の本を見ても「弓を軽く握る」ことを文章にはっきり残してあるので、間違いありません。

 

そして、最初握るときに「小指」「薬指」「中指」をそろえることだけ行えば問題ありません。指をそこまで強く締めようとしなければ、そろいやすいです。

 

初心者の内は天文筋に当てて、引き分けのときに握らない。なるべく、大三のときも握らない。「ぎりぎり〜」と握りしめた音がならないように、軽く握ることを心がけてください。

 


物見は右目頭が的の中心に入るくらいしっかり的方向に顔を向ける。
目頭とは、目の部位で鼻に寄っている方です。これを的の中心にくるように顔を見てください。

 

よく、自分の射形を見るために、打ち起こし、大三で顔を的ではなく、正面に向け、鏡を見ながら引いている人がいますが、それはよほど矢数かけた人に限ることです。

 

初学人はなるべく、射場で引くときは鏡を見ないように、射を行ってください。これは、審査の感覚と普段から養うためです。

 

「物見」は顔を向けたとき、顔が左右どちらかに傾かないようにしましょう。顔が傾くと導繰りも一緒に前や後ろに屈んだり反ったりします。

 

打ち起し
両拳を同じ高さにして、弓を持ち上げます。

 

肘の角度は後ろから見て、45度以上にくらい、とにかく高く上げる。
打ち起こしはなるべく高く上げましょう。右手からすくいあげるようにあげるとなお良いです。

 

肘の角度が45度となっていると大三の形がキレイに整いやすく、引き分けも「肘で引く」という感覚を養いやすいです。

 

足踏み、胴づくりが完成したら
弓構えで手首や腕に力を入れず、肘を外から張り出すようにして「円相」を作ります。そして、取り懸け「小指、薬指」と握り、「中指を懸け帽子に第二関節側面」に当てます。

 

手の内中指、薬指、小指のつま先をそろえてなるべく固く握らないようにしましょう。そして、胴づくりで作った真っ直ぐの上半身がここで屈まないように、物見を入れます。

 

その状態で、打ち起こし、両拳が肘の高さ45度の高さになるまで上に上げましょう。このとき、弓構えでつくった円相、手首に力がはいらない形を維持して、あげましょう。

 

弓が照る人は気持ち小指を握って、弓を自分の体より前に傾けてましょう

 

こんな流れで八節を意識してできたら問題ありません。八節各動作の中で心がけることひとつ、二つあれば十分です。一つ一つ稽古に取り入れながら弓を引いてみましょう。上達のスピードが格段と上がります。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ