真面目な人ほど弓道に向いている理由

ここでは、当サイト内でしか話しませんが、実際に私がアドバイスをし、圧倒的な実力を身につけた人たちの考え方について解説します。

そのポイントは1つに集約されます。

「真面目な気持ちでコツコツ稽古に取り組む」

弓道の世界で実力がグングン伸びていく人は皆この思考を実践しています。

真面目な人ほど積極的に弓道を学ぼう

弓道は、柔道や剣道と違って、女性男性と対等に稽古する武道です。

そのため、体格、筋力、年齢に差が出ないため、本人がどれだけ努力をし、稽古してきたかで実力が異なります。

そのため、知識を積極的に吸収し、真面目な方ほど積極的に勉強するようにしましょう。これは、自分で勉強するときのみならず、指導者を選択するときも同様です。

資格や実力ではなく、真面目な性格な指導者を選択する

例えば、高段者や大会で結果を出している人は自分のやり方や経験をお伝えします。

「私は〇〇をやったことで、結果が出た、成果が出た、だからあなたも〇〇をすれば結果が出る」

このように、すでにすでに成功した人の話を聞いても、あなたにとって活かせるものはほとんどありません。

そのような結果が出たのは、その人が優秀だったからであり、不器用な人にとってはその教えを吸収することも実際に活用することもできません

さらに言うと、武道の世界ではそういった貴重な情報は教えてしまうと真似されてしまうのを恐れます。そのため、ほとんどの人が親切に教えることはありません。つまり、高い資格や実力を持つ人ほど、本当の有益な情報は手に入らないと考えても良いでしょう。

これは、弓道に限らず、世の中の様々な武道の世界でもある事実です。

しかし、真面目にコツコツ勉強されている人の場合、きっと違う回答が返ってくるでしょう。

「おそらく、あなたが実力が出ないのは射癖がとれていないからだと思います。その射癖を直せば、今よりも引きやすくなり、的中も確実になると思います。

そのためには、その射癖を直す必要がありますね、その直し方は・・・・・・」

このように、真面目でコツコツ頑張れる人の場合、あなたにとって行うべき道筋をキチンと提案できます

そのような人の教えは間違いなくあなたが今後練習していくにつれ大切なものになるため、ノートにまとめて忘れないようにするべきです。

こういった「生の体験」を吸収しておくことで、稽古で本当にやるべきことがわかります。そうして稽古していくことで、あなたの実力は確実に伸びていきます。

弓道の世界では、指導者が圧倒的な実力を持っていなくても、受け手が圧倒的な実力を持つことが多いです。

例えば、インターハイの国体強化選手に選ばれる人の高校の先生を見ると皆称号者の資格を持っているかというとそうではありません。

私の知っている方では、指導者がいない環境で国体強化選手がいることもあります。

つまり、実力を高めるには、周りの環境ではなく、本人が真面目にコツコツできるかにかかっています。

そのため、あなたが結果や的中といった「数字」ではなく、体の仕組みや引き方といった「内容」を持って弓を学びたいと思った場合、真面目な気持ちでコツコツ取り組む姿勢を構築しましょう。

さらに、それに必要な弓の引き方の理論や実践方法は全て、当サイトに載せてあります。後は、あなたがやるかやらないかです。

理論弓道資格講座

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内