浦上範士の足踏みの教えから弓の押し開く力配分と姿勢の影響を理解する

足踏みでは、両足の体重は左右対称に置くように教えられます。ただ、流派によっては足裏の力をかけかたをこのように説明している先生もいます。

 

日置流では左はつま先に、右は踵に力を入れるように教えている。こうすれば上体が前に出たときは無意識に左爪先で支え、後ろにかかったときは右踵で支えるから前後に動揺することはない。〜浦上範士〜

 

このように、左足はつま先に力を入れて、右足は踵に踏むと左右の足で力のかける部位を変える教えもあります。弓を引くとき、特に前に出やすい上体の部分は「左胸」で、後ろに出やすい部位は右肩です。そのため、この二つの部位が前後に出ないように足踏みで防ぐと説明しています。



 

 左右の足で力のかけかたを変えることで、弓の押し引きを円滑に行う

矢束いっぱい弓を引き、会の状態で左肩というのは丁度真ん中に位置しています。つまり、左拳と同じくらい弓の抵抗力が響き、関節の収まりがはずれやすい部分でもあります。

 

なので、引き分けのときに、左肩は弓の抵抗力が強くかかるため、一番型がくずれやすい部分です。また、後ろに引け気味になりやすい部位でもあります。

 

そのため、左足はつまさき付近をより強めに押し、左腕をより強く押すようにします。反対に、弦を引く力が強いとその分弓は押し開きやすくなります。

 

このときは、右肩が弦を引くときの荷重の受けが強いと弦を自分の後方にひきつけやすいです。そのためには右足は爪先よりも踵付近を強めに押した方が弦を引きこみやすくするのです。

 

 左右の体重の乗せ方を変えたことによる姿勢の影響

ただ、この足踏みの体重の乗せ方には一つ欠点があります。それは右腰が後ろに引けてしまい、引き肩になってしまうことです。

足踏みの足裏の体重の置き方を変えることで、胴づくりが崩れないように注意します。

 

左爪先に力を入れ、踵に力を入れると両腰への力の伝わり方が変わってしまうため、腰がねじれる可能性があります。そのため、胴づくりが崩れます。

 

これと似たような現象に、左足を広めに踏む丁字の足踏みがあります。丁字の足踏みでは、足先の角度を変えることで、左腰が抜けやすくなるため、左腰を少し内側に入れる心持が大切であると説いています。

 

足踏みで半丁字の足踏みは胴が左斜向きになり、左肩が逃げやすい〜鈴木伊範士〜

 

そのため、実際の稽古では、足踏みの足裏の体重の置き方を変えることで、胴づくりが崩れないように注意します。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ