礼射、武射系統の足踏みを理解する

ここでは、2種類の足の踏み方に関して解説していきます。

 

 礼射と武射の足踏みを理解する
足踏みの仕方は二通りあります。一つは小笠原流の礼射系統の足踏みです。左足を半歩踏んで、右足を左足まで引きつけてそこから踏み開きます。
 
的の一直線上に左爪先を矢束の半分くらいを60度くらいに踏み、的を見込んだまま、右爪先を左足の近くまで引きつけながら、描く気持ちで矢束の残りを踏む据える。〜高木範士〜
 
的の中心とそのつま先とを直線で結び、その延長線上に右足の位置を推定し、眼を右足先に注いで右方に踏み開く。〜富田範士〜

 

武射系統の足踏みは左足を半歩踏み開き、右足は左足に引きつけず、半歩踏み開きます。これが武射系統の足踏みです。

 

 

 

 

上、礼射系統の足踏み、下、武射系統の足踏み

 

 

礼射系統の足踏みは流派でいうと「小笠原流」、武射系統の足踏みは「日置流」に当たります。

 

 礼射系統、武射系統の開き方が変わることによる射への影響
礼射系統の足踏みは古来の儀式を取り入れ、弓の稽古に生かしています。そのため、小笠原流の歩射には「立ち姿」という立ち方にも体の構え方、上体の説明があります。この立ち方の説明は教本でいう「執り弓の姿勢」に当たります。

 

そして、立つときは、足裏から項まで伸ばし、上半身を整体した「胴づくり」をすでに射場に入る前にすでに行っているのです。すると、足踏みのときに、足を踏み開くことだけ考ると、執り弓の姿勢のときに両拳、両肘、眼遣いといった基本で整えた姿勢が崩れてしまう可能性があります。
 
そのため、膝を伸ばした状態の方が背筋が伸びるため、見ため均整のとれた姿勢に見えます。

 

そのため、礼射系統の足踏みは、膝を屈しません。これは膝を屈すると、上半身の姿勢が崩れてしまいます。あるいは、足踏みのとき、目線は的方向に注ぎ、足の位置に眼を注ぎません。これは、目線を変えると、心のまとまりに欠け、胴づくりの崩れにつながります。

 

そのため、礼射系統の足踏みは上半身の構えを崩さないで、足踏みをするという特徴があります。足踏みのときに上体の整体を崩さないことに重きをおいています。

 

一方、日置流の武射系統の足踏みの考え方は、足踏みがずれると狙った獲物を正確に射ることができないため、足踏みの親指先をしっかり的に合わせるという狙いの正確さを確実に合わせることに重きをおいています。

 

そのため、武射系統の足踏みは、別に膝を屈しても問題ありません。胴づくりを崩れることより、狙いがずれることの方が問題だからです。目線を的方向に移して、足踏みの先がずれるくらいなら、しっかり足先と的の中心を目で確認して行うことが大切と考えて、足を開きます。

 

ただ、どれが適しているのか、良いのかというのは判断できません。少なくとも、礼射、武射の足踏みを行うことで、得られる効果は上のようなものと考えられます。大会や的中を争うときは武射系統の足踏みで狙いをより正確にするよう足踏みを使い分けることができます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ