足裏に均一に体重をかける方法を理解する

範士の先生の言葉から足踏みで体重のかける部分がどこが理にかなっているのかを考えていきます。みなさんは足踏みのときにどこに体重をかけていますか?拇指球に意識してぐぅぅってかけていませんか?

 

足踏みで踏ん張ったり、力を入れたりすることはせず、足踏みで体重のかけかたは上半身の体の使い方が大切と考えています。

 

範士の先生は次のような言葉を残しています。

 

足踏みを行うときの動作は、立つという気持ちではなく、大地に足を置く感じが良い。天地人一体の境地であるから、体は天地の一部分であるのが理想である。〜千葉次範士〜

 

これは、弓道教本第二巻に載っている「足踏み」の説明です。立つではなく、大地に足を置くとあえて複雑に話しています。このページでは大地に体を置く感じの足踏みはどういうものかを説明していきます。

 

 足踏みの踏むではなく、大地にからだを置く感じとは
ここで二通りの足の踏み方を説明します。一つは拇指球に体重を乗せるため、拇指球周りギュッと体重を乗せるようにし、あるいは「腰を入れる」「丹田を張る」と言って腰を動かしたり、下っ腹を固くするように立ちます。

 

二つ目は足を開いて後に、首を伸ばして両肩を落とします。頭を10センチ上に持ち上げるようにし、両肩を耳元から垂直に落とすようにして、上半身をゆったりさせて立ちます。
 
足は最初から力を入れない。うなじをのばすと両肩が落ちて開き、ヒカガミを伸ばす〜神永範士

 

この二つの立ち方を行うと、ある違いが生まれます。それは足裏への体重の乗り方です。

 

前者のように、体重を拇指に乗せるように立つと下半身に無駄な力みがはいり、膝関節、足首関節に余計な緊張が入り、正しくつながった関節のつながりにズレが生じます。このズレにより、足裏への体重の乗り方がつま先や踵など部分的にかかります。全体に均一に足裏に荷重がかかりにくくなります。

 

足裏に荷重が均一にかかっていない状態で射を行うと狙い目のズレにつながります。足裏への圧力が不均一ということは足裏のどこかに隙間が出ているからです。土台に隙間があってずれていたら、矢は真っすぐに飛びません。

 

後者のように立つと、、膝関節、足首関節に無駄な力みがないため、上半身に無駄な力みが取れて、全身がゆったりした状態で立つことができます。
 
 足裏に体重を均等にかけるには
拇指球に体重をかけようとして、上体を前屈みにしたり、腰をいれようとして腰を動かすと、上半身の体の部位、例えば頭、首、肩と言った部位が微妙に前にずれます。こうなると、姿勢を保つのが難しく、脚に力を入れたり、足裏で踏ん張って、前後に出た頭や首を支えようとします。これが足裏の重みとなり感じます。

 

逆に、首を伸ばすことで、頭や首を必要以上に前後にずれることなく、両肩を落とすように力を抜くようにすると、頭、首、肩が前後せず、足裏の重みとして感じることはありません。

 

このとき、足裏はフンワリ、ピッタリと自分では体重をかけていないんだけれども、足裏には圧力がかかっています。これは、首や頭といった部位支えようと踏んばっているのではなく、地球上の重力が足裏にかかっているのです。

 

地球上の重力は足裏のどこの部位だろうが、均一に圧がかかります。さらに、体の各部位は上方から見て正しく一枚に重なっているので、上半身の重みによる足裏へかかる圧力の分布も左右前後同じになります。

 

足踏みがしっかり行えているかは足裏で確かめます。特別な部分に力が入っていたり、凝っている部分があるときはその足踏みは失敗です〜佐々木範士〜

 

このため、足裏がフンワリ、ピッタリとつきます。その結果、床を踏みしめるような立ち方ではなくなります。

 

足踏みは部分的に力を入れるのは好ましくない。足裏は床面(床面)にピッタリ、フンワリとつくように置くが、しいて押さえつけず、フンワリしたのが良いと思う。〜千葉範士〜

 

膝関節、足首関節も硬くせず、バネのようにゆるやかなのが良い。足指も脚も特に力を入れずフンワリとした感じにしておけば、弓を引くに従ってその力に相応じて自然に緊張してくる。〜千葉範士〜

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ