「五胴」と正しい胴づくりができているかチェックする方法

胴づくりの説明で必ず出てくるのが五胴(ごどう)の話です。五胴とは、胴づくりでの上半身の状態を5つに分けて説明したもので、昔の教えで使われていました。

 

ここでは、五胴とその中で適した胴を確認するための方法について解説していきます。
 
 五胴とは
五胴とは「五身」とも呼ばれることがあります。これは、上半身の姿勢の状態を表したものです。その5つの状態を下記に記すと

 

五胴
掛る胴(かかる胴)、退く胴(のく胴)、俯す胴(ふす胴)、反る胴(そる胴)、中の胴(なかの胴)

 

掛る胴、退く胴は両肩が上下にずれていることを表します。そして、伏す胴、反る胴は腰、胸が前後にずれていることを表します。この中で現代弓道ではこの中の胴が重要視されています。遠的、船に乗っているときなど、胴の据え方は使い分けられていますが、近的においては中胴が適しています。

 


「胴づくり」は規矩に適った正しい「足踏み」の上に、行射が合理的に行ない得られるように上体を積み重ねることで、まっすぐに立つことが肝要である。古来「五身(懸る身、退く身、付す身、反る身、中央なる身)の内、中央なる身を吉とす」とあるのは、この真っ直ぐな胴をいうのである。〜高木範士〜

 
胴づくりの目的は行射にあたり、身体各部を据え、反らず屈まず懸らず退かず中央に位するように正しい姿勢を作る動作である。〜鈴木伊範士〜

 

 中胴を身につけるための「袴腰の準」とは
中の胴になっているかどうか、自分で確認することができれば、常に安定した姿勢で射を行うことができます。そこで、のひとつの目安として「袴腰の準」という教えがあります。

 

袴腰の準というのは、胴づくりがしっかりできているかを袴の腰板で判別する教えです。胴がどこにも偏りがない状態では袴の腰板がしっかりと腰にピタッとくっつくようになります。

 

「胴づくり」は正しい足踏みの上に胴体を真っ直ぐに置くことで、この姿勢は射技の終わるまで(残心)保ち続けなければいけない。真っ直ぐといっても棒立ちに硬直するのではなく、射を行うに適当で胴が浮かない体構えをなすのである。その形は腹部をわずかに前方に屈し、腰を引いて袴の腰板(帯をする辺)がピッタリ腰につくようにする。〜浦上範士〜

 
上体はすっきり真っ直ぐに立つのであるが、和服の場合私は角帯を結び袴をつける週刊だから、腰板は帯の結び目の上辺に来るから、自然に後背にピッタリつくようになる〜神永範士〜

 

腰板はしっかり姿勢を作ったときにピタッとつくようになります。このように、自分の目で確認しなくても、腰と板の状態を確認すれば、自分が胴づくりができているかどうかがわかります。

 

ただ、これは、姿勢をそらして腰板をつけるのではありません。あくまで、上半身の無用な力を抜いた状態で腰板につかなければいけません。しっかり腰板が腰につけば、胴づくりで上体がぶれにくくなり、射を行うに適切な中胴を保つことができます。

 

胴づくりには、「掛る」「退く」「俯す」「反る胴」「中の胴」の五つの胴があります。腰板を腰にぴったりつけることで、近的に適している「中胴」を身につけることができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ