引き分けでの押し手を強める「猿臂の射」を理解する

引き分けの動作において、腕が突っ張ったり手首が曲がってしまうのは射の失敗する元となります。これらは、弓の押す力が弱かったり、弓を押す前に腕が力んで力が発揮できていないことが原因として挙げられます。

 

したがって弓を押し引きするときは、会や離れで矢筋に押し続けるために、腕や手首に負担をなくすことが大切です。その中で、範士の先生の説明の中には、引き分けの押し動作で腕の負担をなくし、押す力を高める方法があります。

 

ここでは、引き分けで弓の押し動作を強める方法について範士の言葉を引用して解説していきます。
 
 猿臂の射を理解する
左腕が大三・引き分けで突っ張ってしまい、押し動作ができなくなってしまうのは、大三での肩の据え方、肘の使い方に原因があります。これらを修正する射の行い方として「猿臂(さるひじ)の射」というものがあります。ここでは、猿臂の射での肩、肘の働かせ方について解説していきます。

 

まず、左肩は右肩より少し下げ気味に据えます。こうすることで、大三、引き分けで左腕が突っ張らずに押す力を強めることができます。
 
左肩はやや下げて受け、右肩は上肩にして迎える。〜宇野範士〜
 
左肩を沈めることは弓手を強くするためである。随って右肩はこれに応じて少し上肩に受ける心持がよい〜富田範士〜

 

そして、左肩根を下げた状態で、大三をとります。左肩根を少し下げる意識で押し続けると、左腕ががちっと締り、強く押せることがわかります。

 

そして、大三で左拳を的方向に向けていくのですが、このときに、伸ばしきってしまうと、せっかく下げた左肩根がまた上がってきてしまいます。そのため、ここで左肘は真っ直ぐ伸ばさず、んの少しだけ曲げた形まで取ります。左肘がピンと伸ばさないようにします。すると、大三、引き分けで肩関節に負担が少なくなり、弓が押しやすくなります。


 
大三のとき、左腕はまっすぐに伸びてはいるが肘をカチッとはめないで、たとえば豆一粒位の軟らかさを保持し、常に弓懐の気持ちを保存するのが良い〜神永範士〜

 

この左肘をほんの少し曲げることを、尾州竹林流では「骨を残す」とも表現されます。
 
始めより左手は伸ばし切ってツクに突っ張ることは悪い。多少の余裕を残すことが肝要である。これを「骨を残す」と称する。これは離れの際、伸びることによって弓力を増すためである。〜富田範士〜

 

弓は弾力性のある道具です。そのため、どこか関節が不正があったり負担がかかった箇所があると、その箇所に負荷が集中します。そのため、左ひじをほんの少し曲げると負荷が集中しないため、左腕全体の負担が楽になったように感じるのです。

 

こうした左腕の突っ張りは「手の内を早く入れたい」「的方向に押したい」といった、左手首、左肘の動きを早く決めたいという気持ちから来ています。大三で手の内を決めようと思いすぎて弓手を動かしすぎたり的方向に押そうと意識しすぎて左腕の押し動作が早く行うと左腕全体に弓の負担がかかります。その結果、射は悪い結果になってしまいます。
 
 右肩を少し前に出すと、左腕の負担が少なくなる
左腕や左手首が力みすぎると突っ張ってしまい、会で的方向に押せなくなってしまいます。そのため、左肩や左肘に負担をなくすことが大切です。

 

ただ、大三で左腕に負担がかかりすぎるのはもう一つ原因があります。それは、妻手が的方向に流されすぎてしまうときです。弓手を動かしたときに、妻手が的方向に流されすぎると、

 

このときの修正方法として右肩の据え方があります。少し、肩を前に出すように意識します。すると、大三で妻手が弦に引かれたときに、右肩が反応し、右肩と右ひじで弦を受けるような恰好になります。すると、妻手が安定し、引き分けの動作がしやすくなります。

 

ただ、この動作には注意点があります。それは、左肩が後ろに逃げやすいことです。右を前に出すと左肩が後ろに出てしまうため、
 
右手は打ち起こしの場所からそのまま引くと、とかく右肩が後ろに逃げがちになって、左肩が出やすいから、拳の移動するにつれて、やや迎え肩にするとよい・・・・・ただし、左肩が後ろに逃がさぬように注意することが大切である〜鈴木伊範士〜
 
そのため、大三での正確な左拳と右拳の位置を理解しましょう。それは、左拳が左足踏みの向きの上、右ひじが右足踏みの向きの線上です。そして、右拳は額より拳一個分あいた位置にとどまります。

 


大三の時、左手の位置は左足踏みの向きの上にそろえるのが良い。また右手も臂までは右足踏みの向きの上にそろえ、左右の体と平行させる〜神永範士〜

 

このように、大三では左腕がつっぱってしまって押し動作ができなくなることがあります。少し左肩を下げ気味にし、左腕を少し曲げ気味に肘に柔らかみを持たせれば、左腕に負担なく弓を押すことができます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ