引き分けや離れでの射癖を予防する取り懸けの指の働かせ方

取り懸けは右拳の形を作る動作です。ちょっとしたコツと指の動かし方で引き分けの行いやすく、離れのゆるみやたぐり防止につなげることができます。

 

ここでは、範士の先生の言葉より、取り懸けで工夫できる指の整え方を解説していきます。
 
 取り懸けを深く行う
三つ?のときは、親指が中指の根本くらいで取り懸けるようにします。四つ?のときは薬指の根本〜第2関節辺りで取り懸けてしまいます。これにより、指先がフリーになり、引き分けのときに指先に弓の負荷がかからなくなります。よって、手先に力が入りにくくなり、離れで余計な力みを抑えることができます。
 
拇指頭深く中指および人さし指の二本で支え、〜千葉範士〜

 

引き分けのときに指先に力や負荷がかかるとそこに気持ちが言ってしまいます。すると、手首に力がかかりすぎたり、離すときに緩んでしまいます。そのため、指先に力がいかないように取り懸けは深めに行うことが大切です。

 

なお、弓道教本にはこの取り懸けの仕方は「強い弓を引く場合は・・・・」と書かれています。しかし、別に軽い弓でも引き分けが小さい人の場合、有効になります。指先近くではなく、深めに取り懸けることによって、大きく引けるのが実感できます。

 

 (四つ?のとき限定)少し親指を下向きにする
四つ?で取り懸けるときは少し親指が下に向くようにします、なので?ひもも少しゆるめ気味にします。

 

四つ?は三つ?と違って指が接する場所が親指と薬指です。薬指は弓構えで円相を作ったとき、親指より下に向きがちです。そのため、親指を少し下に向けると薬指を上に乗せやすくなります。四つ?で薬指と親指が交わり、中指は薬指をそわせる感じにします。ここで、薬指がしっかり親指にかからなければ、中指の役割も崩れてしまいます。

 
四つ?の場合、中指は薬指に添うて軽く拇指にかける、人差し指は中指に添うて軽く曲げるが、拇指に触らないようが良い。こうして、取り懸けたとき、拇指頭はやや下へ向く。〜宇野範士〜
 
 小指をしっかり手の平方向に曲げる
取り懸けを行うとき、小指もしっかり曲げましょう。なぜなら、小指を曲げると、自然と薬指も曲がります。ひとつの指だけで懸け帽子を押さえるより、他の指も一緒に曲げた方が拳の形も作りやすいです。形が崩れにくくなり弦を押さえる力を強くすることができます。

 
小指、薬指、この二本の指を別々に運動させることは困難である。そこで、前述のように小指を曲げると、薬指も自然に?の帽子を軽くしっかりおさえることになって、右手の働きが冴えてくる。〜高木範士〜

 

このように、他の指の使い方を変えたり、取り懸ける位置を変えたりすることで、引き分けや離れでの射癖の予防につながります。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ