範士の先生の射法詳説〜弓構え、打ち起こし〜

「理論でスッキリ射法八節」のページでは、難しい言葉や感覚的な言葉での説明が多い射法八節をなるべく、理論的にわかりやすく、細かく説明するのを目的に書きました。

 

このページでは、教本や弓道本に載っていた弓の達人の言葉を紹介し、その内容を本を熟読し、解説したものです。射法八節をより深く理解するキッカケになります。

 

弓構え

 

弓構えでの抽象的な文章から、適切な腕と上半身の状態を理解する

 

矢を狙った方向に正確に放つ「懸口十文字」を理解する

 

引き分けで重要な脇下の筋肉の働かせる弓構えとは

 

弦しらべの意義と姿勢を崩さない目線の動きを理解する

 

取り懸けのポイントは手の形ではなく腕と肘の使い方

 

引き分けや離れでの射癖を予防する取り懸けの指の働かせ方

 

手の内の基本3つ

 

弓を堅く握らない方法

 

手の内は形を決めすぎると崩れやすくなる

 

紅葉重ねの手の内を理解する

 

物見の定め方の基礎を理解する

 

物見が崩れてしまうと、上半身全体が崩れてしまう

 

頭が前後左右に傾かないように物見を行うには

 

肩関節や腕に負担なく、打ち起こしを行うには

 

キレイに弓を打ち上げるために重要な「脇の下」の使い方

 

打ち起こしの呼吸の仕方

 

打ち起こしの適切な高さを理解する

 

打ち起こしの動作をスムーズにする「左横打ち起こし」とは

 

引き分けをしやすくする「平たいA型」打ち起こしとは

 

引用:このページに記された記事は全て「教本二巻、三巻」の文章を引用して作成しています。さらに勉強したい方は便分を読むことをお勧めします。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

セミナー開催:理論弓道


HOME メルマガ登録 当サイトについて 動画解説 お問い合わせ