引き分け:「引き寄せるのではなく、押し開く引き分け」を実践する

大三においては、左拳を足踏み方向に、斜め上方に押していきます。これらが理解できたら、次に引き分け動作を次のように意識してください。

まず、まず、大三動作、引き分け動作で大切な部分を動画で解説しました。ご確認ください。

引き分けで行うべきこと

・弓手は最初、斜め上方に押していく。徐々に的方向に弓手が入っていくように押していく。決して自分から弓手を的方向に動かさないようにする。

・妻手は自分から下方に下げないように、右肘を斜め上方に押すようにする。そのあとに、徐々に押す方向を的と逆方向にするように方向づけていく。

このように、引き分けでは、「押す気持ち」をいかに切らさず押し続けられるかが大切となります。それに加えて、両拳の位置は変わり続けます。つまり、適した押す角度が変わってしまうため、適当に弓を押そうとすると、負担が身体にかかります。まず、押す「方向」「角度」「気持ち」の三つを意識して弓を押し引くようにしてください。

特に、矢の線が目の高さを通過すると、気持ちがおろそかになってしまいます。そのため、右肘と左拳を自分から落とさないようにします。

引き分けで、矢が自分の目線より下を通り過ぎると、胸が前に出すぎたり、両肩の位置がずれたりして関節の崩れが起こります。これらが起こると、会に至る際に肩や肘に痛みや力みが起こってしまいます。こうした症状が起こった場合、自分の押す方向や心持ちを見直す必要があります。

大部分の引き分けにおいての「射癖」「悩み」は矢束を最大限にとれていないことから起こります。例えば、引き分けが小さければ、両肩の関節が上方にあがりやすくなります。

大きく弓を押し開くことができれば、矢が口元につき、(頬付け)、胸に弦がついてくる(胸弦)ようになります。ここまでつけられるように矢束いっぱいに引くようにしましょう。

なお、「左拳と右肘を足踏み方向(左右の斜め方向)に押す」という説明は教本二巻の引き分けで説明されています。ただ、注意していただきたいのは、あくまで足踏みの方向であって、押す角度は「斜め上方」であることです。

        

つまり、足踏みの方向に押そうとして、拳を前に押そうとすると、上半身の上部がかがんでしまい、大きく引き分けることができなくなってしまいます。

これらのことを注意しながら、初心者の方や何かしら癖を持っている場合、引き分けでは大きく開くことに徹しましょう。

なぜ、引き分けは「引く」のではなく、「押し開く」ようにしなければいけないのか?

引き分けでは、弓手、右肘をそれぞれ斜め上方に押すようにします。古くの弓道家はこのような筋肉の働かせ方を「引く」のではなく、「押し開く」ものと説明されます。

弓聖、阿波研造に師事された、吉田能安先生は、「弓は引くものではなく、押し開くものと心得ないといけない」と説明しています。あるいは、阿波研造も同様のことをお話されています。 では、なぜ弓道において押し開く引き分けが重要なのでしょうか?

押し開く引き分けをしなければ、矢束を最大限に引き込めない

弓道において、射癖にかかることは、関節の歪みが起こっていることを指します。例えば、右手首のたぐりは、右手首の関節に強い歪みが起こったことを指します。 あるいは、弓を速く離してしまう「早気」は、精神的な問題以外に「胸が前方に突出」することでも起こります。つまり、胸椎が前に出過ぎたことで起こりやすいです。

ただ、これらの原因は矢束が最大限にとれていないことから起こりえます。つまり、射癖が出ている理由は、筋肉が衰えているわけではなく、単純に弓を最大限に押し開けていないからであるといえます。

そして、矢束を最大限引き込めない原因として、引き分けの最中に、弓の反発力によって、腕関節が収まらず、肩関節が左右の方向に最大限に伸ばし切れていないことから起こります。

まず、弓道において、関節のねじれを起こしやすいのは「右肩の関節」です。解剖学の観点からしても、肩関節は自由度(動く方向)が高いです。さらに、腕が大きく動くため、働く筋肉に不具合が起こりやすいといえます。

そして、右肩は射の最中、自分の視界に見えないため、位置関係を強く把握できません。そのため、必要以上に筋肉に力を入れてしまうと、大きくぶれる可能性が高いです。つまり、右肘、右肩の関節は弓を引く動作で力加減が難しい関節であるといえます。

そのため、大部分の人は「引き寄せよう」と弓を引くのです。この引き方は弓の反発力に対抗する力がないために、肩関節が縮む結果を招きます。そのため、矢束を最大限にとることができません。

そこで、弓を左右に押し開き続けるようにします。これによって、左拳と右肘が最も離れ、左右の肩関節が最大限に伸ばされます。その結果として、矢束を最大限にとることができます。

弓を押し開く理由として、最大限に矢束をとることが挙げられます。最大限に矢束をとることで、肩関節のゆがみが少なくなり、関節の歪みがなくなります。

しかし、引き分けが小さくなり、矢束を最大限にとれなくなってしまうと、肩関節周りの筋肉に縮みが起こります。そのため、肩関節の収まり具合が悪くなり、余計に力みや緊張が起こってしまいます。さらに、関節がゆがむことで、射癖が生じる可能性もあります。どのような理由であり、まずは矢束を最大限に引くことに徹するようにしてください。

引きすぎと注意してしまうと、射の技術が低下する

さらに、弓道の世界では、矢束を最大限にとろうとして、右手首がたぐり、「引きすぎてしまう」ことがあります。このような射型を見ると、無理をしすぎている印象をとり、「引きすぎだ」と注意することがあります。

ただ、このように注意してしまうと、その方の射の技術が低下する危険があります。その理由として、引きすぎと注意されると、受け手は力いっぱい引かなくなり、「楽」をするようになるからです。

まず、弓道において、大部分の人は「引きすぎだ」と注意されるくらい引く意識を強く持たないといけません。なぜなら、弓の反発力は離れ動作になるまで常に体にかかり続けるからです。

つまり、いつどのようなときでも、弓の反発力によって、肩関節が歪む危険があるのです。そのため、引き分けから会にかけて、常に押す気持ちを持たなければいけません。少し意識的でもいいので、弓を押す気持ちを強く持つ必要があります。

もし、自分が引きすぎるくらいに、弓が軽く感じられたのであれば、少しずつ弓のkg数を上げるようにすれば良いのです。すると、最大限に引こうとしても、弓の反発力が強すぎて、引きにくくなります。

そうして、kg数の高い弓で関節の歪みが出てしまうようであれば、もう一度もとの軽い弓に戻すようにします。すると、弓の反発力が非常に軽く感じられ、前より格段に引きやすくなります。引きすぎた状態になれば、弓のkg数をさらに変えていくことで、今までよりさらに楽に弓が引けるようになってくるのです。

むしろ、「引きすぎ」は成長した証拠であり、「伸びしろ」と考えるようにすれば良いのです。

あるいは、引きすぎているように見えたなら、それは右手首がたぐっている可能性があります。その場合であれば、「引きすぎ」と注意するのではなく、「手首がたぐり気味だから注意してね」という程度にします。

なぜ、引きすぎは良くないのか

上記したように、弓を「引きすぎ」と注意して、嫌う人がいます。そのような人がいる背景として、弓道における「引かぬ矢束」の解釈が異なることがあると考えられます。

引かぬ矢束とは、最大限に弓を引ききった状態を指します。最大限に引けていない状態を「引く矢束」、最大限に弓を引けておらず、そのまま会をたもっている状態を「唯矢束(ただやつか)」といいます。

明治以降の射法の説明を観察すると、「引かぬ矢束」の解釈が異なっていることがわかります。古くの本から、引かぬ矢束の解釈を見ると、「引かぬ矢束」を引きすぎた状態とも説明している方もいます。

このような文章を見る限り、「弓道において引きすぎた状態は良くなく、自分にとって適切に関節の収まった型が大切である」と解釈している指導者がいたことは事実です。これによって、「引きすぎ=良くない」と解釈していたと考えられます。

ただ、「自分にとって関節が程良く収まった状態」とは、誰がどのように判断すれば良いのでしょうか?現実的に弓の反発力がかかる状況で、引き分けや会で自分自身の関節のはまりが良い状態を感じることは不可能といえます。また、指導者が見ただけで、「この人は関節に収まっていない」「いまいい感じに関節が収まっている」と判断するのも非常に困難です。

この「ほど良い関節の収まり」といった表現が実に曖昧で、どのような書籍でも、具体的にどのように程良くなって関節が収まるのか説明がなされていないのが現実です。つまり、その人の弓の引き方を見て、明確な根拠もなく「引きすぎ」と注意してしまうのは、指導する順序が間違えているといえます。

そのように判断した中、まず行わなければいけないことは、「関節のはまりの良いところを探す」のではなく、「ひどく関節に歪みが出てしまう危険を抑える」であります。

そのためには、意識的に引きすぎなくらいでもいいので弓を大きく引こうと考えるのが大切です。たぐってでもいいので、大きく弓を引くことができれば、そこから引き分けの力加減を整えるのは楽です。しかし、そのような努力をせずに、最初から自分にとって関節がほどよく収まる箇所を求めるのは困難です。

もし、弓を大きく引こうとして、「引きすぎだ」と指導者が指摘したとします。注意を受けた方はそのように指摘を受けないように、少し引き分けを小さくして加減をしようとします。

このように、引き分け動作を小さくしてしまうと、肩関節周りの筋肉の伸びが鈍くなり、弓の反発力によって関節に歪みが起こります。

肩関節に歪みが起こってしまうために、弓を左右に押すための筋力が落ちます。すると、弓の反発力が腕や手首にかかるようになります。この結果として、「右手首のたぐり」「左手の内の力み」などが起こります。

ただ、このような指導の仕方が正しいかどうかは人の判断によります。人によっては、やはり引きすぎる射型が崩れてしまうのが良くないと考える人もいるでしょう。人それぞれ考え方は異なります。そのため、上記した引かぬ矢束の解釈も、人によっては、個人の主観でしかないととらえられます。

ただ、引き分けを楽に大きく引くためには、部分的ではなく、全体の関節をきちんと収まる部分に収めていかなければいけないことは間違いありません。安易に両肩の位置をそろえようとして、引き分けを加減すると、弓の反発力を受けることができなくなってしまいます。そのため、手加減をせず、躊躇なく最大限に引き続けることを第一に意識することが大切であるといえます。

「引き寄せる動作」は肩関節を固定しなければ行われない

矢束を最大限にとるためには、引き寄せるのではなく、押し開くように弓を扱うことが大切であることは説明しました。ここでは、もう少し、引き寄せるように弓を引くことによる身体の影響について考えていきます。

もし、引き分けを、右手で自分の体に引き寄せるように行ったとします。すると、以下のように引き分け動作を説明できます。

「引く」動作とは、右肩関節を固定し、右肘をドアのヒンジのように動かすことで成り立つと仮定できます。このように、肩関節を固定して、弓を引こうとすると、弦の復元力の方向に対して、対抗する力がありません。つまり、弓の反発力と押す方向があっていないため、肩関節が後ろに押されてしまいます。これを防ぐために、右肩関節周りの筋肉が硬くなります。

すると、右肩周りの筋肉が強く緊張してしまい、右肘の動く幅が制限されます。右肩の後方まで肘を回すことができなくなります。

引く運動を行い、右肩関節を固定するために、筋肉が緊張してしまうと、右肘が後方に回りこまず、射は失敗に終わります。   右肘がうまく回らず、手首に弦の復元力が集中すれば、右拳が必要以上に力みます。さらに、手首に力が集中すると、離れがゆるみやすくなります。 そこで、押し開く引き分けをすると、これらの射癖にかかりにくくなります。拳を引っ張るような力の使い方ではなく、脇の下から腕の裏側にかけて押していく使い方に変えるのです。

もし、脇下から弓を押し開くようにしたとします。すると、右肩関節は少し前方に出るように働きます。この力の方向は、弓の反発力に対して反対方向に動きます。つまり、弓の反発力の方向と抵抗する力があるため、肩関節が後ろに押されることがありません。そのため、右肩関節周りの筋肉の負担が少なくなります。そのため、肘関節の動きの制限が少なくなります。そして、右肘が右肩より後方に回るようになり、矢束を最大限にとれるようになってきます。

矢束を最大限にとれれば、弓の反発力を最大限に引き出すことになるため、最終的な離れや矢飛びも鋭くなります。最終的にはひどく出た射癖もなくなっていき、射型も整ってくるようになります。

なお、最大限に矢束を取る重要性を理解し、弓を引こうとすると、さまざまな癖にかかります。右手首がたぐってしまったり、物見が照ってしまったり、胸が前に出たり上半身が力んでしまったり……

ただ、慣れてくるとこういった症状がほとんどなくなってきます。現実、私はこれまで200人以上の弓道家の射を見させていただき、すべての方に矢束を最大限にとる重要性を伝えて、アドバイスしてきました。最終的に8割以上の方が自分で射癖を改善できています。

そのため、まずは全力で引くことだけ考えてください。全力で引くことを意識し、体を一生懸命動かしていけば、内部の関節が動くようになり、結果として射型が整ってきます。

メルマガ登録

稽古会案内