弓手が落ちず、見た目整った弓の引き方を実現するたった一つの方法

体配稽古しているときに、二つの悩みを抱えている人がいます。

・離れるときに弓手が落ちてしまう

・体が力んでしまい、射がぎこちない感じになってしまう

このような問題は簡単で「少し強い弓」を使えば簡単に解決できます。どのような方も確実に実践できますので、明日から試すようにしてください。

今お持ちの弓より+3kgの弓を使ってみる

最初に、あなたが使っている弓のkg数を確かめます。そこから+3~4kg程度の弓を併用して使うようにします。

女性であれば、男性の弓をお借りすれば問題ないですし、男性の場合、市販で3~5万円程度で手に入るグラスの弓を購入しましょう。これで、自分の持っている弓より少し強い弓を用意できます。

次に、少し強い弓を用いるときは「巻き藁で引く」だけで十分です。射場でキレイに引こうと思わなくてよいです。あくまで今使用されている弓をよりキレイな形で引くことを目標に活用してください。

要領としては、少し強い弓を用いるときは、「少しだけ動作を速くする」ことを意識してください。軽い弓を同じような速度で用いると、おそらく引けない人も出てきます。少し強い弓の時は完璧に引ける必要はありません。練習用として活用してください。

そうして、少し強い弓で3射程度稽古したら、元の自分の弓に替えてみてください。おそらく、今までより楽に引けて、離れで左腕がよく伸びると思います。すると、左拳が最後まで的方向に伸ばされるため、下方に落ちにくくなります。

実際に、私も形のキレイな射を行うときはそうしてます(よほどのことじゃない限り、人様に見せたくないですが)。

通常の稽古では、28kg以上の弓を用いています。しかし、弓のkg数が大きくなるほど、左腕にかかる負担が大きくなるために、離れ動作の際に、弓手の力の方向を変える必要があります。そこで、弓道参巻の大離れ射法のように、左拳を左下に逃がすようにします。こうすることで、離れ動作で左肩の負担を大幅に軽減でき、細身であっても、強い弓を長く活用できます。

しかし、弓道連盟の主催する審査では、この引き方は求められていません。地方、連合、中央審査の審査基準に離れでは「弓手が下がらないこと」「弓返りの際に、弓のずり落ちがないこと」を求められるからです。その場合、弓のkg数を減らします。例えば、20kgの弓を引いた場合、弓手の位置がぶれずに、離すことが可能になります。

なお、完全に左手を下げたくない場合は、さらにkg数を減らせばいいです。このように、強い弓できちんと稽古していれば、左手が落ちる問題は容易に解消できるのです。

どのような人も弓手が下がらない引き方を実現したい場合、少し強い弓を使いましょう。あくまで、少し強い弓は練習用で形を整える引き方をするための「体力」を養うものととらえて稽古します。そして、審査や体配の際に、元の弓のkg数に戻せば、弓手が落ちなくなります。

少し強い弓を用いて、射型が崩れることはあるか?

なお、弓道連盟の指導者の中には、「強い弓を使うと、引き方が崩れて癖になってもとに戻らなくなる」とお話しされる人もいます。このようなことはあり得ませんので、安心して少し強い弓を用いてください。

理由は、筋肉が悪い動きや癖を覚えるためには、最低でも2週間以上は必要であり、さらに悪い動きを癖づけるためには、「その動きが良い」という風に思いこませて、誤解させないといけないからです。

「悪い癖がついてもとに戻らなくなる」場合は、15kgの弓を用いている人が25kgの弓を使って、その弓しか使わなくなってしまった場合です。十分に引けないのに無理して強い弓を使い続ければ、確かに射型は崩れるかもしれません。しかし、そのような人ももう一度軽い弓に戻してあげれば、悪い射型は容易に戻せます。

少し強い弓を活用すると、整った弓の引き方になる

なお、ぎこちない動作、力んでスピードの速い引き方にしても同様に、少し強い弓を使えば解決できます。理由は、少し強い弓を用いると、スピードの調整が容易になるからです。

今お持ちの弓より少し強い弓を用いると、通常より強く背中や腕の筋肉に圧力がかかります。この刺激によって、脳が「さらに強く弓を押さないといけない」という意識が働きます。すると、弓を力強く押せるようになります。この刺激を体にかけた後、元の弓に戻すと、弓を力強く押す必要がなくなるため、楽さを感じます。すると、心に余裕が出てきて、弓矢の操作を容易に行えるようになります。

実際に、私は20kgの弓を用いる場合、打ち起こしから会まで遅いペースでも速いペースでも調整可能です。kg数が減ると、左右の拳の位置や動作の細かい箇所まで調整が容易になるため、自分自身でキレイな射を意識して稽古できます。

200年以上前から整った弓の引き方の手法は確立されている

なお、今回の話は、特別な話ではなく、昔の方は「強い弓を用いることで、整った弓の引き方もできる」ように稽古しています。つまり、結構王道な方法だったりします。

関口氏の書籍の「尾州竹林弓術書」の始中終法度の項には、弓の引き方のレベルや段階を5つに分けて解説しています。その中で、初期は「強い弓を用いて、鋭い離れや威力のある矢勢が出す」ことを考え、後に「弓のkg数を減らして整った弓の引き方を行う」と記載があります。

このように、きちんと強い弓を使って稽古をすれば、自然にkg数を減らして、動作一つ一つが整った弓の引き方も可能になるのです。なお、この文章には、「強い弓を使って稽古をせずに、整った弓の引き方だけを行っても射の深い部分まで理解はできない」との注記も書かれています。

そのため、強い弓で稽古もしないで、弓の引き方を駄目だししたり口出しすると、高い確率で言われた本人は間違った身体の使い方をしてしまいます。気をつけて、指導を受けている皆さまは。

弓手を落とさないようにするために、やってはいけない2つのこと

なお、左手を落とさず、整った弓の引き方を実現するためにこの二つのことはやらないようにしてください。

・左手を強く握って引こうとする

・さらに強く押そうと考えて、左腕を強く突っ張る

この二つの内容は連盟の指導者、高段者に「押す力が足りないから」と指摘されるために、行ってしまいがちです。確かに、強く押し込もうとすると何となく落ちそうもない気がしませんが、実際はそうはなりません。強く押し込もうとすればするほど、左手は下がります。

理由は、弓を離すと、腕にかかった筋肉の張りが解放されるからです。

強く弓を握ろうとすると、それに連動して腕の筋肉も張ります。これによって、左腕の筋肉の関節が固定されるために、会の最中は動きません。しかし、離れた際に、左腕にかかった弓の反発力はなくなるために、左腕は伸びます。この際に、強く関節を固定した筋肉は緩んでしまいます。

そこで、連動した力が入っていた手の筋肉も緩んでしまうため、左手が下がります。もしくは、弓がずり落ちてしまいます。

実際の射で左手を落とさない射をしたいのであれば、「強く弓を握りすぎる」「左腕を突っ張る」ことはやめてください。

高段者の離れで左手が落ちない理由

ここまでの話を聞いて、左手が下がらない原因はわかってきたと思います。最後に、高段者の左手が下がらない理由について解説していきます。

高段者の左手が下がらない理由は、「体格の割に、軽い弓を用いているから」か「上が弱い弓を用いている」からです。二つの理由によって、弓の引き方をそこまで勉強しなくても、左手が下げずに弓を離すことができます。

私は体重53kgで30kgの弓を用います。どうしても腕の筋肉が細いので、離れたときに左手が下がります。しかし、連盟には、体格が大きい割には、13kgの竹弓を用いて稽古している高段者がいます。このような方は左手は落ちにくいです。軽い弓のために左腕にかかる負担がその人にとって少なすぎるからです。

あるいは、上が弱い弓を用いれば、弓もずり下がらないし、左手も落ちません。弓の握り部から上の部分を「上」、下の部分を「下」と呼ばれています。通常、弓は上が弱く、下が強くできていますが、今日の弓具は極端に上が薄くて開くのが容易な弓があります。こうした弓を用いれば、左手が極端に下に下がることはありません。

極論を言えば、「軽い弓を用いて上が弱い弓を使えば連盟のような整ったキレイな引き方になるのか?」と言われるかもしれません。そうかもしれないですが、私は全ての高段者に会って彼らの努力を見たことがないので、正直判断はしかねます。

ただ、この方法を用いると、「弓の引き方が全くわからなくなってしまう」のは間違いありません。

考えてもみてください。

整った弓の引き方は弓のkg数を変えると解決できるという「方法」は提示できます。しかし、強い弓を引くための具体的方法は存在しません。つまり、強い弓を引くためには本人がいろいろ勉強したり実践したりしてできるだけ身体に負担のない弓の引き方を研究しないといけません。当然ですが、怪我もするリスクもあります。

ただ、こうしたリスクがある分「こういう押し方をすると肩の負担がかかる」「この引き方だと弓が引きにくい」ということがわかってきます。つまり、具体的に弓の引き方を勉強でき、そうした経験から負担のない弓の引き方を提案できます。しかし、13~15kgで左手が落ちない状態で引き続けても弓の引き方はなかなか勉強できません。

段を取り続けというのは、地位を上げると同時に、「弓の引き方の勉強をする」ことを放棄することにもなります。こうした部分も考慮して、自分が何段まで取得するのか、明確に考えて稽古してみるようにしてみてください。

以上の内容をまとめます

・左手が下がらず、整った弓の引き方をしたいなら、少し強い弓を使う

・少し強い弓は巻き藁で行って、元の弓を楽に引けるようにする

・左手を強く握りすぎたり、左腕を突っ張ったりすると、余計に左手が下がる危険があるためしないようにする

この三つを意識して稽古されてみてください。左手も下がらず、見た目整った射を実現することができます。

メルマガ登録

 

ここまでの記事を読んで、「さらに深く弓道を学び、上達したい」と思う方もいるかもしれません。その場合、以下の「メルマガ」登録を済ませて、「合理的に弓を引くために必要な情報」を受け取りましょう(600ページ以上の非公開テキスト、 10時間以上の動画もプレゼントします)。

 

稽古会案内