足踏みでやること

足踏みで行う内容をまとめる

 

 

足踏みは的を狙うためには、必要な動作です。弓は自分より大きい道具です。鉄砲のように腕と目だけで狙うのではなく、体全体を使って弓を引き、的を狙います。足の置いている方向が的の延長線上になければ、的に中てることはできません。

 

昔の弓道者は弓を引く動作を分解し、いろんな流派を持った人たちが、足踏みの重要性を解きました。「足踏みの安定は胴の安定を表し、それは上半身の安定につながる」と的の狙いだけでなく、姿勢全体にかかわるものだと考えた人もいます。

 

「足踏み」でやることとポイントをまとめる

以下に、足踏みにおいて行うべきこととポイントについてまとめていきます。

 

足踏みで行うべきこと

@左足を的に向かって半歩踏み開く

A左拇指球を的の真ん中につける

B的―左拇指球の延長線上に右足を置く

 

足踏み基本ポイント

@両足の親指の結んだ線の延長(線上)に的の中心があること

A両足親指の指先の間隔は自分の矢の長さ程度で自分が最も姿勢が安定するとろ

B足の角度は60度

 

足踏みで行うことは、小笠原、日置、尾州竹林、本多流の流派において、共通しています(参考書籍は現代弓道講座2)。左足先を中心にそろえる理由としては、矢の線と的の中心の線を合わせるためです。弓を引き、会に至った際、上方から見ると、矢の位置や左親指先とほぼ一致します。

 

当然ですが、体型、体格によって若干のズレが生じますが、足踏みを行い、腰、肩の位置が上方から見て脚の位置と

一枚にそろうようにすると、矢の位置が左親指先と同じ位置にきます。

 

的の中心は昔は、自分の目で見定めて、中心線を決めていました。しかし、弓道場の大半は的の中心の目印がつけられています。射場と矢道との境目に小さい出っ張りであったり、シールなどで、印をつけられています。

 

ただ、民間の道場を含め、目印と的の中心は必ず一致するわけではありません。なぜなら、工事をする際に、的の中心と

射場における目印のズレが生じている可能性があるからです。あるいは、的をつけるのは人間が行うため、多少のズレが生じます。

 

そのため、正確に中心に踏みたいのであれば、目印にあまり頼らずに、自分の目で踏みしめる気持ちを持つことが大切です。

 

両足先をそろえる理由


解剖学を学ぶと、両肩の位置をそろえるためには、足の皮膚の張りを均等にしないといけないことがわかります。もし、足の位置がずれていると、上につながる肩周りの皮膚の引っ張りが変わります。これによって、肩関節のズレやねじれが生じ、胴づくりがくずれてしまいます。

 

尾州竹林の足踏みの説明では、両足先をそろえて、左右の足の踏み開く角度を変えることがあります。足の踏み開く角度が変わると、上に位置する肩関節の位置や腕関節とのはまり具合が変わります。弓のkg数が大きい場合は、足の踏み開く角度を変えて、関節の不正を補正することがあります。

 

両足の適切な幅

両足先の幅は自分の矢の長さと記されていますが、人によっては、この基準に当てはまらない場合があります。身長や体重、骨格によって自分にとって適切な両足の幅が変わります。

 

また、矢の長さは自分の腕の長さによって決まるため、身長に対して腕が長くなりすぎている人の場合、両足の幅が広くなりすぎることがあります。自分の矢の長さにふみひらいたとき、開きすぎている場合は脚の筋肉が張りやすくなります。

 

反対に開き幅が狭い場合背中の筋肉の張りがなくなりすぎて、上体がぶれやすくなります。そのため、上半身に無駄な力みなく、かつ姿勢が崩れにくい幅をきちんと会得しておく必要があります。

 

教本の足踏みの説明

「足踏み」は、射位(弓の射る位置)で脇上面に向かって立ち両足先を的の中心と一直線上に外八文字に踏み開く動作である。その角度は役六十度で、両足先の間隔はおよそ自己の矢束とする(教本105〜106より)。左足を半歩踏みだし、体配を崩さず、右足裏で床面をするようにして右足を引き寄せ、やや弧を描く気持ちで、矢束に応じて右に開く(教本62)

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ