斜面打ち起こしから引き分けでの大切な筋肉の働きを理解する

打ち起こしは現代の日本弓道連盟で規定となっている「正面打ち起こし」と日置流の射法で使われていた「斜面打ち起こし」の二種類があります。

 

斜面打ち起こしは動作は違うため、現代弓道であまり用いられません。しかし、斜面打ち起こしの動きが分析すると、引き分けで使う重要な筋肉の働きを理解できます。ここでは「斜面打ち起こし」に関して、説明していきます。

 

斜面打ち起こしやること

@弓構えを作る
A左拳を足踏みの方向にななめ下に押し、右拳はそのままで右肘を張るようにする。これで、三分の一押し開く。
Bその状態で額の高さまで打ち起こす

 

 

これがだいたいの流れです。打ち起こしの終わりの左拳の位置は左肘の辺りに的が乗るくらいに支えます。右拳は前面からから額が見える高さに保つ。この斜面打ち起こしは日置流では盛んに用いられていました。しかし、今の弓道界では実施している人は少なく、昔あった射法の一つとして認識されています。

 

斜面打ち起こしは引き分けで使う「伸筋」が意識しやすい
なぜ、斜面打ち起こしが日置流では主流になっているのか、その具体的な理由はわかりませんが、斜面打ち起こしは次のような長所があります。

 

それは「伸筋」を意識しやすいことです。

 

ここで、伸筋と屈筋を説明します。伸筋とは、腕や脚を伸ばすときの筋肉で、上腕三頭筋(二の腕の裏の筋肉)が働きます。屈筋は腕を曲げるときの筋肉です(力こぶをつくるときの筋肉)。

 

正面打ち起こしだと、引き分けの運動は頭の上から自分の肩に下がる引き下ろす運動となります。この引き下ろす運動が弓を引くのに楽なので、日本の弓は縦長で正面打ち起こしを主流にしてきました。

 

しかし、この引き下ろす運動は体全体ではなく、手首を使ってもおろすことはできます。そのため、慣れていない人は手先で引いてしまって手首が曲がる人(手繰(たぐ)っている人)がいます。これは屈筋で引いていることになります。この引き肩では、離れやゆるみやすくなり、強い離れや矢勢が生まれません。

 

 

しかし、斜面打ち起こしは「屈筋」ではなく、「伸筋」を使って引き分けやすいです。

 

試しに次のようなことを試してみましょう。まず、斜面打ち起こしである左拳を足踏み方向にむけてななめ下に押します。その状態を保ったまま、右拳を引いてみましょう。するとどうでしょう。手首が曲がることなく、引けませんか?これが、伸筋を使う引き分けです。

斜面打ち起こしの場合、右拳が最初から、右の前搏(肘から手首の間)が弓に対して直角方向に向きます。なので、そのまま引き分けると手首に力がかかるのではなく、上腕三頭筋に力がかかります。

 

これが、頭から肩へと下に引き下ろす正面打ち起こしだと、引きおろしている最中に手首を手繰らせたりしてしまいがちです。斜面打ち起こしのときの体の使い方と同じように正面打ち起こしをすることが、打ち起こしの理想、目標だと考えられます。

 

斜面打ち起こしの中身は引き分けのときに筋肉の使い方の理解におおいに役立ちます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ