打ち起こしやること

打ち起こし

弓構え動作まで完了したら、「打ち起こし」に移ります。打ち起こし動作に入る前に、以下のことを確認してください。

 

・上半身に無駄な力みがないこと

 

・三重十文字の構えがきちんと構築しているか確認すること

 

・顎が浮いていたり、引きすぎて窮屈になっていないこと

 

・左右の拳に余計な力みがないこと

 

これらのことを今一度確認して、動作に移るようにしましょう。この理由として、打ち起こし動作は、射行にうつる大切な瞬間を迎えているからです。

 

古くの弓道書籍を見ると、射法八節の動作は、「過去身」「現在身」「未来身」と名前をつけて、区別されていました。その中で、足踏み〜弓構えを「過去身」、打ち起こしから引き分けを「現在身」、会〜残身を「未来身」と分類しました。

 

「現在身」では、足踏み、胴づくりによって、構築された姿勢をもって、腕が動き、弓が開き、筋肉の運動や活動が始まります。ここで、過去身によって構築された姿勢は、次の打ち起こし動作における腕の上下運動、弓を押し開く運動のすべてに関わる大切な要素となります。もし、打ち起こしにおいて、過去身に対して細部に目を向けず、射行を行うのであれば、その段階で射が失敗に陥る可能性があります。

 

胴づくりにおいて、近的で大切な状態は骨盤がほぼ垂直になった「中胴」です。この姿勢から、的に前後左右にはずれるのは、種々の原因がありますが、射の最中に中胴の状態が崩れることも挙げられます。

 

角見が効かない、手の内に力が入る、右手首がたぐってしまう、物見が照る、このように、打ち起こし以降に起こる射癖は、過去身における姿勢の崩れから起こっている可能性があります。

 

すでに打ち起こしは現在身へと移っている大切な瞬間です。その際に、姿勢の崩れや関節の歪みがないように射を行うようにしましょう。

 

そして、打ち起こしで行うべきことを以下に記します。

 

打ち起こし

 

@膝頭においている弓を真上にあげる。

 

A自分の頭が弓と弦の間(弓把)を通るように上げる。

 

B肘の角度が45度になるまで上げる。

 

弓構えで取り懸け、手の内、物見が終わったら、自分の体の真ん中に弓と弦の間が来るようにします。そして、弓構えにおける両拳、両肘、両肩の筋肉の状態のまま、弓を上に上げていきます。

 

そして、正面打ち起こしでは、手の内や取り懸けで過度に手首をひねったり、指先に力が入っていないようにしてください。そうでなければ、打ち起こしが失敗に終わる可能性があります。

 

なぜなら、正面打ち起こしの場合、打ち起こしから大三にかけて拳の位置や弓の収まる部分が大きく異なるからです。なお、斜面打ち起こしを実践されている方は、打ち起こしの終えた一が大三の位置にきます。この場合であれば、弓構えで手首をひねったとしても差しさわりはありません。

初心者に陥りやすい二つの打ち起こしの射癖と改善法

初心者を含め、打ち起こし動作を観察すると肩が緊張してしまうことがあります。そして、肩の緊張状態は大きく二つに分けられます。

 

 

 

・腕や肩周りの筋肉が固くなってしまっている

 

・肩関節が上がってしまっている

 

打ち起こしでは、「肩関節が強く緊張する」か「肩関節が上がる」二つの失が起こってしまいます。この二つの失敗が起こってしまう原因を考えることで、根本的に射の動作を改善できます。

打ち起こしで腕や肩が緊張してしまう理由

打ち起こしで腕や肩関節が緊張してしまう理由について以下のことが考えられます。

 

・手の内を固く握りしめてしまっている

 

・首が前に出過ぎている

 

・胸が前に出過ぎている

 

・「呼吸」「形」「技」といった弓道の形式や情報を必要以上考えすぎてしまう

手の内は弓を軽く包みこむように握ることを意識する

まず、打ち起こしでは、左拳に力が入りすぎていると、腕や肩が緊張してしまいます。

 

弓構え動作の際に、手の内で強く握ったり、必要以上に手首をひねったりしたとします。すると、左腕の筋肉が必要以上に力んでしまいます。打ち起こし動作の際に、左拳だけ先に上がりすぎてしまい、弓上部が正面からみて右に傾いてしまいます。

 

この状態では、次の大三で、左拳が必要以上に上がり、矢先が上に向きすぎた「鳥打(とりうち)」の射法になってしまいます。もし、鳥打の射法になってしまったら、引き分けから会の動作で左肩が浮き上がってしまう可能性があります。これにより、弓の抵抗力が必要以上に左肩にかかりすぎてしまうため、強く弓が押せなくなります。

 

そのため、解決策として、手の内は軽く握って、必要以上に握らないように意識しましょう。

 

 

必要以上に形や情報にとらわれない

ただ、こうした原因以外にも、打ち起こしで肩が力んでしまう危険があります。それは、胴づくりで頭部や胸の位置がずれているときです。

 

打ち起こしの際に、両腕を上に上げていきます。その際に、気づかない間に頭部や胸の位置が動いてしまうことがあります。もし、腕が上がっている最中に首の位置や胸の位置がずれてしまうと、その影響により肩や腕が緊張してしまうことがあります。

 

例えば、腕を上げるときに、両拳の位置がそろっていないか?矢先が変な方向に向いていないかなど自分の射型を気にすることがあります。そこで、目線を的方向ではなく、自分の拳に移してしまうと、頭部の位置が崩れてしまいます。理由は目線を動かしてしまうと、目の奥にある首の深部筋が同時に動いてしまうからです。さらに、腕を上げる気持ちが必要以上に強くなりすぎると、胴づくりの意識がおろそかになります。すると、いつのまにか顎が浮いてしまっていたり頭部が傾いていたりすることがあります。

 

このようなことは、教本・指導の中で、弓の情報に必要以上にとらわれてしまうと、起こります。例えば、弓道においては、「呼吸の仕方」や呼吸の状態における情報がいくつかあります。あるいは、打ち起こしにおいての、きれいな射型の情報があります。さらには、打ち起こしにおいての肘の位置、高さなど次の大三など様々な情報があります。このようなことにとらわれすぎて、呼吸を意識したり、キレイ射型を当てはめようとします。すると、肝心の

 

胴づくりの意識が薄くなってしまい、頭部・胸部・骨盤の位置がずれる可能性があります。実際に行うとわかりますが、何か頭で考え事をしながら、立ち姿勢の重心位置を同じように維持し続けるのは困難です。1本や2本であれば問題ないかもしれません。ただ、10本以上引き続けると、かなりの確率で関節の位置がずれてしまいます。このような情報にとらわれながら弓を引くと、高い確率で胴づくりが崩れていきます。

 

かといって全く何も考えないのもよくありません。なぜなら、何も考えなければ自分自身の胴づくりが崩れていることを自覚できないからです。

 

このような意味もこめて、打ち起こし以降に余計な情報にとらわれない心を持つことは大切です。

 

さらに、腕を上げる際に、胸部が前に出過ぎてしまう人がいます。これは、打ち起こし動作の際に、脇下から腕の裏側の筋肉が上方向に伸ばされていないことから起こります。これらの筋肉の働かせ方については後に詳しく説明します。胸が出てしまう人は、脇下の筋肉が伸ばされていないからと現段階では理解しておいてください。

 

 

打ち起こしで肩を下げようと意識しすぎると射は失敗に終わる

次に、打ち起こしで行いやすい失敗の中に、「必要以上に肩関節があがってしまうこと」です。

 

この射型は、見た目上半身がとても力んでいるように写ります。そのため、指導や観察する側は必要以上に肩関節があがってしまった場合、指導者は射手に肩を下げさせるよう指導することがあります。あるいは、両肩を触って無理やり上がらないように意識させたりします。

 

ただ、このときに注意しなければいけないことがあります。それは、打ち起こしのような腕が上方向にあがっている状態で肩を下げようとすると、腕と肩関節が強くはまりすぎてしまい、肩関節の柔軟な回転機能が低下してしまうことです。

 

ひどく肩があがっている場合、肩を下げさせるのは一つの方法かもしれません、しかし、少し肩が上がった程度でさらに下げさせようとすると、地球上の重力に加え、肩を下げる力が強くかかりすぎてしまいます。すると、肺が上部から腕関節の重みによって、圧迫されます。これによって、腕を動かす際に関係する筋肉や神経が圧迫され、肩関節が自由に動きにくくなってしまうのです。

 

実際に行うとわかりますが、肩を上げた状態から下げてみてください。すると、肩関節がガチりとはまった感覚があります。この状態のまま安定しているように思いますが、大三、引き分けに入ると、肩関節の緊張が大きくなります。特に胸周りの筋肉や肩甲骨の間の筋肉に張りを感じられると思います。これは、腕を上に上げた状態で下げると、腕関節の重みによって肩甲骨周りの筋肉が張ってしまうからです。すると、拳に力が入り、投げ入れ離れを引き起こしてしまいます。

 

弓を引く動作は、最終的に矢束を最大限に取り、離さなければいけません。その過程で自分から不用意に関節を動かすと、内部の筋肉が力んでしまい、弓の反発力を適切に受ける力が少なくなります。あくまで、身体の仕組みに基づいて、弓を引く動作を考える必要があります。

指導者が必要以上に形を気にしすぎると、弓が引けなくなる

肩が上がってしまうのを指導者が射手に細かく指摘するのもよくありません。ちゃんと理屈があり、必要性があって注意するのであれば問題ありません。しかし、ただ射型が見苦しいからといって指摘だけしてしまうと、余計に射手が弓を引けなくなる可能性があります。

 

その理由として、指導者から「肩があがっている」と言われてしまうと、射手はそのことが頭に残り、気にしてしまうからです。そこで、必要以上に肩があがらないようにと考えて、「打ち起こしを高く上げず、低くする」方がいます。

 

教本では、肘の角度は45度まで上げると記されています。しかし、45度ではなく、40〜30度と、低い打ち起こしを行う人もいます。その中には、打ち起こしで高く上げようとすると肩関節が上がってしまうため、低くしていると言う方もいます。

 

打ち起こしを低くすれば、肩が力み、上がってしまうのを防ぐことができます。しかし、気をつけなければいけないのは、打ち起こしが低くなると、腕の裏側の張りが少なくなることです。腕裏側の筋肉の張りが鈍ると、次の引き分け動作で右肘が肩より後方に回らず、左押手を的方向に押す力が低下します。

 

そのため、指導を受ける場合、このような指摘をされた場合は、きちんと自分で考えを整理して、指導者の耳を傾けるようにしましょう。

なぜ、打ち起こしにおける肘の角度は45度と数値で定められるようになったのか?

なぜ、打ち起こしの高さを具体的な数値として説明されるようになったのでしょう。私自身、歴史学者ではないため、歴史的な背景を元に、解説することはできません。しかし、身体の仕組みを学べば、体に負担なく弓を引くために、打ち起こしの肘の位置が明確であることは説明できます。

 

まず、古くの弓道書籍においては、明確に肘の位置を45度であると説明した文献はほとんどなく、「下筋を張る」や「脇腹を広げて」など、脇下から腕の裏側にかけての筋肉を伸ばすことを説明しています。

 

このように、打ち起こしにおいて、伸ばされた脇下の筋肉は次の引き分け動作において、主動となって活動します。これらの筋肉は弓を押し開く際に、両肩関節が歪むのを防ぐように働き、最大限に矢束を取って、弓を押し開くために必要な筋肉です。

 

つまり、打ち起こしを高くする重要性として、「下筋を伸ばす」ことが一つ挙げられます。下筋を伸ばすためには、弓を上方に上げていく角度や方向が大切になります。

 

この他にも、打ち起こしが低いと拳が遠い位置になってしまい、弓と体の距離が遠くなります。この状態は、大三において、弓を押し開くために力をうまく働かせることができず、弓を重く感じやすくなります。つまり、手首がたぐったり肩が力みやすくなったりします。

 

さらに、上記に述べたように、肘の位置によって、胴づくりの位置も大きく変わります。肘の位置が遠くなりすぎれば、みぞおちより上部の関節が前に屈みやすくなり、屈む胴になります。次に、肘の位置が近くなりすぎると、今度は後ろに反って反る胴になってしまいます。

 

打ち起こしにおける肘の位置が45度と数値化し、わかりやすい基準をもうけた理由として、打ち起こしにおける肘の位置は姿勢に大きく関わるからと推察されます。打ち起こしにおける肘の位置は次の引き分け動作における「腕関節」や動作中の胴づくりの体幹部の関節など、様々な関節に関係しています。これに加え、弓を押し開く際の重要な過程であるため、安易に弓を打ち上げるだけの動作とはいえないことがわかります。

 

ひどく肩関節が上がってしまった場合、手前の段階の弓構えや胴づくりの取り方が良くないことが挙げられます。しかし、このことを無視して上がった肩関節を無理やり下げようとしたり、打ち起こしを低くしようとしたりすると、余計に弓を引く動作や姿勢が崩れていきます。そのため、無駄なことは行わず、弓を引くことに集中するようにしましょう。

打ち起こしは脇下からすくい上げるようにすると楽に上げられる

では、どのようにすれば肩関節に負担がかからず、弓を打ち起こしことができるでしょうか。そこで、ポイントとなるのは「脇の下の筋肉」です。

 

腕を上げるときに、肩関節には力を入れず、「すくい上げる」ようにしましょう。すくいあげるとは、肩関節を下げて、下から上に、外から内側に拳が動くように弓を上げます。すると、腕に無駄な力みなく、楽に弓を上方に持ち上げることができます。そして、肘が自然と高くなり、45度まで楽に上がるようになります。

 

このように、打ち起こし動作を行うためには、胴づくりと弓構えでの姿勢や筋肉の状態が大切です。首の後ろを伸ばし、両肩を落とし上半身の筋肉に無駄な力みのない状態にしてください。次に、取り懸け、手の内で手首を必要以上にひねらず、曲げないようします。

 

そして、脇の下の筋肉からすくいあげるようにします。すると、脇下から、上腕三頭筋にかけて伸ばされる感覚を得ることができます。これによって、引き分け以降で活用される、背中側の筋肉を主動として、打ち起こし動作が行えます。

 

さらに、弓と体の距離が適度に近くなって大三と引き分けがしやすくなります。大三で弓手を動かす動作がしやすくなれば、引き分け動作を円滑に行いやすくなり、楽に弓を押し開くことができます。今より射の実力を向上させたいのであれば、肩ではなく、脇の下で「すくいあげる」ように意識しましょう。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ