足踏みが八節の動作で最も大切である理由とは

教本を開くと、範士の先生が足踏みの重要性について解いています。足踏みには、足を開くという動作の中に、上体をしっかり構える胴づくりや狙い目と関係しています。

 

足踏みの方法を誤ると射形が定まらず、腰肩ともに規矩にはずれ、必竟的中も不安定である。射法は足踏みより離れに至る一貫したものであるから足踏みは会、離れに直結する。的中に対する関係も深い。〜富田範士〜

 

また、足踏みは射を行わんとする第一の基底道であって、丹田より発する一気発動の元となる故、その良否により射の健全化に影響するところ大である。〜安沢範士〜

 

ここでは、足踏みによって、射のどういった部分の要素が決まってくるのかを説明していきます。

 
・足踏みの位置で両肩の位置がほとんど決まってしまう。

足踏みの説明を見ると、両足の先を的にそろえることを説明していますが、これは、ねらい目を正確に保つ理由の他にもう一つあります。

 

それは、両足先をそろえることで両肩の位置が決まりやすくなるからです。

 

射形とは足、腰、両肩、この三つがどれだけズレがないかで射形の質や見た目の良さは決まってきます。これをほとんどの人は三つ頑張ってそろえようと思うかもしれませんが、この三つの部位の中の足の位置をそろえてしまえば、両肩、腰の位置もほぼ決まります。

 

両足の位置が左右対称、力みに差がなく決まると、その上にある胴も同じく左右対称に力みに差がなく保つことができます。そして、その上にある両肩の位置が左右対称で力みなく整います。

 

足が正確に定まれば、腰や両肩の位置も正確に定まるものと考えます。これが、足踏みからずれていると、腰や両肩の位置が崩れる可能性があります。

 

上半身だけで正しい上半身の構えを作ることはできず、上半身の構えの安定は下半身が正しく構えられているかが必要な条件です。

 

ただ、足踏みで両足をそろえているにも関わらず、引き分けで両肩の線がずれることがあります。これは、引き分けで両肩を自分でずらしてしまうと起こります。

 

足踏み、胴づくりは弓を引く前の動作です。ここで人が悩むことは少ないです。しかし、打ち起こし以後の引き分け動作は拳や肘の位置が常に変化しつづけます。そのため、人は拳の動きから肘の位置など自分の思う通りに動かないと不安な気持ちに包まれます。

 

すると、押し方や引き方を変えようと自分で拳や肘を動かそうとします。すると、肝心な胴が崩れてしまい、両肩や腰にズレを生じます。そのため、適切な足踏みを踏んだら、次に弓を押し引き動作で上体が崩れないように注意を払う必要があります。

 

 足裏の隙間で矢が正確に飛ぶかが決まってしまう

もう一つ、足の爪先を合わせることで射の成否を決める要素があります。それは、足裏の接地が水平になることです。

昔の弓術の教えでは足裏を墨がねを打ったようにという少しも隙間がないようにしなさいと説明しています。これは、足の裏に少しも隙間がなくすことで、地面の高低をなくなります。

 

せっかく足踏みを踏んでも足裏の隙間が左右の足で差があると、変に足が力んでしまったりします。またはこの足裏の隙間があることは土台となる上半身が傾きを生み出します。そのため、狙ったところに矢は飛びません。ねらい目は足から関節や骨の位置をしっかり整えることで、正確なねらい目をつけることができます。

 

このように、足踏みは射の内容に関係する要素が多いです。それは胴づくりから、ねらい目など様々な部分に影響します。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ